図書館で雑誌『ポパイ』を見てると、

インタビュー記事が目に留まる本

「是枝裕和」 映画監督。

"誰も知らない""ワンダフル ワールド"などが作品。

京都シネマで予告を観た時、よっしゃビックリマーク観たいビックリマークと思った映画だった。

きんこのブログ-11-05-31_003.jpg
きんこのブログ-11-05-31_002.jpg
記事から、

対談した谷川俊太郎さんが、
「人と違うものを自分の中から生み出そうとすると行き詰まってしまうんですよ。」と言われた。

『奇跡』という映画では主演のまえだ.まえだ兄弟のポジティブなエネルギー、みずみずしさを生かすことに心を砕いた。

それでいいと思う。

そこに自分らしさは付着するから。

本来仕事とは、そういうものだと思います。
-中略-

若いうちは、自分の個性を出すことにこだわるより、世界に自分を開いた方が成熟するんじゃないかな。
-後略-
-完-

是枝氏、49歳。私も含めて若くはないが、自分を開くって、どんな年になろうと大事だよね!!

6月の11日から封切りの
『奇跡』は観ます。あまり期待し過ぎるとがっかりするから、適当に楽しみにしてね♪

本日の Good jobキラキラ

土地契約を鎌倉行きの前日9日か、帰ってからの
14日かに決まる。

T氏の友人の司法書士ライオンさんに頼まないと晴れ
AD
しつこいようだが、
『高瀬 まん子』の一覧表です。
きんこのブログ-11-05-30_004.jpg
これが奈良県知事公舎横の
きんこのブログ-11-05-28_006.jpg
引き戸には見事な絵、
きんこのブログ-11-05-28_007.jpg
大峰山にしか咲かないとかいう"大山蓮華"が活けてあるようなところの受け付けにある。雨晴れ

今日は、ラストでお師匠さんのそれぞれの批評。

私は、バイトがあったので自分の批評をK君に聞いといてもらうことを頼んで少し先に出た。

お昼は、お師匠さんに"なんばんうどん"をご馳走になる。

弟子のH君(宝塚で描いてる。40前?位)という人物と気が合う。

趣味の世界の人々とK君やH君とは全く流れている空気が違うビックリマーク

真剣さというか、飢餓感というか…


虹不動産に、少しハッパをかけたら思っていた値段になったので、あの土地を買うと決める!!

『一休寺』の近くというのも決め手ビックリマーク

実は土地の事は言ってないが、『一休』についてどう思うか、お師匠さんに聞いたら、珍しく感動的に"超えてるお人だ。書をみればわかるビックリマーク"
と、力強く主張したのだ。

少しだけ、決心にはずみがついたのは事実クローバー

決まれば早いぞ。店舗つき住宅、二分の一づつ。

考えます。


本日の Good jobキラキラ


きんこのブログ-11-05-30_001.jpg
きんこのブログ-11-05-30_002.jpg

早い梅雨入り、やっと雨が上がった。

AD
きんこのブログ-11-05-29_001.jpg
きんこのブログ-11-05-28_010.jpg
このような環境の中で、
"岸野忠孝門下水墨画展"は開催されている。

横の東大寺、二月堂、三月堂に続く小路には、
きんこのブログ-11-05-28_012.jpg

こんな感じでイケメン人力車が通る!

そこで、渡された作品一覧表雨

なんと、私の名前が…

『高瀬 まん子』

だったビックリマーク

私が大笑いをしたもんだから、"吉野教室"の一覧表作成した男性が、必死にこう言い訳した。

「送られてきた作者名が手書きやってたから、"き"か"ま"か判らなかった。ので、

"きん子"はないやろと思って "まん子"にしたんです。」

えーっ!?

どっちかなら、逆やろ!!

それで、私はめでたく

『高瀬 まん子』 になったのでしたビックリマーク

作者には、怒ってない事面白いので直さなくていい事、間違っても、"お"をつけないでね、と念を押して帰った。

そして、今日午後、会場に行くと

"ま"をボールペンで2本線で引き、その横に"き"と書き添えてありました。

余計目立っていました。


本日の Good jobキラキラ

友人M子の新車ミニで奈良行きとなる。

お師匠さんを送る事になったが、ミニをいたく気にいって褒めることしきり。

べんちゃら言わない人だから嬉しいビックリマーク
AD