Yoshijunの松本潤くん日記

熱狂的な嵐ファンのよし潤です!

出会いは2002年…
一瞬にして嵐に恋に落ちました。
そして潤くんに。
時にはメロメロ、時には毒舌になりながら
嵐のドラマやバラエティー、雑誌等について
語っていきますが…
すべてマニアックな感じです。


テーマ:




松本潤天使説

これは非常に有説です。いや、説というより真実ですね。うんうん。笑。天使天使言い過ぎな気がしますけど、全部本気です。ぜーんぶ(´∀`)
てことで、ここまできたら天使エピソード集めちゃおうと思いまして。やっちゃいます。というより、やりたいってだけですけど。笑。やらせてくださーい(ノ´▽`)ノ









潤「夜桜の下で、深呼吸いっぱいした。幸せだった(笑顔)」


なにこの子。夜桜の下で深呼吸ですか。幸せだったのか。そかそか。

可愛すぎるでしょ。震。




翔「(松本を見て)かわいいな、こいつな(笑)」
和也「かわいい系だもんな(笑)」




潤「全然マイク入んないからおっかしいなぁ~って思ってマイク見たら、ペットボトルだった(笑)」

ド天然。

可愛いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
発言だけじゃなくて、行動にも天然が溢れちゃってますからね。困った。




翔「あいつは笑えば何でも許されると思ってんだよ!俺のオデコを見ていっつもバカにしたように『あはっ』て笑ってくる!しかもそれでいて頑固で気が強いし。名付けるなら『暴走小悪魔』(笑)」

暴走小悪魔。

翔ちゃんはやっぱりよくわかってますね。潤くんのこと。天使なのに小悪魔なんですよ。そこがズルいんですけど。可愛いのに意地悪で我が儘。だけど末っ子の笑顔に許せちゃう。




潤「オレ、性格が男っぽくないんだよ、全然。占いとか大好きだし、少女マンガとかも大好きでよく読むし(笑)」





ウミネコの大群の住む島へ行って、長寿のウミネコと出会う潤。そのウミネコに「松本さん」と名前をつけて、勝手に一人芝居でアテレコしながら松本さんに人生相談してたそうです。
なにそれええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
きゃわゆうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう
ウミネコの松本さんに松本さんが人生相談ですか。笑。なにそれ。クソ可愛いな。もうたまんないな。





C1000タケダの嵐のイベントに行きたくて応募し続けてたら、当てた潤。これスゴい。当たっちゃったんですからね?応募してただけじゃなくて当てちゃったんですよ。スゴいな。笑。




和也「すいません、うちのJゆるキャラ大好きなんで!」


この回の嵐ちゃん!は萌えました。潤のストイック伝説を嬉しそうに語るニノに頬が緩みます( ´艸`)
そしてゆるキャラに勢いよく飛び付く潤くんももーーー可愛くて!!どうしようかと思いました。天使すぎて。




智「Jr.時代に一度、一緒に電車で帰ったことがあるんです。なんか僕にいろいろ聞いてきたの。“最近何やってんのー”とかね。“別になんもしてねーよ”って答えたけど、そのときのマツジュンの顔がかわいいの!今のアイツみたいに真剣に聞くんじゃなくて、なんかね、常にニヤニヤしてんだよね」


そんな潤くんを今でも「可愛い可愛い」と言い続けラブラブナ智です。






潤「最後に誌面を借りて、翔くんにひと言。大学入学おめでとう!ところでオレに制服のボタンをくれる約束はどうなりましたか!?(笑)」


これどうなったんでしょうね。翔ちゃんも言ってたんですよ。袖のボタンをあげるよって。笑。潤くんに対しては黒櫻井MAXでした。うん。笑。






雑誌の撮影時、ジャケットのボタンが取れそうになってるのに気づいたけど直してもらう時間がなくかったので、そこでガムテープを借りてボタンをとめる。その袖のボタンに「がんばれー」とエールを送りながら無事撮影終了をした天使でした。




