2007年11月24日 23時30分38秒

フィギュア・グランプリシリーズ第5戦 in ロシア

テーマ:■スポーツ全般

しばらくブログ更新を休んでいましたが、あまりに興奮したので久々に更新します。


今さっきフィギュアスケートのグランプリシリーズ ロシア大会の女子フリーが終わりましたね。

トータルで中野が2位で、グランプリファイナル進出が決定! 村主は5位に入りました。


中野は本当にうまくなりましたね~。

トリプルアクセルをはじめとしたジャンプが安定したのに加えて、ステップや何よりもスピンがすごくきれいになったと思います。

フリーの最後のスピンなんかは本物の鶴か、はたまたフラミンゴかって位美しかった。

フリーの演技は素人目にはほぼノーミスに見えましたが、得点の詳細をJSFのHP で調べてみたところ、2つめのフリップと3つめのルッツが回転不足だったようです。

でもそれでいてロッシェットをかわして2位に入ったのは本当に大きいと思います!

グランプリファイナルの楽しみが一つまた増えました。

おめでとうございます。



そして今回僕が興奮し、また感動してしまったのは、ダントツの得点をたたき出して優勝したキム・ヨナの演技。

フィギュアは人それぞれ観方が違うと思いますが、僕がフィギュアを見る際に一番気にするのは、いかに音楽と同化しているか、です。

もちろんジャンプの高さやスピンの美しさ、ステップの上手さなど個別に観てもすごく魅力があるのですが、すべての要素を音楽ありきで考えた時、それらを音楽と一つになって表現できる選手は、僕が今までフィギュアを観てきた中では調子の良いときのスルツカヤだけです。(そこまでフィギュア暦は深くもありませんが)

ポイントポイントで音楽に合わせた振り付けをしている選手はたくさんいますが、本当に音楽と一つになれている、と感じる選手は本当に少ないです。

今日観たキム・ヨナはまさしくその音楽と同化した演技でした。

もちろんジャンプ、スピン、ステップ等々の要素をこなすわけですが、感覚的にはまず音楽があってそこから作り上げられていく、という様な印象を受けました。

個人的に勝敗とは別の次元で本当に楽しみな選手です。



次は最後のNHK杯ですね!

残りの2枠を安藤、マイアー、コストナーと、ロシアで3位のロシェットが争う形になります。

頑張れ安藤!


AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)
2006年02月24日 00時51分17秒

トリノ五輪 女子フィギュア・ショートプログラムを見終えて、

テーマ:■スポーツ全般

トリノ五輪の女子ショートプログラム終わりましたね~。

事前に日程をチェックし、「よし、日本時間の午前2時開始か。 なんとか仮眠取らなくても大丈夫かな。」なんて思ってしまったのが運の尽き。

実際に始まったのは3時半とかで、日本選手の登場は5時台、6時台ToT

結局寝る時間がなかった自分です。。。


しかし競技の方はそんな眠気を吹っ飛ばしてくれるような内容でした。

日本人選手+個人的に好きなスルツカヤの感想を。

文章をまとめるのが苦手なので、長文なのはご勘弁を。


まず14番滑走で、安藤美姫が登場。

目立ったミスは出足のコンビネーションで手を付いたのと、フェンスにぶつかったところ。

ここ数回の彼女の演技でも感じていた事ですが、全体的にスピードがなかったなぁ、って印象です。

衣装がちょっと重たく感じるようなデザインだったので余計にそう感じたのかも。

でも悲観するような内容では全然ないと思います。

フリー頑張って欲しいですね!

そういえばフェンスにぶつかりそうになってた選手が結構いたけど、造りが違うのかなぁ、なんて思ったり。


そして18番目でスルツカヤの登場です。

う~ん、彼女はどんな選曲をしようが、常に音楽と演技が一体化してるって感じですね。

そしてなにより完成度がものすごく高い。

ホントほれぼれしますわToT

テンポの速い曲に、スカートではなくパンツ姿ってのも、動きがシャープに見えてより演技の質を高めていました。

勝負とは別に、フリーの彼女の演技を楽しんでみたいです。


21番滑走では荒川の登場です。

荒川の演技が、言葉で言い表すのは難しいくらい、素晴らしかったです。

これはあくまでも個人的な印象なのですが、これまでみた荒川の演技の中で一番攻めてた感じがします。

攻めてた、という表現はふさわしくないかもしれませんが、なんというか、一つ一つの動きのすべてをなにか体全体で精一杯表現しようとしていたように感じました。

観ている側の目に体全体で訴えかけてくるような演技でしたね。

素直に感動してしまいました。

もう1本、待ってます。


27番で村主ですね。

感情の入った演技でミスもなく、すごく良かったですね~。

昨年の暮れの全日本選手権あたりから、演技に彼女の情熱のようなものがすごく出ているって印象を受けています。

これまでも表現力は高かったのですが、そこからさらに熟したというか、高みにのぼった感じでしょうか。

フリーでも、彼女の真髄を見せて欲しいですね。



う~ん、フリーが楽しみでしょうがないです。

まずスルツカヤは言うまでもなく演技の質、完成度ともに文句なし。

荒川、村主も昨年暮れの全日本、そしてトリノのSPを見る限り、完成度は申し分ない。

そしてこれまで何かしらミスをして栄冠を逃してきたコーエンも、全米選手権で圧倒的な差で優勝し、SPも完璧だった。

となれば非常に、非常に、非常に濃いフリーの戦いになりそうですね。


ただ個人的には勝負とは別に、最高級の演技を楽しめたらとも思います。

フィギュアはやはり魅せるスポーツですから、その醍醐味を最高の舞台で存分に味わいたいですね。

寝たら起きれなくなる心配があるので、寝ずにわくわくしながら夜を明かそうと思います(笑)

