三茶農園

 気付きの共有。コミュニケーション、演出表現について、まちづくり。渋谷とか静岡。


テーマ:

1974年、首相である田中角栄氏の肝煎りで発足したのが国土庁(現国土交通省)だ。時の内閣のメーンテーマを扱う場とあって、さまざまな役所が優秀な官僚を送り込んだという。その代表格であり、後に事務次官までのぼりつめた下河辺淳氏が、先日亡くなった。

 

国土開発の計画づくりに長く携わり「開発行政のドン」と呼ばれた。高速交通網の整備や工場の分散に熱心で、日本列島改造論に影響を与えたとされる。しかし後年にはこうも語った。「大都市、科学技術、自然への挑戦という20世紀型文明は行き詰まった。21世紀は小都市、文化、精神、自然との共生が議論されていい」

 

15年ほど前のインタビューでは、地方の未来についてこう提言している。新幹線より豪華寝台列車でゆっくり旅をしてもらってはどうか。豪華なホテルよりお坊さんの話を聴けるお寺が人気になる。売れ残った工業団地は地方移住の場に提供すればいい。10年後には、道路行政で優先すべき主役は車ではなく人になる――。

 

「開発のドン」というイメージとはいささか違う。鋭敏な感性と柔軟な発想で、時代の転換を読み取っていたのかもしれない。21世紀の国土政策は「人」が軸になるとの言葉も残る。震災復興、防災、地方創生、高速鉄道建設と、今また国土の未来に関心が集まる。下河辺氏の思索の軌跡を、もう一度たどり直してみたい。

 

春秋 2016/8/18付

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

イーロン・マスク氏が「人類はコンピューター・シミュレーションの中で生きている」と考えるわけとは?

 

クリックして放置するだけで太陽がブラックホールに変貌し全てを飲み込み宇宙の終焉を見届けるゲーム「SPACEPLAN」

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

小学生が地元の商店街でお仕事体験するこどもわくワーク。おうちの人のことをよく聞き、家のお手伝いを5つやってくる「いえワーク」と、地元の商店個店で1日お仕事体験させてもらう「まちワーク」の二つがセットになったプログラムです。計35箇所で約150人が体験したわけだが、おかげさまでたくさんのご応募いただきまして、参加できなかった子たち本当にゴメンね。ぜひまた応募してみてください。

 

平たく言えば商店街でやるリアルなキッザニアなので、子どもたちには社会における適応力、判断力、対応力などを高めていってほしいわけだが、一番の目的は地域で子育てにおいています。地域で子育てしましょうという理念にご賛同いただいているお店に協力してもらっているので、結果こどもたちは、ときに厳しくそして実に愛のある指導を受けて、貴重な体験をさせてもらっています。

 

ヤマト運輸とかピザーラみたいな大きな会社は参加してないけれど、地元を愛する地域密着のお店が盛りだくさんで、わくワーク参加後のご家族からは、参加後に「家族で師匠の店にランチ食べにいったよ」とか、参加店からは「ケーキ買いにきてくれたよ」なんて聞いたりすると、地域のつながりが結果としてできているようでとてもうれしい限りです。

 

今回新たな取り組みのひとつとして、小学生のプログラミング体験を実施しました。

 

高校時代に理系か文系かを決めさせるが、これがそもそもの間違いだと思う。日本は工業立国して生きていくしかないのだから、7~8割の人材は一度IT+エンジニアの勉強をさせるべきだ。高校時代に文系を選択した人の多くは、物理や高等数学どころか単純な算数すらできなくなる。それで社会に出てから財務や資産運用の勉強をするのは相当苦しい。バランスシートを読みこなすことも、複利計算さえできない人もいる。実社会でエクセルやパワーポイントを使いこなすにしても数学的な頭脳があったほうがいいし、マーケティングの分析というのも結局は数学の世界である。数学的センスがなければ、財務やマーケティングの数字を見てもその数字の意味を正しく把握できないし、もっと言えば数字を見るだけで気付くような勘や閃きも得られない。理系、文系で振り分けるのでなく、全員がエンジニアリングを勉強して基本の数学脳を鍛える。その上に個々の職業選択に応じた勉強が積み重ねられるような大学教育を目指すべきなのだ。

 

人間の脳がやっていることは情報処理につきる。クリエイティブと思われているものも、実はインプットがあってアウトプットをだしているわけで、天から降ってくるわけではない。いま人工知能やAIやディープラーニングといった分野で機械にエミュレーションされているのは、まさに人間の勘や閃きや直感の再現だったりします。むかし似たようなことがおこったのが産業革命だったのだと思います。

 

人間の肉体が機械に置き換わった。そのことによって人間の生産力は抜群にあがった。あがった生産力の分配をどうするのかという問題において、資本主義と共産主義の対立って構造ができた再分配のことはまあおいとくとして。これから起きようといているのは、すでに顕在化しだしているかもしれないが、機械が人間の知的作業も肩代わりしようしている。やっぱり富への偏りがおこる。

 

都市間競争でいえば、マイクロソフトとかアマゾンの本拠地のあるシアトル、シリコンバレー、アジアではいつのまにか存在感を増してきたインドのバンガロール、日本で言えば東京。人工知能の片棒を担ぐ産業である、IT、ディープラーニング、データサイエンス、ビッグデータを扱うところにヒトモノカネが集まっている。

 

そんな未来予測のなか静岡は、ふじのくにせかい演劇祭とか大道芸ワールドカップがあって文化力は圧倒的に高い。一方で、理工系学部の本拠地は浜松方面にあって、IT+エンジニアリングのスキルはさほど高くないように思われます。

 

参加した小学生にそんな根底をお伝えすることはしませんが、想いとしては、IT+エンジニアリングが集積していく、いわばシズコンバレーが育つ一助になればいいなと想い実施してみました。

 

島田商業の高校生にサポートしてもらい、子どもたちは初めてのプログラミングを真剣に取り組んでいました。スイスイできちゃうのね。完成はびっくりするクオリティに大人も驚き。教育用に作られてるだけあってスクラッチすごいわ。

 

無事1週間のプログラムが終了しました。ご協力下さったお店、企業、スタッフ、参加してくれた全ての子どもたち親御さんに感謝です。参加してくれた子ども達と保護者の方、絵日記とアンケートのご提出をお待ちしてます!「地域でできる子どもの生きた学び」「子ども達が大人の世界で主体的に挑戦する場づくり」を今後も進めて参りたいと思います。

参考リンク: 第5回こどもわくワーク
参考リンク: こどもわくワーク kodomo-wakuwork

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。