三茶農園

 気付きの共有。コミュニケーション、演出表現について、まちづくり。渋谷とか静岡。


テーマ:
『右と左は世界の分け方が違う。右派は世界を内と外に分けて、内側を大事にする。左派は世界を上と下に分けて下の側につこうとする』

 

コミューン大好き(コミュニタリアン)という人たちがいるのだが、半径3メートルまでは仲間だけどそっから先は関係ないよというか、気持ち的には排他性があったりする。たとえばシェアハウスに住むのが好きだ。一見すると平等やシェアを重んじる平等主義者(エガリタリアン)に見えるのだが、実はその意識が仲間の範囲にだけで適用されてて他所は関係ないぜの自由主義者(リバタリアン)な一面がある。ヒッピー的なマインド。内と外といっても、内の範囲は、民族なのか、土地なのか、コミューンなのか、どこまでなのかという違いもあるのよねと思ったので。

 

リンク先の記事がよかったのでメモ。そんなことよりラーメン食べたい。

 

それをお金で買いますか――市場主義の限界

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

運用型広告ゴリゴリに回してデジタル広告売上ぐんぐんいくぜ!

が何人総合広告会社にいるか?

そんな志の人間を採用してるのか?

ってことにも繋がるんだと思います。

 

偉大な広告マンの諸先輩方は、

・TVCMをマジでコンテンツとして見られ、市民権を得たい

・熱狂の渦の中にいたい、

・地域貢献をマジでやりたい、

・オリンピックを招致したい、

・日本のトップ企業のマーケティングを学び、独立したい、

・世界で一番大きな何かを立ち上げたい

 (≒ビッグコンセプターになりたい)

みたいな人でした。

またそういう人達が成功していく業界で

素敵な一面を持ち合わせてました。

 

デジタルの運用型広告の市場が大きくなり、
総合のライスワークとして取り込んでいかないと

いけない領域になっていることは確かですが、
総合広告会社が人生をかけた

ビックプロジェクトをやり遂げにくる若者の受け皿として

見えなくなってしまうことが怖いです。

 

俺は有限の人生をエクセルの底と見るために使いたくはない。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ある大学でこんな授業があったという。

「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。

 

「この壺は満杯か?」

 

教室中の学生が「はい」と答えた。

 

「本当に?」

 

そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。そしてもう一度聞いた。

 

「この壺は満杯か?」

 

学生は答えられない。一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

 

「この壺はこれでいっぱいになったか?」

 

学生は声を揃えて、「いや」と答えた。教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」一人の学生が手を挙げた。

 

「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」

 

「それは違う」と教授は言った。

 

「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」

 

君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。

 

ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。

 

もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。

 

そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。