金八先生、終わる

テーマ:
27日、金八先生が終わった。途中、チラチラ観てみたが、どうしてもちゃんと見終わる事ができなかった。

実は、シリーズもまともに観た事がない。

"15歳の母"と"性同一性障害"の話はビデオで観て保健の授業で使った。

観たいのに観てみる事ができなかった。

非行、暴力、いじめ、学級崩壊、親等の話は特に観る気もしなかった。

なんでかな? 嫌いじゃないのに。

リアルさは、多分学園ドラマの中ではピカイチなのに、あまりにクラスの子どもたちが素直なからかな。

"金八みたいなセンセいいひんの?"

"金八クラスの生徒みたいな子おらへんの?"

何度これを繰り返したか、懐かしい。

金八さんも定年やなあ。
自慢ケ゛になるが、現役時代、金八みたい!!とか、ごくせんみたい!!とか、GTOみたい!!とかいわれたもんやで、えへへへ。

あかん、今日は、のぼるさんの井手町街頭演説に教え子がたくさんいる私がついていったのだ、だから、いろんな懐かしい顔に出会ってセンチになりすぎやわ。

しかし、選挙活動は苦手なというか、好きやないわ、やっぱり。
AD

春、格差?差別?意志?

テーマ:
バイトに行こうと玄関ドアを開けると、若いお母さんふうの女性が立っていた。

「あの~、ちょっとお聞きしてよろしいですか?」とグッとすがりつくように寄って来た。

なに!? と思ってると、
「そこの売り地を買いたいと思っているのですが…」

この地域が住みやすいかどうかの意見を長年住んでる人に聞きたい、ということらしい。30年住んでると言うと、えらく喜んで、ますます聞いてくる。

要は、
今住んでるのは、欽明台でこの近くだが、八幡市である事、京田辺市に住みたいのだ。

理由は学校。

桃園小、大住中と通わせたいのだ。男山東中は、なんとかかんとか…

私は、どう説明しようかと珍しく混乱した。
学校は、人それぞれの価値観で見方が変わるよってな事を言ったけど。

我が子たちは、3人とも大住中学校時代の話は、全くしたがらず、私の教え子や、学年、学級の子等が電話やメールやご飯食べたりするのを不思議がっている。(この話はしなかったが。)

私はこの地に住んでご近所付き合いも、生活の便利さも特に嫌な思いはない。

その話に喜んだ女性は、だんなを説得して是非この地に来たいと言ってましたが…

私は、どんな説明をした事になるんだろうか、差別的な考えを助長したのかも!?

八幡市と京田辺市の違いが噂だけじゃないのを認識した春の日。

AD
2週間ぶりの水墨画教室に、娘に車で送迎してもらう。東京にいる間、開催された展覧会出展作品を持ち帰るため。
きんこのブログ-11-03-28_005.jpg
きんこのブログ-11-03-28_004.jpg

これが私のベスト3点。ゴボウの絵が出展作品。

絵の裏打ち、額、すべて水墨画仲間の若者がやってくれて、ありがとね。

教室が終わって、迎えにきた娘の車でお師匠さんをついでに送る事になる。すると、「お昼をカレー食べに行きましょう。奈良ですが。美味しいとこあるから。東大寺の前の道を高畑…」

ミリアム だった。美女と野獣ばりの夫婦がやってる。フランスの嫁に音楽家のだんな。
壁に"9条の会"ポスターがはってある。
カレー、干し葡萄、ヨーグルト、コーヒー付き1000円。カレーは大人味、甘味一切なし。
きんこのブログ-11-03-28_001.jpg
ちょっと甘味がほしかった…

ビールを辞めた、酒を辞めたと言うお師匠さん。
脚が悪くなるわ、目が薄いベールがかかったように見えるらしい。

原因は酒。
どこにおるか、どっちに行こうとしてるかわからなくなる事に、さすがのお師匠さんも"死ぬとき"は、狂気じみてるのは嫌だと思ったと言う。

でも、いつ破るか自信ないので誰にも言ってないんだと。すでに、あやしい決意かもな。

でも、ごちになりました。おもろいお昼になりました。
AD