禁煙するカモ?日記 改め 禁煙してるカモ?日記

思い切ってタバコやめてみた。

さて、その先にはどんな日々が・・・?!


テーマ:
父と色々話し合った。これからのこと、うちのこと、私の仕事のこと…。私が話を切り出すまでじっと待っててくれてありがとう、お父さん。弱い自分を隠すために喧嘩腰になったりもして、意固地な娘でほんとにごめんね。家族みんなが幸せでいられるように、そのためにも私はどうしたいのか、よくよく思い浮かべてみるね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「彼女っていつも自然体よね」などという場合、この「自然体」って言葉は「ほめ言葉」ですよね。「そーよねー、すてきよねぇ~」なんて相槌打ちながら、なんとなくわかった気になってしまうんだけど、ほんとにわかってるのかな?


「自然体」で辞書を引いてみると


①(柔道で)自然に立った姿勢。

②気負いなどがなく、物事に自然な状態で対処すること。


とあります。でもさ、「気負わず自然な状態」なだけだったら、別に「ほめ言葉」でもなんでもないような気がします。その「自然の状態」が傍から見て「すてきだ」と皆が認めるから「自然体=ほめ言葉」なわけですね。


だから「私は自然体をめざします」って言った時点で、もうその人は自然体じゃないわけです(笑)。「どうしたら自然体になれますか?」なんて質問をした時点で、ダッシュで自然体から遠ざかってしまうわけですよね。(^-^;


だけど「ちょっと待って」・・・と、私の脳の隅っこにいるコビトさんが信号発しています。「みんなが認める自然体」って何かちょっとヘンじゃない?


なんで急にこんなこと思いついたかというと、自然体がほめ言葉になるってことは逆を返せば、「気負わずに自然でいる」ことが今の世の中ではそんなに難しいことなのか?って疑問に思ったから。


というわけで、ちょっと「自然体」が気になるこのごろなので、また何か思いついたら書いてみます。


ググったら運動機能としての「自然体」について考察を重ねたブログを発見。なかなか興味深いです。

「自然体の研究」


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日リフォームに出した服は、日曜日にあがってきます。どんな風に仕上がってくるのか楽しみ。長くなっちゃうけど、洋服と私の不思議なめぐり合わせのお話です。ご興味ある方は、どうぞ。


***


私がその服に惹かれたのは、普通にファッション誌とか見ていて、すてきだなーと思ったのがきっかけ。ちょっとくらい背伸びしてもいいから、生地にこだわり仕立ても丁寧で上質な服を着たかった。「いいものはいい」だなんて、うかれた時代背景にも扇動されてたのかもしれないけど。そのブランドの服はちょっとクラシカルで、マニッシュだったりフォークロアだったりのディテールもすてきで、個性的な服も多かった。バリバリの個性派服は着ていく場がなかったから、店員さん(マヌカンとか言ってたよね、昔。爆)に、なるべくベーシックなものをとお願いして、私に向いてそうな服は取り置きしてもらうくらい通いました。そして、その服の“いいところ”を教えてもらいました。このジャケットは染めがいいのよ、とか、この刺繍は職人さんの手仕事なのよ、とか。サイズのお直しもほとんどなくて、「えいやぁ!」って気負わずにそのままスルリと着れてしまったものだから、ずいぶん重宝しました。


ところが、ブランドブームも下火になると、あれってどうしてなのかな・・・と思うんですけど、別に服が嫌いになったわけじゃないんだけど、やっぱり別のものにも興味が移っていったり。でも、いちばん大きかったのは、私の仕事が在宅メインになったこと。毎日の通勤がなくなると洋服への執着は二の次三の次になって、少しずつ遠ざかってしまいました。


そして、母が病気で倒れ、在宅仕事にも転機が訪れました。一緒に住んでいる親がもう助からない、という状況で毎日病院に行って看病をしながら、在宅仕事を続けることが、精神的にとてもきつくなってしまった。母の命が目の前でもう消えようとしているのに・・・私は何でこんなことしてるんだろうって。そんな態度はプロとしては失格だったのかもしれません。でも、どうしても自分の心と折り合いがつかなくて・・・。このときから、自分が本当に心の底から「いい」と思えることを伝えたり表現したい、って強く思うようになりました。


