1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2004年12月31日 00時01分56秒

・カーブの起源

テーマ:□野球
現在、プロに限らず野球の投手は様々な変化球を投げます。
カーブ、スライダー、フォーク、シュート、シンカー、・・・。
もっと細かに分類していけば、いくらでも出てくるでしょうね。

そんな中で、変化球の祖であるのがカーブです。
今でも一番ポピュラーであり、一番親しみのある変化球はやはりカーブではないでしょうか。
今回は、そのカーブの起源について触れてみたいと思います。

カーブの起源を語るには、140年程時を遡らなければなりません。
野球の歴史上で、初めてカーブを投げた人物と言うのは、数説あります。
が、その中で一番有力だと言われるのが、アメリカ・マサチューセッツ州出身のウィリアム・キャンディ・カミングズです。

1860年代後半に、彼は海辺で何気なくハマグリの一片を投げて遊んでいました。
そこで偶然その貝殻が不規則な弧を空中に描くことに気づき、そこから着想を得たんだとか。
まあここら辺の話は今聞いても釈然としませんが(笑)

そして実践したのが今から約140年前の1867年、彼の所属するエクセルシアーズとハーバード大学との試合でのこと。
相手の4番打者はなかなかのパワーヒッターだったらしく、それを恐れたカミングズはカーブを投げ込みます。
すると相手打者は振りに行きますが、なんとボールとバットが30センチ(本人談)も離れてい空振りをしたとのこと。
次も同じ球を投げますが、やはり面白いようにバットがクルクル回る。
それで彼は成功を確信したそうです。

そして1871年に始まった初のプロ野球リーグでもそのカーブは猛威を振るい、最初の4年間で124勝をあげました。
その後は振るわなかったのですが、カーブを広めた功績が認められ、1939年に殿堂入りを果たしています。
ちなみに彼はどれくらいカーブを多投したのか分かりませんが、よく手首を脱臼したそうです(笑)
手首を脱臼って・・・、相当捻りまくっていたのでしょうかね。

しかしカーブの起源が130年以上も前だというのは少し驚きです。
変化球の歴史はここから始まったんですね。

ちなみに日本でもカーブは意外に古く、1880年に平岡煕という選手が投げたそうですが、違法だのごまかしだのクレームがかなりきたようです(苦笑)
まあ初めてみる変化球なので、無理もないのかもしれませんが。
初見ではまさしく“魔球”だったんでしょう。



ところで、現在メジャーで最高のカーブを投げるのはオークランドのバリー・ジトと言われています。
日本では誰でしょうか・・・難しいですね(笑)
僕が現役を見た選手の中では元中日の今中慎二、元オリックス・阪神の星野伸之あたりですかね。
誰かカーブのすごい選手いますかね~?
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2004年12月30日 08時30分10秒

・プロ野球データサイトの実現は?

テーマ:□NPB
昨日あたりから、MLBの公式サイトでは今年一年を振り返る企画が行われています。
そこで改めて驚かされるのが、提供してくれる情報量の多さです。

写真・音声・動画の量がとにかく多くて、今季のメジャーの出来事は大抵補完できます。
例えばランディ・ジョンソンの完全試合なんかは、27のアウトすべてが動画で見ることが出来ますし、イチローの新記録樹立もヒットを打つシーンだけでなく、その後数分間の球場の盛り上がりも実況付でしっかり見ることが出来ます。
今季を振り返るのに量・質共に申し分ありません。

MLBのサイトは野球のデータにしても圧倒的な量です。
各選手の表向きの記録だけでなく、普段試合を観ているだけではなかなか見えてこないようなデータもものすごく豊富です。
例えば野手だったら左右投手別、ホーム・アウェイ別、デー・ナイトゲーム別、天然・人工芝別、のそれぞれの成績なんかはすぐに出てきます。
さらにもっと細かな、塁上の走者の位置別の成績、アウトカウント別の成績、球場別の打球方向、なども出てきます。

しかもアメリカではこれくらいのデータ量を公開しているサイトはMLB公式サイトだけではなく、他にもかなりあります。(僕が使っているサイトだけでも他に4、5はあります。)
これだけのデータを、ファンなら誰もが手に入れることができるので、野球の楽しみ方も広がるでしょうね。


一方、日本ではどうでしょうか?
残念ながら日本プロ野球の公式サイトにはこういったデータはありません。
正確に言えば、あることはあるのですが、表面的なデータしかないんです。
かといって他のサイトを見てみても、それ以上のデータを得ることが出来るサイトは今のところない。
もっと詳しいデータを見たいファンはいくらでもいると思うし、そういったデータがあれば楽しみ方ももっともっと広がると思います。
需要は絶対にありますよ。

そんな中、現在プロ野球にはIT企業が参入してきています。
ここのブログでも書かれていますが、データサイト実現の可能性があるとしたらそこでしょう。
おそらくプロ野球のデータを持っている会社自体はあるんじゃないかと思われます。
なので技術さえあればデータサイトは作ることができるんじゃないかと。

ただ正直、その技術的な実現性については知識の乏しい自分にはなんとも言えません。
かなり細かいデータを載せるとなると、相当の技術が必要なようなので。
『Web Site Expert』という雑誌の創刊号にMLB公式サイトのノウハウを取材した記事が載っているそうなので、一度参考に読んでみようと思っています。

それでも僕はファンが楽しめる要素を含んだデータサイトの実現は、より魅力的なプロ野球を考えていく上で意味のあることなんじゃないかと思います。
そのためにも、新規参入IT企業さんには一肌脱いでもらいたいですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2004年12月28日 17時48分24秒

