4月22,23日に行われた、JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会。

先にレポートしましたDay-1に続き、Day-2の詳報もお届けします。

KINAN Cycling Teamは前日の中島康晴の優勝を受け、どのように戦ったかを報告します。

 

 

---

 

●第51回 JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会 Day-2(Jプロツアー第4戦)

132km(6×22周回)

 

●KINAN Cycling Team出場選手

山本元喜
椿大志
阿曽圭佑
中西健児
野中竜馬
雨乞竜己

中島康晴

 

前日のDay-1に続き、4月23日にDay-2が開催されたJBCF東日本ロードクラシック。

2日目のレース距離は6kmサーキットを22周・132km。

Jプロツアーに今年から設定された最高ランク「AAAA」に指定されるレースだ。

 

朝方は一時小雪が舞うほど冷え込んだ群馬CSCだが、Jプロツアーのレースがスタートする正午頃までには雲は減って青空が広がった。

しかしDay-1同様に強めの冷たい風が吹き続ける中でのレースとなった。

 

スタート直後、山本元喜と野中竜馬を含む6人の逃げ集団が形成される。

メイン集団に20秒の差をつけて先行するも、3周目までに吸収。その後はアタック合戦が続き、7周目に椿大志と入部正太朗選手(シマノレーシング)の2人が抜け出す。

メイン集団はKINAN Cycling Teamが集団前方に集まって2人の逃げを容認させたことから、差は一気に2分まで開く。

 

9周目、野中と阿曽圭佑を含む8人の追走集団が形成される。13周目には追走集団が逃げ集団に追いつき、新たに9人の逃げ集団が形成される。

KINAN Cycling Teamからは、野中、阿曽、椿の3人が入り、メイン集団に2分前後の差をつけて周回を重ねる。

 

18周目に入ると、ルビーレッドジャージを着る吉田隼人選手を擁するマトリックスパワータグが集団コントロールを開始。

2分以上あった差を一気に詰め、20周目までに逃げを全て吸収する。

 

残り2周となる21周目に入った直後、ホセ・ビセンテ選手(マトリックスパワータグ)が単独でアタック。

この動きにKINAN Cycling Teamは反応できずに見送ってしまう。

結局ビセンテ選手はそのままゴールまで逃げ切って優勝。

マトリックスパワータグは土井雪広選手が2位に続き、1-2フィニッシュを達成した。

 

KINAN Cycling Teamはメイン集団で3位をかけたスプリントに中島康晴と雨乞竜己が挑んだが、集団内に埋もれたままゴール。

中島が14位、雨乞が17位に終わった。

 

 

JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会 Day-2 結果

1 ホセ・ビセンテ(スペイン、マトリックスパワータグ) 3時間23分39秒

2 土井雪広(マトリックスパワータグ) +9秒

3 大前翔(東京ヴェントス) +31秒

 

14 中島康晴(KINAN Cycling Team) +35秒

17 雨乞竜己(KINAN Cycling Team)

41 野中竜馬(KINAN Cycling Team) +2分49秒

56 阿曽圭佑(KINAN Cycling Team) +3分57秒

DNF 山本元喜(KINAN Cycling Team)

DNF 椿大志(KINAN Cycling Team)

DNF 中西健児(KINAN Cycling Team)

 

 

●選手コメント

 

・野中竜馬

「逃げに乗れたので、そのまま逃げきるつもりでした。椿と(阿曽)圭佑に多めにローテーションに加わってもらって、自分は休むようにしていました。でも最後は自分1人になってしまって、シマノレーシングは3人残していたので、アタックの掛け合いになった時はなんとか対応できましたが厳しかったです。吸収された後は中島さんと雨乞に託したのですが、マトリックスに力負けしてしまいました。昨日のようにチームをアピールして勝てるようなレースをまたできるようにしないといけませんね」

 

 

・椿大志

「今日は僕、元喜、野中さんで厳しい展開に持ち込んで、誰でも勝負できるようにする予定でした。最初にシマノレーシングの入部選手と2人の逃げが決まった時は、もうちょっと人数が欲しいと思っていました。その後追走が合流して、野中さんと阿曽が入ってきたので、キナンとしては理想的な展開になったと思いました。でも他のチームとの足並みが揃わず、集団との差も逃げきるには微妙な差だったので、自分がペースを上げることに徹しました。その後集団のペースアップは予想以上に早くて、振り出しに戻されてしまったのは痛かったです。

 

次はツアー・オブ・ジャパン、ツール・ド・熊野と重要なレースが続きますが、メンバーに選ばれたら全力でがんばります」

 

 

 

【Gallery】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回チーム活動

4月25日 いなべ市ウィーラースクール

 

 

Report, Photos: Satoru KATO

Edit: Syunsuke FUKUMITSU

AD