国内最高峰のサイクルロードレースリーグ「Jプロツアー」2017年シリーズがついに開幕しました。

第1戦として3月18日に行われたJBCF 宇都宮クリテリウムでは、雨乞竜己が2位でフィニッシュ。

優勝こそ逃しましたが、チームとして国内公式戦でも幸先の良いスタートを切ることができました。

 

その詳細を数々の写真と合わせてレポートいたします。

以下内容は、チーム配信のメディアリリースからの抜粋となります。

 

---

 

Jプロツアー開幕戦 宇都宮クリテリウム

スプリントに挑んだ雨乞竜己が2位フィニッシュ

18th March 2017

 

●JBCF 宇都宮クリテリウム

予選 3km×5周回

決勝 3km×20周回

 

●KINAN Cycling Team出場選手

山本元喜

椿大志

阿曽圭佑

中西健児

野中竜馬

雨乞竜己

中島康晴

 

国内最高峰のサイクルロードレースリーグ「Jプロツアー」の2017年シリーズが開幕。

第1戦として3月18日に行われたJBCF 宇都宮クリテリウムに臨んだKINAN Cycling Teamは、スプリンターの雨乞竜己を2位に送り込んだ。

狙っていた優勝にはあと一歩届かなかったが、チームは国内公式戦でも幸先の良いスタートを切っている。

 

2位でフィニッシュした雨乞竜己

 

このレースと、翌日のJBCF 宇都宮ロードレースに向けて、KINAN Cycling Teamは日本人選手7人でエントリー。

メンバーは、山本元喜、椿大志、阿曽圭佑、中西健児、野中竜馬、雨乞竜己、中島康晴の面々。

 

チームプレゼンテーションに登壇した選手たち。7人全員で決勝を戦う

 

4回目を迎えた今大会。栃木県宇都宮市の清原工業団地内に設けられた1周3.0kmの周回コースでレースが行われた。

5周回による予選レースを2組実施し、それぞれ上位50人が決勝へと進出。

予選を通過した全100選手による決勝レースは、20周回で争われた。

 

KINAN Cycling Teamは前夜のミーティングで、雨乞をエーススプリンターに据えることを確認。

また、勝負がかかる最後の1周ではスプリントトレインを形成し、最終コーナーからフィニッシュまでの約200mで雨乞を絶好のポジションへと引き上げることを狙うこととなった。

一方で、昨年のこの大会では先行した選手がそのまま逃げ切ったケースもあり、展開によっては逃げ狙いの選手たちにKINAN勢も対応する必要性があると判断。

その場合は、野中を前方へと送り、状況次第でそのまま勝負する態勢へと切り替えることも念頭に置いた。

 

MINOURA社製トレーナー「FG220」でウォーミングアップ

 

まず、午前中に行われた予選は全選手危なげなく通過。体力を温存しつつ、決勝へと駒を進めた。

 

野中竜馬、雨乞竜己、中西健児の順に隊列を組む

 

作戦の変更などはなく、当初の予定通りに臨むこととなった決勝は、中島が終始プロトンの前方に位置。

他チームのアタックにしっかりと反応し、力のある選手たちの先行を許さないよう努める。

チャンスと見るや、山本や中島がアタックを試みる。

数人がわずかにリードする場面こそあったが、いずれも積極的に逃げを狙う格好とは言えず、やがて集団へと戻る流れが繰り返された。

中盤に入ってもその形勢は崩れず、一団のままレースが進行。

そうした動きの中で、中島が10周回目完了時に設けられた周回賞にトライ。

最終コーナーを抜けてからのアタックが決まり、1位で通過。

周回賞獲得に成功した。

 

2周回目前半、アタックを試みた中西健児

 

コーナーを攻める中島康晴

 

後半に入っても各チームの思惑が交錯し、アタックと逃げの繰り返しが続く。

KINAN勢は、中島や山本が前方に位置取りつつ、椿や阿曽が雨乞を集団の好位置へと引き上げ、野中も発射台としての役割に切り替えて最終局面に備える。

終盤は多くのチームがスプリント狙いへとシフトし、集団内での主導権争いが激しさを増した。

 