和也「メンバーの中で付き合いたい人は?」
潤「翔くん!しょーーくん!!」
翔「ウゼッ!」


うざくないくせにーー!!と思ってしまいます。笑。絶対嬉しいんです。潤くんにそんな風に言ってもらえて、翔ちゃんは絶対に嬉しい(´∀`)



潤「人生何があるかわからないから、いつもピカピカにしておこうね」




翔「松潤が俺によく使ってくる絵文字は花火!」
和也「メルヘン!超メルヘン!」
翔「なんか『ヒュ~ドカーンキラキラキラキラ~』みたいな乙女なやつ!(笑)」
潤「そんなこと言われたら、もう恥ずかしくて使えないじゃん!(笑)」
雅紀「使いたいんだ?(笑)」
翔「相当気に入ってんだね(笑)」


きゃわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ相当気に入ってる花火の絵文字…。あの男前美しビジュアルで花火の絵文字って…。

天使じゃん。

天使なんですよ。もう。“説”なんかつけなくていいんです。天使なんです。仮説ではなく事実なんです。笑。



潤「『あ、風船だー』と思って見てたんですよ。で、ラップ入ったんで『風船苦しそう』…みたいな。風船が下にあるのが凄い気になって、これは、フフ…なんかこう、魚を川に返してあげなくてはいけないみたいな(笑)そんな気分になり」


風船苦しそう。死。

可愛すぎる死。

天使だ死。

あ、何度も同じこと言っちゃってますけど、本気ですからね?本日二度目の本気ですからね?です。笑。




翔「じゃあ例えば松本くんの一番素晴らしい日はいつでしたか?」
潤「えー、翔くんに出会った日かなぁ」


翔潤嘔吐。

おえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
潤くんの天使エピソードにはちょいちょい翔潤萌えが入ってくるんです。なぜなら翔ちゃんは天使な潤くんが好きだから(勝手すぎる理由)




日本語以外に話せるなら何語がいい?

潤「パンダの言葉」




コンサートで、ニノと向かい合って花道を後ろ向きに歩いてたら階段につまづいてコケちゃった潤くん。もう、スッテンコロリンってこういうことを言うんだなってくらいに。笑。









翔「松潤、花粉症だっけ?」
潤「花粉症です!今年はね…あのー…母乳が出そうですね」
翔「えっと、ごめんなさい、ごめんなさい。花粉症になると母乳が出る?」


天使は花粉症になると母乳が出るそうですよ。うん。初めて聞きました。天使は潤くんしかいないからですからかね?前例が無さすぎて。笑。




滝沢秀明「入ったばっかりのころは『ましゅもとじゅんでしゅ』って感じで、何しゃべってんだか全然わかんなかったもん。あのころはかわいかったのにな~。いっちょ前に声変わりなんかしやがって!(笑)」


タッキーと潤くんってスゴい仲良しだったんですよねー。Jr.の頃の話なので最近は共演も少なくわからないんですけど、とにかく潤くんは翔ちゃんとタッキーの二人をずっと慕ってて。高校合格の知らせも一番にこの二人に報告したそうです(´∀`)タッキーには電話で。翔ちゃんは家で待っててくれたみたいですけど。笑。翔ちゃんの立ち位置がもはや家族。



智「(自分に)『おやすみ』とか言うとか言ってなかったっけ?」
潤「いや、『寝ます!』って」


潤くんの独り言をもっとたくさん聞いてみたいという潤担はきっと数多くいるでしょう。だって当たり前に可愛いですもんね。絶対ね。お風呂が沸いたアナウンスに返事するみたいですから。潤くんは。笑。
「今テレビ見てるから!」
って。なにそのオチャメな天使。




名古屋名物『ひつまぶし』を『ひまつぶし』と注文して大恥をかいた潤。




和也「大野さんと相葉さんはバカだし…翔ちゃんと俺も乗っかってボケかまし出すから最終的には潤くんが止めに入るっていう」
翔「でもあの人も結構なボケだよね!自分では認めたくないみたいだけど(笑)」
和也「『俺は絶対に完全に神に誓って天然じゃない!』って怒るからね(笑)」