そんな私がバタバタしている間に、そのブランドもバタバタしてたようで。いつの間にか別の会社の子会社になっちゃっていたのでした。こないだアウトレット店で一目見て「えー?なにこれ?」って思ったのは、はっきり言いますが、あまりの質の低下にガックリきちゃったんです。某大型店を意識したのか1000円均一のカットソー。でも大型店は、緻密なシステムぐるみで価格を抑えているわけですからすべて計算され尽くしているのに、こちらはどうしても中途半端な安売り路線が見え見えで。それがいちばん胸に応えました。私が好きだったものが、こんなにズタズタになっちゃってる・・・悲しい気持ちで店を出ました。


でも・・・人のことをとやかく言えるんでしょうか?自分自身はどうなんでしょう・・・「生活のために」はじめた通いのお仕事・・・前にも書いたけど、ひとつのものづくりの流れからは外れてないけど、在宅でやっている仕事とは部署が違います。これだって、充分中途半端な立場です。なかなか自分の行きたい場所にたどりつけないばかりか、私自身もそのブランドと同じ道たどってないか?シビアな現実をもっと肝に銘じなければなりません。


反面、通いのお仕事に出会えて私は救われたこともたくさんあります。求められる具体的なスキルは違うとはいえ、私が至らないところはビシビシ鍛えなおされてるし、本来自分が目指していた世界にやっと少し近づけた・・・そんな場でもあります。


職場のすぐ近くには、そのブランドの創設者の出身校があるんです。このことを知ったときには、本当に驚きました。単なる偶然?私には、長年タンスに眠っていたそのブランドの服が「もう一度母校に戻って原点にかえりたい」と、私も一緒に導いてくれたような気がしてならないのです。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ダイエットのおかげで、ウエスト周りが緩くなってしまったパンツを少し詰めてもらえないかとずっと思っていて、洋服リフォームのお店に問い合わせてみました。


相談したところ、洋服のデザイン上、料金が5000円くらいかかってしまうとのこと。買った値段を考慮すると、残念ながら5000円を出すまでのことはないと判断。お店の方から「ご自分でベルト通しをつけてベルトで調整してみたらどうでしょうか」とありがたいお言葉をいただき、私も納得しました。


で、次に迷っているのは、私がもうずいぶん前によく着ていたスーツをリフォームに出すかどうか。


昔から気に入っていたブランドもので、最近あまりそのブランドのものは買ってなかったんだけど、現在どうなってるんだろう・・・と調べてみたら、数年前に全く違う会社の子会社になっていたのでした。実は数日前に、新しくできたアウトレット店でそのブランドの服を見たとき「えーー?何これ?」とガッカリしたことがきっかけで。ブランドのロゴこそは残っているものの、今や全く違う会社です。どおりで昔の面影がなかったわけね・・・。


もう二度と手に入らない服。古着ではあるけど、今でも私は気に入っていて、そのスーツは当時有名だったデザイナーさんのもの。できれば、「デザイナーのコンセプト」どおりの形で着たい・・・とは思うのだけど、鏡で何度も見ても、「2008年の今着るとヘン!」と断言できる・・・分厚い肩パッドがどうしてもムリ(笑)。そこで、


1 今はもうダメになっちゃった会社なんだから、感傷に浸らないで思い切って捨てる。

2 デザイナーのコンセプトは踏みにじることになるかもしれないけど、現在に合わせてリフォームして着る。

3 やっぱり、そのままの形で着る。着る勇気がないなら「思い出」としてタンスに静かにしまっておく。


選択肢は3つ。皆さんならどうしますか?・・・まぁ急ぐ話じゃないんで、ちょっと考えます。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

改善策を打ち出さねば、ですな・・・。夕べの続きでお仕事のことっす。

たぶん私の同業の方々もそれぞれ、形にする前段階は、それなりに水底でゆらゆらする時間は必要なんじゃないかと思われます。


まぁ私の場合は、母の看病のときにパニクったとかもあったもんなぁ・・・その件は「もう過去にしなさい」と言われてだいぶヘーキにはなってきてたけど・・・ここで、もう完全にそのことは手放しちゃおう!まず、それが第一歩。


パキっと集中しているときなら、そんなに時間かからなくても簡単にできちゃったりするんだからいかに集中できるか・・・だよね。今日だって明け方まで仕事してて、あまりまともに寝てないまま通いの仕事で、もうヨレヨレでした。最大限がんばっても、いつもの6割くらいしか力出せてなかったかも・・・。私のヨレヨレ・・・きっと隣の席のチーフも気づいてたんじゃないかな・・・って、ちょっと恐ろしかったり。何も言わないけど、定時になったらさっと「今日はここまで」って帰してくれたから。ヨレヨレでやると危険なお仕事でもあるし、殺気立って仕事するより、落ち着いてリラックスして集中しているほうが断然効率があがる。それだと苦しくもないんだよね。


