いっさん鬼嫁ですが?児童相談所問題を開示していくblog

育児日記です。

四人のママです、平和だった平凡な家族が突然愛する長男を公園から市役所の職員に連れ去られました。

市民団体、こどもの権利被害を考える会の代表を務めています。


テーマ:

小学校に入学して両親は離婚した。

離婚するまでに数ヵ月間、家庭はすでに崩壊していた。

母とこども三人で母の親族を頼りながらの生活だった。


貧しくもあったが、きょうだい仲が良く、それなりに明るく楽しく活発に生活していた。

運動が好きで、男の子顔負けの木登りが得意で、絵を描いたり料理をしたりするのが好きな女の子だった。


父とはいつもキャッチボールをしたり

父の自転車の後ろに乗り一緒に金魚を買いに行くのもいつも自分だけだった


それぐらいしか、父との思い出もなく


父親が居る家庭を知らないままに大人となった



女の子は、大変苦労はしたが

大人になるにつれ


温かい家庭を持つことにいつしか憧れを持つようになった


それなりに異性に愛され異性を愛することも経験した


男しか居ない職場で働いたりもした

男性よりも劣るのが嫌で
男性の言いなりも嫌で


女の癖に。。。


そう言われたくないから、男の人と肩を並べて働いたりもした


20歳の時に大型免許を取得し色んな現場を走ってきた


そんなとき、彼から両親に会ってほしいと頼まれ会ったりもした。


温かい家庭は誰よりも憧れていた
だけれどその人の両親に従兄弟に会ってもその人との家庭を持ったときの将来が想像つかなかった


そして別れを決意し


男社会で肩で風を切りながら奮起するのに疲れてきて


25歳で運送業、建設業から足を洗った


地元に戻り地元のホームセンターで働き出したら


上司としてよくしてくれた男性社員がいた

その人はいつも人の事ばかりであくせく動いて働き者だった

けして格好よくなくけしてセンスがあるわけでもなくけして華やかな生活をしてるわけでもなく


仕事、仕事、仕事の毎日で

人に頼まれたら断れなく
人のためにばかり働き


地味でお人好しでこの人はずーっと独身だなと思っていた


そんな彼から入社して三ヶ月近くなる頃に、映画に誘われた


それまでの自身の稼ぎのサンブンノイチまで減少していたため(給料)


奢ってくれるならいいか。
映画ぐらいならいいか。付き合うわけでもないしと誘いに乗った。


彼にしたらデートの申し込みで承諾は、彼女になることの承諾でもあったらしい


後日その、彼の考えを知り

なんて勘違い野郎だと、舌打ちをしたほどだった












そんな彼と正式に付き合いだし三ヶ月もしないうちに結婚を申し込まれ結婚する


天と地がひっくり返っても付き合うこともないだろうし


結婚なんか。。。



なのにそんな彼との間には四人のこどもがいて


彼だけが私の父の存在を知っても私を見捨てなかった


私と父が血の繋がりがある親子であることは否定はできないけど


私は私。


母と別れて、違う生活をするようになった父は父の人生で


私は私の人生がある



私の全てを受けいれ

いつも私の言いなりで


一日の終わりには必ず手を繋いで一緒に眠る


苦しみも悲しみも喜びもいつも一緒で


お人好しなのは相変わらずだけど


私が笑えば笑い返し


私が悲しめば一緒に悲しむ


私はこどもが一番だと彼を後回しにするけれど


彼は一家の大黒柱なのに、何一つ文句を言わずにいつも私を優先してくれる


私は愛していると言葉に出すけど

けして、彼は愛しているとは語らない


だけれど、いつも目が合うだけで微笑み返してくれるし


どんな状況でも私の意見を尊重してくれる



拈華微笑

ねんげみしょう


釈迦は無言で蓮華の花一枝をかかげ、皆を見た。一同何のことかわからずに戸惑ったが、弟子の一人だけが微笑んだ。それをみた釈迦は、その弟子に仏法の根本を伝えると宣言した。



どれくらい好きか聞かない


聞かないでもいい関係であれることの幸せ

微笑みで愛を語れば

微笑み返され愛されている喜びを知る




あなたといれて幸せ
あなたに幸せでいてほしいから


私は私のありのままに
私でありたい



いつもこどもたちと感謝している


いつもありがとうパパ✨






共に学び共に生きていこう


あなたが、あなたらしくあれるように。。。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。