神に誓っても、あなたは天然です。そして天使です。と世のアラシックが一斉にツッコミを入れました。




潤「最近、悩みがあるんだ。虫が家の中に入ってきちゃった場合どうすればその虫はいなくなる?いなくなってほしいけど、殺生するのもイヤなんだ。どうやら蚊らしく知らないうちに顔を刺されてた(笑)このままだとそいつは一生オレの生き血を吸って生き続けるんだろうか。」


かわええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
悩みが天使すぎて困るんですけど。可愛すぎるんですけど。どうしろと。そんなに可愛くてどうしろと。




潤「アリンコさんがいるぜ!」




潤「アニメはガキッぽいから、もう見ないってみんな言ってる“卒業”だとさ。なんだよ、卒業って。好きなことに卒業とか、あんのかよ。そんなん、最初からたいして好きでもなかったんじゃねぇか」


この言葉に救われた人も多いはず。最近はアニメが流行ってて大人の方でも好きじゃないですか。だけど世間一般からは「ヲタク」だという認識をされてしまう。そんなあなたにこの一言です。私はアニメは見ないのですが、これは格好いいなと思っちゃいました。









松本「好きなタイプは櫻井翔(笑)」


だそうです。よかったね、翔くん。やっぱり翔潤は結婚すれば良いと思う。そろそろ。そろそろ良いよ。



翔「かつてかわいがってたのに、気付いたらこんなになっちゃって…。育て方間違えた(笑)」


だそうです(パート②)。なんかもう翔潤はお互いのことが大好きなんだなってわかりますよね。それは今でも伝わってきます。「潤くんのこと可愛いと思ってるんだろうな~」って。育て方はあってましたよ。笑。




潤「オレね、女の子に触られてビックリすることがたまにある。 ちょっと…「おっ危ねぇ…なに触ってんだよっ!」みたいな(笑)」


こういう奥手なところがイメージと違うところですよね。世間的なイメージでいうとやっぱりオレオレで攻めそうな感じしますけど、本当は天然天使で奥手な可愛い男の子なんです。



潤「この前、ロケ中に桜の木を見つけて。これから花が咲きはじめる木を、応援してました」




潤「このあいだ、顔を思いっきり壁にぶつけた(笑)ビックリした。ウチ…こんなところに壁あったんだ?って」


で、鼻にアザができたそうです。なんかそれこそまさに天然。笑。心配だけど、可哀想だけど萌えますね。

不謹慎萌え。

しちゃいますよね。命名しました。不謹慎萌えです。笑。こないだのしやがれでも咳してて、風邪引いちゃったのかな?と心配しつつの不謹慎萌え。ごめんなさい。萌えてました(。-人-。)笑




自分は球技が得意だ!と得意げに言い張ってボウリングの球を投げたら、すべって転んでガーターしちゃう。




潤「ちょっと待った!俺、はまぐりに愛情注ぐ!」



潤「全然季節とか違うけど、暴れん坊のサンタクロースみたいな曲とか?」
翔「ちょっと待って!!ちょっと待って!!それ、あわてん坊じゃね?(笑)」
潤「あわてん坊じゃないの?(笑)」
和也「(暴れん坊も)いるんだよ!!」
潤「暴れん坊のサンタクロースですぅ」


来られたら困る。笑。確実に家の中ぐちゃぐちゃにしそうですけど。プレゼントが形状なくしそうですけど。でも潤くんの演じる暴れん坊のサンタクロースなら大歓迎です≧(´▽`)≦




潤「え?じゃあ、ゾウさんとキリンさんとダチョウさんだったらどれがいいの?(中略)へぇ。でもオレ、キリンさん…キリンさんの柄がやっぱり好きですね」


フワフワ。

きゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
これこそまさにフワフワ天使。死。動物にはさん付けするのが潤スタイルなんです。なんでもかんでもさん付け。
ただ、とてつもなく可愛いだけなんですけど。萌えるだけなんですけど。

