きなこのブログ

大失業時代が到来しています。大失業の恐ろしさを歴史から学ばなければならない。『大失業は戦争への道につながっている』

日本を明るい未来へ…


テーマ:

 

[Twitter他]安倍首相は近代憲法が大嫌い / 9条は「平和に役立つ」初の8割 / メイドインジャパンの日本国憲法草案
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=127834
 
冒頭の動画はとても面白く、よくまとまっています。
 
時間も短いので、ぜひご覧ください。
 
赤旗によると、若い世代で9条改憲反対が増えているとのことです。
 
もしも戦争、徴兵になれば、真っ先に若い世代が戦場に行かなければならないわけなので、この事は当然だと思えます。
 
ところが、最近の多分に工作された言論空間では、常識が全く通じない異常な人々の挑発的な言動がまかり通って来ました。
 
なので、今回の世論調査の結果は正直ほっとしています。
 
リテラの記事によると、4月30日にNHKスペシャルで、日本国憲法の制定過程を、資料を元に解き明かす内容が放送されたようです。
 
結果、
 
“歴史的事実は、憲法がアメリカからの「押し付け」などではなく、当時の日本人たちによる多大な労力と議論によって築き上げられた ”
 
ことが明白だとしています。
 
時事ブログでは、日本国憲法、あるいは憲法9条について何度か取り上げましたが、

2013年6月6日の記事では、
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=47716
 
「日本人が作った日本国憲法」を紹介しました。
http://hirookay.blog.fc2.com/blog-entry-59.html
 
大変優れたわかりやすい文章なので、ぜひご覧ください。
 
最後に紹介した動画「日本国憲法の草案はメイドインジャパン」の掲載者のコメントでは、GHQ草案の元になった「憲法研究会」の草案が存在し、この中で、“主権在民や平和主義、表現の自由、男女平等などをうたっていた”とあります。
 
ところが、この草案を起草した有識者たちは、いずれも戦時中は治安維持法で逮捕収監、または職場から追放されたとあります。
 
現在、安倍政権が共謀罪を強行採決する寸前の状況であることをよく考えてみる必要があるでしょう。
 
6月に選挙があるというという噂もあります。
 
この噂が本当であれば、我々に最後のチャンスが与えられたことになります。

 

 

小畑幸三郎  ‎@batayanF3 
https://twitter.com/batayanF3/status/859016565437587457?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fshanti-phula.net%2Fja%2Fsocial%2Fblog%2F%3Fp%3D127834
安倍首相は近代憲法が大嫌い
安倍首相に立憲主義について質問したところ
驚愕の答えが返ってきました
とにかく縛りたい。
日本で最も危険な緊縛師。
動画
https://www.youtube.com/watch?v=1xKQw-3cLDo&feature=youtu.be
2017年May1日 21:08

 

 

Tad‏ @CybershotTad · 5月1日 
何がすごいって、一国の首相なのに憲法を全然理解していないことが分かるこの発言。
 pic.twitter.com/wt4wsXjZ3t
 

 

きょう憲法施行70年

9条は「平和に役立つ」初の8割
 
日本国憲法が1947年5月3日に施行されてから、今日で70年です。
 
(中略) 
 
安倍晋三首相が、憲法9条を本丸に「在任中の改憲」へ執念を示すもと、報道各社の憲法に関する世論調査で、9条をはじめ日本国憲法が国民の生活と意識に深く定着していることが浮かび上がっています。
 
(中略) 
 
NHKの調査で、9条改定では57%が反対と答え、年代別でも18歳から29歳の若い世代で、男性で66%、女性で62%が反対となり、若い世代で9条改憲反対が増えています。
 
同調査で「憲法9条は日本の平和と安全に役立っているか」との問いに、「役立っている」が初めて8割を超えました。
 
(以下略) 

 

 

9条の条文は日本人がつくっていた! NHKが“日本国憲法はGHQの押し付け”を真っ向否定する検証番組
引用元) リテラ 17/5/2 
http://lite-ra.com/2017/05/post-3127.html

(前略) 
 
4月30日放送のNHKスペシャル『憲法70年 “平和国家”はこうして生まれた』がいま、静かな話題を呼んでいる。
 
(中略) 
 
安倍首相をはじめとする改憲タカ派は、9条も含めて“日本国憲法はGHQから強要された”なる「押し付け憲法論」を振りかざし、強引に改憲を主張してきた。
 
しかし、NHKがつぶさに紹介した制定過程の歴史的事実は、憲法がアメリカからの「押し付け」などではなく、当時の日本人たちによる多大なる労力と議論によって築き上げられたものであることを明白にしている。
 
(中略) 
 
そもそも、憲法9条に限ってみても、もともとの発案者は幣原喜重郎、あるいはマッカーサーと幣原の“合作”というのが主流の捉え方であり、単に占領国による“日本無力化政策”という右派の言い分は、あまりにその経緯を軽んじている。
 
(中略) 
 
日本国憲法は、日本史上初の普通選挙のもとで国民が選んだ国会議員による審議・修正が徹底してなされた。
 
(中略) 
 
換言すると、日本のそれまでの歴史上でもっとも民主的な選挙制度を経て審議され、かつ、圧倒的多数で可決された憲法なのである。
 
(以下略) 
 

 

日本国憲法の草案はメイドインジャパン
配信元) YouTube 13/11/18
https://www.youtube.com/watch?v=PyfIDlaLGLA

2013/11/18 に公開 
 
現行の日本国憲法はアメリカの押し付けだ、という定説は改憲派の論拠のひとつになっている。
 
たしかに、GHQ草案をベースに現在の日本国憲法の原案(大日本帝国憲法の改正案)が日本政府によって作られたことは歴史的事実ではあるが、番組はそのGHQ草案の1ヶ月以上前にすでに日本の民間人による独自の憲法草案が存在し、その草案が逆にGHQ草案にも影響を与えた可能性を指摘した。
 
それは有識者7人が1945年11月に結成した「憲法研究会」による草案で、主権在民や平和主義、表現の自由、男女平等などをうたっていた。
 
7人の顔ぶれは
 
高野岩三郎、森戸辰男、杉森孝次郎、馬場恒吾、鈴木安蔵、室伏高信、岩淵辰雄という、
 
当時の進歩的な学者、評論家、ジャーナリストらで、
 
いずれも戦時中は治安維持法違反などで逮捕・収監され、または職場から追放されるなど、塗炭の苦しみを味わった人々だ。
 
(以下略) 

 

 

 

 

日本にも特権階級の独裁を

 

緊急事態条項=ナチスの手口 2-1

 

緊急事態条項=ナチスの手口 4

 

安部晋三の『我が闘争』 4

 

共謀罪は一般人が対象だとバレる 3

 

徴兵に反対する国民は共謀罪で主権は与えない

 

憲法9条違反の実戦命令が下される

 

平和憲法の破壊を決意する安倍晋三

 

日本国憲法はGHQ押しつけとの説を否定する史料

 

ノーベル賞はユダヤ人が決めるもの 5

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

きなこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。