アシストとして貢献した阿曽圭佑

 

集団前方に位置する山本元喜

 

椿大志は終盤、スプリントトレインの牽引で力強さを見せた

 

そして迎えた最終周回。

集団前方に有力チームが入り乱れ、KINAN勢も思ったようにスプリントトレインを組むまでに至らない。

周回前半に椿が集団先頭での牽引を開始。

これに中島、野中、雨乞と続く。

しかし、直線区間で進路をふさがれてしまい、隊列が崩れてしまう。

しかし、そうした状況下で本領を発揮したのが雨乞。

自ら打開して他チームのトレインの背後を確保。最終コーナーを抜けて好ポジションからスプリントを開始した。

 

スプリントをする雨乞竜己。好位置から加速した

 

開幕戦の勝利を賭けた戦いは、雨乞が先頭を追いかけたものの惜しくも届かず。

終始レースをコントロールし、最終局面もスプリントトレインが機能したマトリックス・パワータグが完勝。

吉田隼人選手が優勝し、雨乞は2位だった。

 

2位の雨乞竜己ら上位3選手の表彰

 

優勝こそ逃したものの、チームとしては日本人選手だけで臨んだレースにおいて、エースを表彰台に送り出した戦いぶりに大きな収穫があった。

改めてチーム力の高さを示したと同時に、日本人選手のみでのレース構築にも自信を深める結果となった。

スプリントトレインにも改良の余地は多く残されており、今後のレースではより精度が高まることだろう。

 

中島康晴(右)と椿大志がレースを振り返る

 

翌19日は初開催となるJBCF 宇都宮ロードレースが、鶴カントリー倶楽部周辺特設コースで行われる。

10kmのパレード走行ののち、6.4kmの周回コースを11周。

計80.4kmで争われる。KINAN Cycling Teamは、クリテリウムと同じ7選手が出走する。

 

2月に出場したツール・ド・フィリピン、2・3月と連勝したKINAN AACA CUP、そして今回と、チームは波に乗っている。この勢いのまま、宇都宮ロードレースでも初代王者を狙っていく。

 

周回賞の表彰を受ける中島康晴

 

 

JBCF 宇都宮クリテリウム(3.0km×20周回)結果

1 吉田隼人(マトリックスパワータグ) 1時間19分41秒

2 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) +0秒

3 住吉宏太(愛三工業レーシングチーム)

4 水谷翔(シマノレーシング)

5 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)

6 渡邊翔太郎(愛三工業レーシングチーム)

25 中島康晴(KINAN Cycling Team) +3秒

33 野中竜馬(KINAN Cycling Team) +4秒

57 阿曽圭佑(KINAN Cycling Team) +14秒

83 中西健児(KINAN Cycling Team) +2分26秒

84 山本元喜(KINAN Cycling Team) +2分26秒

85 椿大志(KINAN Cycling Team) +2分26秒

 

 

●雨乞竜己選手コメント

 

最終局面はトレインが上手く組めず、スプリントに向けて自分でポジションを確保した。

トレインがなくてもポジショニングできる点が僕の持ち味でもあるので、それを発揮することができた。

 

ただ、1人で動いた分、脚を使ってしまってスプリントのかかりは思うようにいかなかった。

最後はマトリックス・パワータグとのスプリント経験の差が出たと思う。

個人的にマークしていた吉田(隼人)さんに負けたので、次からのよい目標になる。

 

レース中は、逃げが決まらないようにみんながアタックする選手のチェックに動いてくれたりして、スプリントに持ち込むことができた。

トレインは練習していたようにはいかなかったけれど、みんなのおかげで出せた結果だと思っている。

 

コーナーを通過する雨乞竜己

 

【Gallery】

 

 

スポンサーブース訪問 YONEXさま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レース前後、レース中とあらゆる場面に必携のアスリチューン

 

 

レース後、YONEXのみなさまと記念撮影

 

 

 

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
 
メディアリリースのダウンロード

20170318Utsunomiya_Criterium_.pdf

AD