天使の破壊力

ありすぎる。破壊力ありすぎます。ダメ無理。本当に好き。だけど、そんな天使はあのエロ体を秘めてるんです。あんなに可愛い甘フェイスと天然発言の下のエロすぎる体格。
おえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ






萌えてみました。というかただ単に可愛い潤くんの天使エピソードを寄せ集めてみただけなんですけども。
でもこうやって集めてみると本当に可愛い男の子なんだなぁ、と改めて再確認しました。わかってましたけど。天使なの気づいてましたけど、萌えの破壊力はんぱないんだなって。笑。
癒されてもらえたでしょうか?あ、私はもちろん癒されました(´∀`)てへ
とか言ってたら家の音楽プレーヤーから『TABOO』が流れてきました。笑。癒しとは真逆の意味の破壊力にゲッダン。潤くんTABOO好きだっていってましたもんね。今年のアラフェスは天使ビジュアルでTABOOやってくれたら、もう満足過ぎます。













櫻井翔ドラマ出演決定!



嵐の櫻井翔(31)が4月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「家族ゲーム」(水曜 後10:00)に主演することが28日、分かった。
俳優の故松田優作さん(享年40)で映画化、歌手の長渕剛(56)でドラマ化もされた名作のリメークだ。
櫻井は好青年のイメージとは真逆の破天荒な家庭教師役。
「家族そろって見てると、ちょっとヒリヒリする作品になったら」
今までにない怪演を見せそうだ。

国民的アイドル、真摯なニュースキャスターなど自由自在に顔を使い分ける嵐の“優等生”が、真逆の変人家庭教師で新境地を開拓する!
1981年のすばる文学賞を受賞した本間洋平氏(64)原作の「家族ゲーム」は、風変わりな家庭教師の吉本荒野が、高校受験を控える落ちこぼれの中学2年生を型破りな方法で叩き直し、一家の問題をも解決していく物語。83年に故森田芳光さんが監督、故優作さんが主演した映画「家族ゲーム」、同年に長渕が主演したTBS系ドラマが大ヒット。優作さんや長渕が時には暴力を振るい、コミカルかつ破天荒な愛で教え子を更生させる体当たり演技は国民的ブームを呼んだが、長渕版の85年単発ドラマ以来、28年ぶりに映像化される。

櫻井主演の2013年版「家族ゲーム」 は、フジテレビの4月改編で14年ぶりに 復活する水曜10時枠のドラマ第1弾として放送。映画版から30年を経て“問題作”にトライする同局編成企画の水野綾子さんは「30年前のテーマは受験戦争がメーン。現代に置き換えると問題は多岐にわたり、より一層おもしろいものができるはず」と説明。

「東大合格率100%の天才教師」のイケメン変人家庭教師に真逆なイメージの櫻井を起用した理由について「才能、人気、好感と非の打ちどころのない櫻井さんが、見たことのない家庭教師を演じるのはおもしろい組み合わせ」と期待する。暴走演技も辞さない櫻井は「私自身、中学、高校と家庭教師の先生にお世話になり、いまだに感謝の気持ちでいっぱい」と明かし、「独特の緊張感、独特の信頼感は今 も忘れることはできません。当時の記憶を 作品に反映し、自分自身の今までにない一 面をお見せできるのでは」と胸を高鳴らせている。
櫻井の“変人授業”は、現代の教育現場にも一石を投じる!?



ということで。いやぁ、翔さんちょっと忙しすぎやしませんか!?もちろん嵐としての活動もあるなか、映画の撮影してるし、映画の宣伝も夏にかけて始まりますもんねー。春からは翔ちゃん司会の番組も始まり…。
体調に気を付けて頑張ってください!無理せずに…。











ついでに、家の近所の巨大広告。






楽しみだああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
そして新曲かっこよすぎるううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう




AD
いいね!した人  |  コメント(12)

[PR]気になるキーワード