2009-05-23 22:17:26

ゆとり

テーマ:さすらいなすび
もう5月が終わろうとしている・・・


新人の研修医と看護婦さんにも修羅場の季節がやってきた。
歓迎モードだった4月とは違い、
一人前の責任と仕事量が問われてくる。


と思っていた。
しかし、最近は事情が全然違うようだ。



新人の看護婦さんに異常にやさしい・・・(^-^;


まるで腫れ物に触るように。
むしろスタッフは新参者のオレにやたら強くあたってくる。
あれ?オレってこれでも一応医者4年目なんですが?



そして、新人看護婦さんに注意して、少しでも強く言うと、
婦長にオレが怒られる・・・_| ̄|○



     なんでじゃ!?
ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!




これには新人に辞められたら困る事情があるらしい。
(これは最近はどこの病院でも同じらしいが・・・)


せっかく確保した新人看護婦さんがすぐに辞めてしまうのは
どこでも問題になっているらしく、
辞められてしまうと、病院がかなりの赤字を背負うらしい。


だから、新人に仏のように優しく接するわけだ。
いつもむかうはずの新人への罵声がオレに飛んでくるわけだ。


くう、おかしいでしょ。
ゆとり過ぎるでしょ。
そんなんで一流の看護婦さんになるの?
研修医はどこまで下っぱなんや。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-05-17 22:53:23

多忙な日々

テーマ:さすらいなすび

今週がやっと終わり、また来週が1時間で始まろうとしている。
うれしいのやら、悲しいのやら。


今週は宅直が4回、救急当番が1回、他病院当直が1回。


この救急当番というのがクセモノで、
今のとこ、週1回でTotalで2回入ったが、両方とも徹夜になった。
月2回限定で、もう今月分終わったからよいけど。


次の日も日常業務が待っているというMADレース。
もうね、たまらんよ。


医師サイドから見たら、みんな同じ思いをしているのにへばっているへたれ医師。
看護師サイドから見たら、病棟になかなか顔を出さず、指示の遅い医者。


そりゃね、鉄人のような体力をもっていて、賢くて、性格もしっかりしていて、
自分と真逆のような人間やったら、平気やし、いいだろうよ。


もう倒れない限り、SOSサインは出せないのかね。参った。
今日も宅直中で寝れないので、こうやって悶々とブログを書いている。


患者さんの家族背景をみていると複雑な気持ちになるね。


奥さんやら旦那さんやら息子さんがしっかりサポートする人。
それに反し、キーパーソンになる人すらもおらず、周りから避けられている人。


ほんと不平等だよね。そりゃ、その人の人生が作り上げた結果なのかもしれないけど。
オレもマジな病気になったら、今のところ誰も助けてくれる人はいないやろうけどさ。


でも、親が早く死んだ人、病気になって介護している人はそんなときどうやってるんだ。
たくさんもがき苦しんで、一生懸命がんばってきたのに、その仕打ちはないんじゃないの。
ドラマみたいに救世主はでてこないだろうに。


このまま、使われるだけ使われて、倒れたら、はいさようならだよ。
なんとかしなきゃ。


倒れてもかまってくれるのはほんの数ヶ月。あとは過去の汚点扱い。
倒れたほうが負けなんだ。倒れる前に何かアクションをしないとただの負け犬。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-05-11 21:20:53

ささいな楽しみ

テーマ:さすらいなすび
楽しく仕事!
なんてサークル的なことは考えるのは嫌いだが、
それでも仕事にささいな楽しみがあると、仕事中の精神的な余裕はだいぶ違う。


まあ、それは人それぞれであり、

今日は職員食堂でちゃんとしたごはんが食べれたとか、
エレベーターの待ちが今日は短かったとか、
新患が今日はなかったとか、

ささいなことは探そうと思えば、いくらでもあるもんだ。


なすびの場合、男であるので、
それぞれの病棟に看護婦さんであれ、なんであれ、
かわいいとか、話してて楽しいとか、なんでもいいから気に入った女の子をみつけるとだいぶ楽になる。


それは口には出さないが、ほんとにささいな幸せ。
でも、いい人が働いていれば、それだけその日はラッキーということになる。
とてもとても単純なことなのだ。


病棟にいったときに、その人がいたらラッキー。
自分の受け持ちの人の担当がその人やったらラッキー。


要は見るだけでとても心が癒される。
あるいはいろいろやかましく言われようが、話すのが楽しい人やったら、いやしの時間に変わる。
それは女の子特有のオーラなんやろうなぁ・・・


