リーダーシップが苦手な「先生と呼ばれる専門職経営者」専門「コミュニケーション」×「心理学」実践講座

人見知り、元システムエンジニアのコミュニケーションコーチが教える、「コミュニケーション」×「心理学」実践講座。少しのコミュニケーションスキルと心理学的知識を身に付けるだけで、仕事が楽に回り出す。生きやすくなる。


テーマ:

都内の桜は今日がピークですかね?
風が強くなって来て、散り始めてます。


あなたのご近所ではいかがですか?

改めまして、こんにちは。
算命学鑑定ができるコミュニケーションコーチの木村正博です。

新しい無料メール講座を作成中です。
だいぶ、ボリュームがたっぷり、内容も充実したものになってきました。

新作のテーマは「思考のクセ」です。

目標達成や人間関係などがなかなか思うようにならない場合、
「思考のクセ」が邪魔していることが良くあります。

「思考のクセ」がどのようにできるのか?
「思考のクセ」をどのように見つけるのか?
「思考のクセ」をどのように矯正するのか?

を解説し、ご自身にもできるようになってもらえるような
無料メール講座にしたいと思っています。


完成しましたら、またこちらで案内しますので、
お楽しみに〜。


質問や「こんなことを教えてください」などがありましたら、
「お問い合わせ」からご連絡ください。

講座の中か、メールマガジンの中でお応えできたらと思います。

 
 



このブログを気に入られましたら、「読者になる」をクリックして読者登録してください。

読者になる

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「こんな問題が起きているんですけど、どう対処したら良いですかね?」
という相談を受けることがあります。

コーチの私としては、その質問に対してお答えしたくない
というのが本音です。

改めまして、こんにちは。
算命学鑑定ができるコミュニケーションコーチの木村正博です。

とはいえ、お答えはしますけどね。


以前良く使っていた地下鉄の駅構内のことです。
前回に続き、駅でのアナウンスの話題です)

その駅の1つの出入口(A出入口としましょう)は、
オフィスや商業施設がたくさん入っている大きなビルに直結しています。

利用客が多い時間帯には、A出入口へ向かう通路付近では、


「A出入口付近は左側通行です。ご協力お願いします。」
 

というような内容のアナウンスが、30秒に1回くらいの頻度で流れます。

しかも、かなり大きなボリュームで

どうして、こんなにアナウンスを繰り返すのかなぁ、と疑問に思っていました。
よほど、マナーが悪い人が多いのか? とも思いました。

あるとき、その理由が分かりました。


大きなビルに直結しているA出入口なのですが、
そのビルの敷地に入るとすぐにエスカレータがあります。

そのエスカレータが右側通行なのです。

ビルから駅に来る人は、右側通行のエスカレータに乗ってA出入口にやって来ます。
意識しなければ、右側通行のまま駅構内の通路を進みます。

左側通行をするためには、流れを無視して、クロスしなければなりません。

ビル内のオフィスに通っている人は、エスカレータが右側通行だということを
知っているので、駅構内からビルに向かうときにも右側通行してしまうのも頷けます。


いくら、アナウンスでうるさく左側通行を促しても、
構造がそのようになっていないので無理があるのです。


アナウンスで告知するという対症療法よりも、
通路とエスカレータの運用を合わせるという根治療法の方が
よほど問題解決には近道だと思うのです。


このことと同じように、冒頭の相談を考えると、

起きる問題の対処を考えて準備しても、
もぐらたたきゲームのように、
繰り返し問題が起きて、
その都度対処することになります。

それよりも、
問題が起きないようにするにはどうするか、
を考えて、手を打つほうがよほど効果的だと思うのです。

もちろん、今すぐの苦痛を和らげるための対症療法は必要です。
しかし、それだけではなく、根治を目指すことは重要です。

 
 



このブログを気に入られましたら、「読者になる」をクリックして読者登録してください。

読者になる

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

都内に住んでいる私は、電車で移動することが多いのですが、
昨年末くらいから、ある変化に気づきました。

この変化、あなたはどのように感じますか?

改めまして、こんにちは。
算命学鑑定ができるコミュニケーションコーチの木村正博です。

電車で移動することは多いのですが、
だいたい決まった路線にしか乗らないので、
都営地下鉄とある私鉄に限ったことなのかもしれませんが。

ホームで電車が来るのを待っていると、
電車が来る時にアナウンスが流れますよね。

以前は、

「◯番線に、電車が参ります。
 あぶないですから、黄色い線までお下がりください」

というアナウンスでした。

それが、あるとき気付いたら、

「◯番線に、電車が参ります。
 安全のため、黄色い線までお下がりください」

となっていたのです。

他の路線でも、同じように変更になったのでしょうか?
もともと、「安全のため」だったのでしょうか?


あなたは、この2つの違いをどのように感じますか?