・田臥、再び独立リーグへ

テーマ:■スポーツ全般
サンズを解雇され、次の所属先が気になっていた田臥勇太ですが、昨季プレーしていた独立リーグABA(アメリカンバスケットボール協会)のジャムと契約しました。

NBAでないのが非常に残念。
今のところ、獲得に動く球団はないということでしょうね。
ただまだ今季中にNBAに戻れる可能性は残っているので、ジャムで活躍するしかないですね。
また1/5から“10日間契約”なるものがあり、お呼びがかかればその期間中NBAでプレーでき、絶好のアピールの場になるようです。
日本人としては今季中にまた田臥がNBAのコートに立つところが見たいですし、彼にしてみてもここから成長するにはそれが必要だと思います。
月並な言葉ですが、本当に頑張って欲しいですね。



田臥が再び契約したジャムの正式名は、ロングビーチ・ジャム・アルビレックスと言います。
アスビレックス・・・どこかで聞いた名前じゃありませんか?
そう、アルビレックスと言えばサッカーでもバスケでも新潟ですよね。
何か繋がりがあるのかと言えば、あります。
実は、日本のプロバスケットボールチーム、新潟アルビレックスのGM河内敏光氏がオーナーの一人を務めているのが、ジャムなんだそうです。
日本バスケが生き残っていく上では、日本人NBAプレーヤーの輩出によるバスケ人気向上が重要だと考え、ジャムに出資したんだとか。
経営、人気、実力ともにリーグトップクラスだそうで、田臥というNBAプレーヤーも輩出したんですから、すごいですよね。

それとしけたろうさんのブログ『のほほん野球日記』の記事で知ったのですが、NBA目指して独立リーグでプレーしている選手は田臥の他にも4人いるそうです。(詳しくはしけたろうさんのブログをご覧になって見てください!)
そしてその一人、専修大学の中川和之はそのジャムでプレーしています。
しかもポジションが田臥と同じポイントガードで、入団間もないものの活躍しているようです。
ニュースでは日本人コンビとは書いてありましたが、同じポジションですから蹴落とさなければならない相手です。
同じポジションでも2人のプレースタイルは全く違うようで、こういう所は面白いですよね。
NBAを目指し、互いに切磋琢磨して行って欲しいものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004年12月28日 07時48分40秒

・がんばれ大久保!

テーマ:□サッカー
Jリーグのセレッソ大阪から、リーガ・エスパニョーラのマジョルカへ移籍した大久保嘉人
今回はその大久保について、自分の思っている事を気ままに書いていこうと思います。
(ちょっとその前に、マジョルカってどこにあるんだろう?
という疑問から、地図で調べてみました。
←イベリア半島でなくて、地中海に浮かぶ島だったんですね。
年中温暖なリゾート地だそうで気候は問題なさそうです。)

大久保といえば、よく叩かれる選手ですよね。
去年の東アジア選手権の韓国戦で、ゴール付近でのシミュレーションで2枚目のイエローを貰って前半早々に退場し、非難轟々。
また代表合宿中(だったと思う)に門限を破って夜の街へ繰り出していた事が発覚し、代表メンバーから外された事も。
一部の人の間では“夜のストライカー”と呼ばれたとか呼ばれてないとか(笑)
ピッチの内外で何かと問題は多いですよね。
でも何だかんだいいながらも、個人的には大久保は好きなプレーヤーの一人です。

代表でノーゴールという成績が結構取り上げられてはいますが、僕は実際大久保は勝負強い選手だと思っています。
去年の天皇杯準決勝の延長戦でのもの凄いVゴール、五輪の最終予選でアテネ行きを決定付けたゴール、アテネ五輪での劣勢の中でのゴール、セレッソ大阪の降格の危機を救うゴール・・・。
彼は逆境の中でこれだけの結果を残してきているんですよね。
潜在的な力はまだまだ秘めていると思います。

ただ一方で、逆境に対しては燃えるけれど、全体的に見れば気持ちにムラがあるとも思われます。
実際何でもない試合のときには、全然目立たなかったりする事があったりします。
いくら勝負強くても、普段からコンスタントに結果が出ていなけれかれば、その勝負の場には立てませんよね。

ただこのままJリーグを続けていたら、そういうところは変わらないまま過ぎていってしまう様な気がしていました。
ベンチにいる時の姿勢一つとってみてもそうです。
時々試合中にベンチの大久保を映すときがありますが、チームメイトと笑いながらしゃべっている事がほとんどです、チームの優勢劣勢関係なく。
あまり必死さは感じられないんですよね。
というかその必要が大してない状況だということかもしれません。

そんな中でのマジョルカへの移籍。
この移籍は大久保自身にとっても日本代表にとっても間違いなくプラスだと思います。
向こうでは1人で生活していくことから困難な状況に置かれるわけですから。
それにレギュラーは保障されているわけでもないので、必死にやらなきゃプレーすら出来ないわけです。
毎日が逆境という状況ですから、精神的なムラはなくなっていくでしょう。
それにスペインのサッカーはしっかり中盤を経由して短いパスを多用するきれいなサッカー、というイメージが(僕の中では)強いので、FWが成長する場としては願ってもない環境じゃないかと思っています。

早ければ、1/9のデポルティーボ戦でのデビューということになりますか。
チームに馴染むには早すぎるかもしれませんが、チーム状態が悪いそうですからね。
そしてその2週間後には、あのレアル・マドリードとの対戦が!
たとえベンチから試合を見ることとなっても、見て得るものはかなり多いと思います。
もうベンチで試合そっちのけで談笑している大久保は見ることはできないでしょうね。

慢性的なFWの決定力不足に悩む日本代表ですが、僕はスペインで成長した大久保がその問題を打破してくれる事を期待しています。
がんばれ大久保!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。