明るい未来へ弟子として生きる

いつの間にか高齢者になった普通の創価学会員です。数々の功徳を受け、最近、仏法哲学の勉強も始めました。恩返しと後世のために私の体験談、仏法の歴史、哲学などを綴っていきたいと思っています。


テーマ:

201405月にmixiコミュニティに投稿された素晴らしい文書

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=3137679&id=76285276

を数回に分けて紹介します。 尚、一部文書簡略化し、侮蔑的表現等も削除しています。

 

本門戒壇の大御本尊は大聖人滅後に模刻されたという証拠の数々 1

 

大石寺派では、自分たちの唯一のアイデンティティとして戒壇の大御本尊を主張しますし、大聖人の御書の通りに実践していない老衰した自己中心の脱会者が、自分は大御本尊のある方がいいから日顕は悪でも仕方ない、と半泣きで侘びていたりもします。
しかし、貫主であった日顕自身が、戒壇の大御本尊についての真実を示唆する講釈を垂れた事で、いよいよ真実の大聖人の教えが明らかにされる「時」が来たと確信しています。
戒壇の大御本尊という立派な彫刻本尊が、実は大聖人御在世の建立ではないという証拠をたくさん示して、真実の大聖人の仏法について思索する契機としてみましょう。
 尚、それぞれの主張の根拠となる画像ファイルが数多あるのですが、ここでは省略させていただきます。

 

日顕が河辺メモでばらした戒壇の大御本尊偽物説の間違い

宗門でも有名な河辺メモは、かつての学会と宗門との連絡会議の学会側の記録と比較すると殆ど表現が一致していること等の実績から、その正確さについては知る人ぞ知る、という記録文書です。
その河辺メモで暴露された昭和53年2月7日付けの阿部教学部長(当時)と帝国ホテルでの会話の内容は、

「S53・3・7、A面談(注:当時阿部教学部長)・帝国H
一、 戒壇之御本尊之件
戒壇の御本尊のは偽物である。
種々方法の筆跡鑑定の結果解った。(写真判定)
多分は法道院から奉納した日禅授与の本尊の
題目と花押を模写し、その他は時師か有師の
頃の筆だ。
日禅授与の本尊に模写の形跡が残っている。」

というものです。この河辺慈篤(故人)のメモに記載されている内容で重要な点は、「法道院から奉納した日禅授与の本尊の題目と花押を模写し、その他は時師か有師の頃の筆だ。日禅授与の本尊に模写の形跡が残っている」
の個所です。
  阿部の見解は、戒壇の大御本尊とは弘安3年5月9日に顕わされて日禅に授与された本尊を「籠抜き」と称する手法(御本尊に和紙を当てて、題目を書き写し、次にその和紙を木の板に当てて板に刻むという本尊の作成方法)で彫刻したもので、日時師か日有師の頃の筆だというものです。
 最も確実な確認の方法は、毎年の虫払い法要の際に公開される日禅授与本尊について、実際にどの様に籠抜きをした形跡が残っているかを確認すれば良いのでしょうが、宗旨が根本からひっくり返るので、絶対に宗門はそれを認める筈はないし、聞いても頭から無視し否定するしか道がない。邪宗門の言い訳文書を見ると、

 

「日蓮正宗富士大石寺においては、本門戒壇の大御本尊をはじめ全ての御筆本尊について(むろん日禅授与本尊も同様)写真撮影や鑑定調査を許していない。」

と、とにかく頭から否定してかかるしか逃れる道が無いことを自覚している様です。
 しかし、情報化社会の中で、既に多様な情報が共有されているのですから、阿部の主張を基礎に、そうした公開された情報を参考にして、一つずつ事実確認をする事で、戒壇の大御本尊の真実に迫ることとしましょう。また、宗門に対しては、

日禅授与本尊に籠抜きをした形跡が残っているかを確認せよ
戒壇の大御本尊をわずか数mg削って、AMS法で炭素14を分析せよ

 それによって事実を示せないならば、以下の根拠に基づき、戒壇の大御本尊とは大聖人滅後に日禅授与本尊を模刻したものだと断定するぞ!と責め続けましょう!
 学会総体としても、現時点では従来の宗旨を否定していない様ですが、それは大聖人の言葉である
「もし証拠無くんば誰人か信ずべきや、かかる僻事をのみ構え申す間、邪教とは申すなり」
に基づいているからで、上記
によって完璧に証拠を確認出来たら、いよいよ教義体系を根本から正す事になるのでしょう。





にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

サムさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。