言葉に意識が向いている私が気になった、
どうでも良いと言えば、どうでも良いことですが、
実は、とても大事なことかもしれない
言葉の違いでした。

 
 



このブログを気に入られましたら、「読者になる」をクリックして読者登録してください。

読者になる

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、拙著
「コミュニケーションの仕組み 解説書(自分自身とのコミュニケーション編)」
を無事に発売することができました。

ここ数日、お騒がせいたしました。

改めまして、こんにちは。
算命学鑑定ができるコミュニケーションコーチの木村正博です。

前回の記事で、リンクがことごとくエラーになっていました。
読者の方からご指摘をいただき、修正いたしました。
ご指摘、ありがとうございました。


さて、本題です。

奇しくも、昨日は新月で、太陰暦での新年でした。
算命学は干支暦に基づくので、意識していませんでしたが、
新しいことをスタートするのには、良いタイミングだったようです。

ちなみに、干支暦では、2月4日(立春)が新年です。
私は、天剋地冲という、現実が壊されがちな1年に突入してしまいます。
それ以前に、新しいことへのチャレンジはスタートしておこうと思います。

そして、気になる新刊のすべり出しは、・・・

「まだまだがんばらな、あかんな〜」(なぜか関西弁)

という感じです。

これにめげずに、次回作に取り組みたいと思います。
まだまだお届けしたいことがたくさんあるので、
いろいろとチャレンジしていきます。

あ、その前に今回作もたくさんの方にお届けしたいなぁ、
と思っております。

今後とも、よろしくお願いします。

 



このブログを気に入られましたら、「読者になる」をクリックして読者登録してください。

読者になる

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ明日(1/28)、拙著
コミュニケーションの仕組み 解説書(自分自身とのコミュニケーション編)
が発売になります。(現在や予約注文受付中)

今日は、一足先に原稿を読んでいただいた方からのご感想を紹介します。

また、Amazon Kindleで販売している電子書籍の読み方が分からないという方からの
お問い合わせが多かったので、そちらの解説を用意しました。

改めまして、こんにちは。
算命学鑑定ができるコミュニケーションコーチの木村正博です。

一足先に原稿を読んでいただいた方のご感想

それでは、原稿を読んでいただいた方のご感想です。
こちらのページの中段辺りでは、実名入りで紹介しています。
 

<Mさん:男性>
自分自身とのコミュニケーションについて、
ブロック図に基づき分かりやすく書かれており、
目的設定とアプローチの仕方について、
参考になると思います。

多角的なモノの見方の重要性と目的達成のためには
他人のスキルや能力を活用することの重要性を改めて認識しました。
次回作も楽しみにしております。
 
 

<Hさん:女性>
私はどちらかというと文系で、本質的なことも感覚で捉えたり、
抽象的な表現でも理解したつもりになってることも多々ありました。

しかし、身の回りの物をそぎ落とし中のこの頃は、
頭の中も、もっとシンプルにしたい、整頓したい、
という欲求が高まっていたので、理系の著者の、
”コミュニケーションを分析して、機能ブロックに細分化…”という
切り口、表現のされ方が新鮮でした。

読み終えるとすっきりわかりやすく腑に落ち、
また、思考が整っていきます。

うまくいくにはこうしたほうがいい、
という事例や成功の極意のようなものは、
もうたくさん見聞きしていて、
かえってごちゃついてる人も多いかと思いますが、
もっともっと自分がいつも忘れずに持っていられる
シンプルな基盤がここにあるかもしれません。

本質がすっきり見えてきます。
自分の日常にも落とし込みやすいと思います。

今回は、「自分自身とのコミュニケーション」、
次回の「他者とのコミュニケーション」も、
その仕組みを知るのが楽しみです。
 
 

Mさん、Hさん、ご感想いただきありがとうございました。
次回作への励みにしてがんばります。

Amazon Kindleで購入した電子書籍を読む方法

Amazon Kindleで購入した電子書籍を読む方法
で、パソコン、スマホ、タブレットに無料のKindleアプリを
インストールする方法を詳しく説明しています。

私が、電子書籍をお薦めする理由は、先ほど見ていただいた
こちらのページの中段辺り(感想の上辺り)にも書いていますが、

 

  1. 【紙の本より、電子書籍の方が安価である】
    最近は、紙の本が、電子書籍にもなっていることが多いです。
    この場合、電子書籍版の方が安価であることがほとんどです。
  2. 【持ち運びが便利】
    電子書籍はスマホやタブレット、パソコンにデータとして保存されます。
    ですので、たくさんの電子書籍を持ち歩いても、
    荷物がかさばらない、重くならない、というメリットがあります。
  3. 【表示文字サイズを変えられる】v これは、私くらいの年代に限ってのメリットかもしれません。
    小さな活字を読むのが辛くなってくるお年頃です。
    電子書籍ならば、読みやすいように表示文字サイズを大きくすることができます。
    リーディンググラス(老眼鏡ですね^^;)不要で読むことができます。
という3点です。

ぜひ、電子書籍ライフを試してみてください。
そして、拙著
「コミュニケーションの仕組み 解説書(自分自身とのコミュニケーション編)」
もよろしくお願いします。

 

 
 



このブログを気に入られましたら、「読者になる」をクリックして読者登録してください。

読者になる

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。