在宅仕事でも同じことが言えるはず。今度からは、自分を追い込まない、追い詰めないの方向で仕事してみよう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログを書いたりしてるときは何でもないのに、お仕事でパソコンに向かうと途端に、ドシっと胸が圧迫されるような重圧感に包まれて心臓どきどきして時間だけがジリジリ流れて・・・あっという間に数時間経ってて、頭の中真っ白なまま焦燥感の真ん中にぽつんと取り残されてしまう。ゲームのループの中で悶々としてる。やっぱりここから脱出できない?「自分が怠慢だからだ」とか、自分を渦に追い込んで責めることで逃げようとする。


あのね、怠慢だからじゃなくて、「自分がどうしたいのかわかってない」からそうなってしまうのよ。


もうさ、「いい子」ぶらなくても、「ワル」ぶらなくてもいいんだってば。誰になんと言われようと自分の人生。自分が進みたい道をまっすぐ歩いていけばいいんだって。


あともう少し。大丈夫。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
寝る前に「明日」のことを考えてみる。

明日の予定とか、
明日の天気とか、
明日着る服とか、
明日食べたいものとか、



なんでもいいから、ちょっとだけ前に進む準備をしてから眠れば、翌朝寒くても元気よく起き上がれそう…かも?!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

年賀状の画像どうしようと、ずっと練ってるんだけど・・・。

うむー。時間が・・・ああ、明日から通いの仕事だし。

ずっとこうやって机の前で“何かが生まれる”までの時間が

孤独すぎて苦しくて苦しくて仕事も何度も投げ出そうとしてきたけど、

でもでも、やっぱり私、こうやってあれこれ考えてるのが幸せなんだー!!

ってやっとわかった。自信なくして足すくんで、亀みたいに手足引っ込めて

じっとガマンしていればこの辛さも素通りしてくれるんじゃないかなんて甘いことして

人様に迷惑までかけたりしてダメダメになっちゃって。

もういいじゃん、向いてないんだよ、今までと全然違うお仕事見つけて

新しい人生歩むのも悪くないかもよ?って

この1年間で決着つけようとしてきたんだけど、

今ここでの路線変更はやっぱり私にとって逃げでしかない。

だってまだ本当の意味では、当たって砕けてみてもいないじゃん、って。

自分投げちゃいけない。



――アイディアはいくつかあって、

このまま明朝まで突っ走って形にしてしまいたいけど・・・

明日の仕事を考えると、やっぱり寝なきゃ。

勢いだけじゃなくて、時間の制約を上手にやりくりできなきゃね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年いちばんよかったことは、ずーっと念願だったダイエットが実現できて、自分の体に関心が持てたこと。そりゃもう痩せたからといってエビちゃんになれるわけじゃないし(笑)、他と比較するのではなく、年齢なりの等身大な自分自身を受け入れられるようになって、気持ちに余裕が持てるようになりました。自分自身を労わってあげることの大切さも知りました。


だからといって、何もかもが自分の思い通りにいっているのかといえば、決して100%ではないのもわかってます。苦手だからで放り出したままのこともいっぱいあるし。たとえば1年という限られた時間の中で本当に私がやらなければならなかったこと、実現したかったことにはまだ届いていないのも現実・・・。今、ここで「うーん」と唸っている時間はゆっくり過ぎているようだけど、実はものすごいスピードで世間は回っていることも頭の隅ではいつも気になっていて。でも悲観するのではなく、そのスピードに流されずに、外は外、私は私と区切って考えることができるようになったのも、ちょっと進歩かな。“できない”といじけるよりも、まずはごくごく少しだけ前に進んだ自分をほめてあげたいって思うのです。


そうして次のステップで、巷のスピードに自分の行きたい方向をうまく乗せてあげて、少しずつなじませていければいいのかな・・・なんて思うこのごろです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

長いトンネルの向こうからヒトスジの光が差し込んできたような心模様。なにが自分に足りなかったのか、どんな自分でありたいのか、そのためにはドコに向かっていけばいいのか、少しずつ輪郭が見えてきたような・・・。皆に感謝です。


筋トレ的には、今月のテーマは「前筋を鍛えろ」だし。つくづくカラダとココロはつながっているんだなー、「Body&Soul」だよなーって思います。


って、またわけわからんことを・・・すまんです。とにかく、今月も通うぞ。がんば。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。