こんな大会を観に行ける人がうらやましくてしょうがないToT

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2004年12月28日 17時48分24秒

・田臥、再び独立リーグへ

テーマ:■スポーツ全般
サンズを解雇され、次の所属先が気になっていた田臥勇太ですが、昨季プレーしていた独立リーグABA(アメリカンバスケットボール協会)のジャムと契約しました。

NBAでないのが非常に残念。
今のところ、獲得に動く球団はないということでしょうね。
ただまだ今季中にNBAに戻れる可能性は残っているので、ジャムで活躍するしかないですね。
また1/5から“10日間契約”なるものがあり、お呼びがかかればその期間中NBAでプレーでき、絶好のアピールの場になるようです。
日本人としては今季中にまた田臥がNBAのコートに立つところが見たいですし、彼にしてみてもここから成長するにはそれが必要だと思います。
月並な言葉ですが、本当に頑張って欲しいですね。



田臥が再び契約したジャムの正式名は、ロングビーチ・ジャム・アルビレックスと言います。
アスビレックス・・・どこかで聞いた名前じゃありませんか?
そう、アルビレックスと言えばサッカーでもバスケでも新潟ですよね。
何か繋がりがあるのかと言えば、あります。
実は、日本のプロバスケットボールチーム、新潟アルビレックスのGM河内敏光氏がオーナーの一人を務めているのが、ジャムなんだそうです。
日本バスケが生き残っていく上では、日本人NBAプレーヤーの輩出によるバスケ人気向上が重要だと考え、ジャムに出資したんだとか。
経営、人気、実力ともにリーグトップクラスだそうで、田臥というNBAプレーヤーも輩出したんですから、すごいですよね。

それとしけたろうさんのブログ『のほほん野球日記』の記事で知ったのですが、NBA目指して独立リーグでプレーしている選手は田臥の他にも4人いるそうです。(詳しくはしけたろうさんのブログをご覧になって見てください!)
そしてその一人、専修大学の中川和之はそのジャムでプレーしています。
しかもポジションが田臥と同じポイントガードで、入団間もないものの活躍しているようです。
ニュースでは日本人コンビとは書いてありましたが、同じポジションですから蹴落とさなければならない相手です。
同じポジションでも2人のプレースタイルは全く違うようで、こういう所は面白いですよね。
NBAを目指し、互いに切磋琢磨して行って欲しいものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004年12月26日 18時55分08秒

・全日本選手権 -フィギュアスケート-

テーマ:■スポーツ全般
フィギュアスケートの全日本選手権女子シングルは、安藤美姫選手が大会2連覇を達成しました。
2位には14歳の浅田真央選手、3位には村主選手が入りました。


優勝候補筆頭だった荒川選手は、SPですばらしい演技で首位に立ちましたが、心配されていた足の痛みがやはり原因でフリーを棄権。
SPの際には一度も笑顔を見せることはなかったので、相当痛みがあったのでしょうね。
出場の決まった世界選手権までにじっくり直してもらい、万全の調子で臨んで欲しいです。(一般的にフィギュアの選手が新しい靴に慣れるまでは、どれくらいかかるんでしょうね?)

そんな荒川選手のフリー不在の中、優勝したのは去年の覇者安藤選手です。
去年、この大会で決めた4回転は出しませんでしたが、すべての面において去年より上回っていた演技だったんではないでしょうか。
足の痛みと今シーズンここまで戦ってきた疲労とで、本調子ではなかったそうですが、それでも十分1年間の成長を見ることのできた演技でした。

しかし、他のどの選手よりも驚かされたのが、2位に入った14歳の浅田真央選手の演技です。
いきなり成功させたトリプルアクセルもそうですが、足にバネでも入っているんじゃないか、と思わせるようなジャンプ。
この選手が跳ぶとジャンプが妙に簡単に見えてきます(笑)
ジャンプだけかといえば全くそうではなく、スケーティング技術も表現力も見事なもの。
さすがはあの山田満知子コーチに“天才”と言わすだけのことはありますね。
安藤選手が大人っぽさを出したいと言っていたのとは対照的に、“若さ”を最大限に生かしたような演技内容で、見ていて楽しかったです。

荒川選手や村主選手のような深みのある演技もあれば、浅田選手のこのような演技もあり、それが高いレベルで共存している。
こういった演技の幅広さもフィギュアスケートの面白さの一つなのでしょうね。
いろいろ発見があって、個人的にはなかなか面白かった大会でした。
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。