ま、そういう人がいないところは戦場。
プライベートまで関わらないが、いるいないは大きな違い。


看護婦さんもみてれば、イケメンの初期研修医には怒ることなく、
ニコニコと報告してるし、逆もしかりなんでしょな。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-05-09 07:49:54

男の器量

テーマ:さすらいなすび
読書が大好きで、
特にジャンルでは「生き方本」が大学のときから好きでよく買っては読む。


コンビニにしょっちゅう入れ替わり立ち替わり売ってある分野だし、
自分自身も生き方って全然分からないもんやから、
ヒント代わりに食い入るように読む(□。□-) フムフム



でも、生き方本のスタンダードなやつは最近飽きてきた(・_ゞ) ゴシゴシ…


だって、書いてあることがきれいごと過ぎて、
ちっとも実行する気にならない。


前向きに生きようとかね。
そんなね・・・できたら苦労はしないし。
みんな前向きやったら、恐いでしょうよ(この時点で合っていない)。


病気になったときは精神科患者さん向けの本をたくさん読んだ。
これはこれでとても勉強になった。

読んでて、気が重たくなってくるけど、
でも作者の人は本気で書いているわけで、
コンビニに売ってあるような「・・・とかしたら?」みたいなノリではない。



本でも刺激的なものを求めるなすびには、
「里中 李生」って人の本がとても面白い。
よくコンビニとか駅のキヨスクとかの本コーナーに置いてあります。


この人ははっきりいって、クレイジーです。


鬼畜です。
でも、近寄りがたいアブノーマルさではなく、
ちょっといろいろ話をしてみたいアブノーマルさ。


オレは結構共感している。
オレもクレイジーだから、おかしな人間同士おもろいのかも。


今読んでるのは、「男の器量は女でわかる」って本だが。


なかにはそう思える人間がおるんや~~って、
文章があって。


少年の頃から、人と同じことをするのが大嫌いだった私は、
もちろん恋愛においても冴えない男たちとは一緒では耐えられない。

私はおかしい、おかしいと言われれば、言われるほど喜びに震える。
俺は人と違うんだな、と胸を張れる。

日本という器量の狭い国に生まれたおかげで、
里中 李生という男が突出することができてうれしい。
私は他の国に生まれていたら、普通の男だったかもしれない。



いやぁ、ここまで言ってしまいますかぁ!?
って感じで、俺もこういう生き方に切り替えないといかんなぁと思うわ。

人と理解しあえる気がしないもんね。
オレの頭がおかしいから、オレが間違っていると思っていたけど、
これはまさにその逆だわ。
人と違うことがうれしいって思えるとだいぶ人生が楽になるかも。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-05-06 15:01:35

ゴールデンウィーク

テーマ:さすらいなすび

やっとゴールデンウィークが終わる。


特に予定もたてず、連夜の当直が終わる。
そして、スタッフが充実している平日が帰って来る。
なんともうれしいことではないか。


でも、休みって予定もたてずむかえると寂しかったりして。
仕事しているほうが調子いいんじゃねぇかと思ったりする。


仕事もプライベートはしっかりわけていこう!
が当初の仕事再開のスローガンであったが、
やはり絶対無理だ・・・_| ̄|○


家にいても、病棟の患者さんの電話はかかってくるし、
この仕事をしている限り、仕事もプライベートは表裏一体だ。


まあでも、
スタッフには苦情とか文句ばっかり言われるが、
患者さんにはありがとうと言われるし、
この仕事も悪くない商売ではないかと思う。


この不況の中でも、ある程度の收入は確保できるしね。




今日はゴールデンウィークのクライマックスの救急当番。
救急は正直苦手なので、とっても緊張している。
ある程度自分でこなせるようになるとスリルがあって楽しいんだろうけど・・・



過去は今という一瞬一瞬の積み重ねの歴史であり、
未来は今という一瞬一瞬が重なってできるものだと思う。
要するに今という一瞬が充実していなければ、過去も未来も充実しない。



今の自分の荒れ狂った気持ちとか、どうしようもない気持ちも、
なんで生きていかないといけなんいんだ!と思うくらい苦しくて、
誰にも共感できないものではあるけど、
切り捨てるものではなくて、受け入れないと自分としては生きていけないな。
少なくとも他人には期待してもいけないし、期待すればするほど悪循環。


自分を愛してくれている人は現世にはおふくろただ一人なのであり、
親父とかおじいちゃんとかおばあちゃんとかはみんな天国にいる。
ほんとに天国があったらよいね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。