相続で農地を取得した場合には、地域の農業委員会へ「農地法第3条の3第1項の規定による届出書」の届出が必要になりました。


届出をしなかったり、虚偽の届出をした者は、10万円以下の過料に処せられます。


届出が必要なのは、相続(遺産分割及び包括遺贈を含む。)、法人の合併・分割、時効等による農地法の許可を経ないで農地に関する権利を取得した場合です。


この届出は、平成21年12月15日以降に権利者の変動があった際必要となります。

 → 名古屋の相続専門税理士木村のホームページ

AD