埼玉からの使者!

テーマ:
埼玉からの使者I君、到着!
photo:01

昨夜出発で寝てないだろうにさわやかだね。

「HIBIKIカフェ」も太鼓集団「響(ひびき)」の活動もなんとか軌道にのってるようだし、毎月1ドリンク付き¥800で浦和商業定時制ドキュメンタリー映画「月あかりの下で」をカフェで上映会もしているそうだ。

10月に大阪で「響」も出演するコンサートがあり、今日はそのことで大阪に来たそうな。ということは…

その時タイアップして、上映会と「響」公演を実現させるのが合理的やないかいな。

昨年の「綴喜の教育と文化を考える会」(なんと固く長い名前!)の講演会は、小児科医の近藤氏で不登校を始めとする子育ての悩みをお持ちの親御さんがたくさん来られたことからすればやな…

不登校やいじめられ経験者が大半の定時制高校生が少しずつ自分は捨てたもんじゃないと希望を見つけていくドキュメンタリー映画はぜひ観て欲しいがな。

もちろん、挫折もあるし、ハッピイエンドじゃないわさ。でも希望を見つけた人間はなんとかしていくだろうなって思える映画。

10月を目標に上映会、公演会実現できるように一肌脱がねば女じゃないね。
そういえばこの頃、男らしいと言われるようになった…


photo:02


色々おみやげもらいました。
photo:03

大阪向けて出発。どっかでお風呂にでも入ってサッパリしなはれや!気をつけてね。

【本日の Good job✨】

昨日と反対。ランチでごった返したけど、お茶のお客様が4時からパッタリ止まる。

photo:04

田んぼに水が入りだし、田植え間近。

明日から6月。カフェの近くの小川でホタルを見れる日ももうすぐ。

暑い一日でした。
AD
朝から1時半まで、お客様はなんと2人!
一人でこなす日だったんで、ま、いいかと思っていたら、日曜日なみにそこからドンドンお客様がいらっしゃるではありませんか!



photo:01

宇治槇島時代の教え子家族も久々にお目見え。
「いつ来ても忙しいなあ。」なんて言われるけど、さっきまでえらい暇やったんやって!

photo:02

男山3中で担任じゃなかったけど来てくれたIくん。夜勤明けで疲れてるだろうにありがとね。

3時から、はっちゃんが夜の部パーティの準備に来てくれた時は、なんと大入り状態という珍しい状態でした。

夜は、綴喜の教職員組合のセンセ方の新転任歓迎会。

若い子たちが元気なのは明るくてええね。ノンアルコールビールで盛り上がるのも時代だわ。
しかも新任の女の子は教え子だったし、転任の子でバスケの練習試合でよく交流した子もいたし、つながりは面白い。

kinco-yaコーヒーチケットが当たる○×クイズまで用意してくれてありがたいったら。

9時半にお開き。若い女の子たちは、ケーキを買って帰ってくれました。
しっかり学習して、素敵なセンセになるんやで。

後片付けしてカフェを出たのは11時前でおました。心地よい疲れに応援してくれるかのようなどぎつい花が咲いてます。
photo:03

photo:04



一日で咲き終わるから、どぎついのかもなあ。パッと咲いてサッとしぼむ潔いこと。ダラダラすんなよ!と戒められてるような気がしますわ。


【本日の Good job✨】

明日の朝、あの埼玉の「Hibikiカフェ」メンバーの一人が大阪に仕事で行くので、その前にkinco-yaに寄ると連絡あり。

photo:05

一番左の男性。嬉しい知らせやないですか。

♪これから始まるあなたの物語 ♪
「花子とアン」のテーマ曲がついつい出てしまうわ。
AD
10時から午後3時まで、大住中2年生の女子2人がやって来ました。職場体験授業なんです。
photo:01


いわゆるとってもいい子ちゃんでした。
適当なお客様の数で接客もモジモジせず「いらっしゃいませ!」「何になさいますか?」「ありがとうございました」とはっきり発言できる賢い2人。

バスケ部のセンターHちゃん。春の大会では練習試合では負けたことなしの男山中に1回戦負けやったと悔しがる。
合唱部Nちゃん。「風にあたること」なんて好きなことに挙げている、成績はオール5だという。
2人ともカウンターのお客様からの質問にもよどみなくハキハキ答える力があるのでした。
photo:02



あっという間に時間は過ぎて、学年主任の半ちゃんセンセがお迎えに。
photo:03


photo:04


たった5時間の体験で何かをつかめたなんて言えないだろうけど、元気でやるんだよ。
ご苦労様でした!

2人が摘んだジューンベリーが可愛らしく置かれていました。
photo:05




【本日の Good job✨】

ビッグマウスで終わることなく、本田はピッチの中でも外でも必死な男らしい。

スポーツ部記者が書いている。

〈イタリアACミランでは出場機会に恵まれなかった。だが、6月14日初戦のW杯に向け

「サプライズを起こせると思う。」
と、強気の言葉。
彼の言葉だからこそ、期待したい。〉

本田はへこたれないのである。



AD