知財弁護士の本棚

企業法務を専門とする弁護士です(登録22年目)。特に、知的財産法と国際取引法(英文契約書)を得意としています。

info@kimuralaw.jp   牛鳴坂法律事務所 弁護士 木村耕太郎

弁護士 木村耕太郎のブログ

知的財産法に関すること、英文契約書に関すること、その他企業法務に関することや、日々考えていることなどを書き綴ります。

こんなことを書いてほしいというリクエストがありましたらメッセージをお寄せください。


お問い合わせは 牛鳴坂法律事務所  まで。
英文契約書に関する詳細トピックは 英文契約書.com   を参照ください。


お勧め記事(テーマ別)


(知的財産)

アメリカ特許法改正(8)

アメリカ特許法改正(7)

アメリカ特許法改正(6)

アメリカ特許法改正(5)

アメリカ特許法改正(4)

アメリカ特許法改正(3)

特許法の改正条文

出願後の実験結果の提出について

職務発明訴訟の最近の論点

冒認出願についての特許法改正

行政法と特許法の関係

特許権侵害訴訟における訂正の再抗弁

営業秘密か、一般的な知識・技能か

プロダクト・バイ・プロセス・クレームの解釈について

訂正の部分確定の問題について

分割出願の謎(2)

ダイリューションとは何か

ダブルトラック問題について(2)

不正競争防止法における「類似」と「混同のおそれ」

利用発明に関する日米合意

生産アプローチと消尽アプローチ

分割出願の謎

意匠法の難しさ

不正競争防止法の改正に思うこと

ダブルトラック問題について


高橋是清自伝

特許制度の起源


企業における知的財産管理  

米国ITCによる限定的排除命令の範囲


著作物の引用(2)

著作物の引用

応用美術の著作物性

著作権表示について

著作物の「使用」と「利用」

著作権法の改正課題と雑感  

建築の著作物

写真の著作物


システム開発はなぜ失敗するか

ソフトウェア開発モデル契約


ヤクルト立体商標の登録認められる

立体商標の背理(2)

立体商標の背理

商標権侵害訴訟における被告の主張(2)  

商標権侵害訴訟における被告の主張

商標の類否判断の基準(2)

商標の類否判断の基準


職務発明規程のいろいろ
共同研究開発契約書の作成ポイント


(英文契約と国際取引)

JV契約におけるtag-along rightとdrag-along right

国際裁判管轄法制の整備に関する要綱

相殺の準拠法

ウィーン売買条約の解説(7)

ウィーン売買条約の解説(6)

ウィーン売買条約の解説(5)

ウィーン売買条約の解説(4)

ウィーン売買条約の解説(3)

ウィーン売買条約の解説(2)

ウィーン売買条約の解説(1)

国際税務の学び方  

コモン・ローとエクイティ


(企業法務)

会社分割の濫用

中国企業とのライセンス契約

会社分割の法的性質

ある名誉毀損事件の判決に思う

中国法の考え方

大会社になる時期

常勤監査役とは

 

(弁護士)

専門弁護士の探し方

弁護士の生き方   

社会人のための法科大学院




テーマ:

 日本インドネシア法律家協会(JILA)の新しいホームページができました。


http://jila.tokyo/


 私はそこのメンバーなのですが、この一年をかけて、ホームページ開設の準備に関ってきました。なかなか良いものができたと思います。


 Q&A形式のインドネシア法情報や、インドネシア語の法律用語集を入れたのが目玉です。


 

 インドネシア法情報の頁に、インドネシアの弁護士会の分裂のことが解説されていますが、この情報は本邦初公開ではないでしょうか。実際に、日本の弁護士会による国際交流の現場でこのことが問題となっています。


 今後、少しずつ内容を拡充していき、将来的には、インドネシアに進出する日本企業にも役立つような内容にしたいと思います。ホームページをきっかけに、JILAやインドネシアに興味を持ってくれる人が増えることを期待しています。

いいね!した人

テーマ:

 先日、公正取引協会の下請法のセミナーに参加したところ、「弁護士の意見書作成業務に下請法の適用はない」と言われて、軽くショックでした(笑)。


 下請法の対象取引は、①製造委託、②修理委託、③情報成果物作成委託、④役務提供委託に限定されています。


 弁護士による意見書の作成は、③情報成果物作成委託にあたりそうですが、情報成果物作成委託というのは、以下のいずれかでなければなりません。


(A)親事業者が他者(事業者や一般消費者)に提供するための情報成果物の作成を下請事業者に委託する「第1類型」。具体例として、雑誌の記事や写真を個人事業主であるライターやカメラマンに委託する取引。



(B)親事業者が他者(発注者)から受託した情報成果物の作成を下請事業者に再委託する「第2類型」。


(C)親事業者が、自社で使用する情報成果物の作成を業として行う場合に、その作成行為を下請事業者に委託する「第3類型」。


 弁護士の意見書作成業務は、あたるとすれば第3類型なのだけれど、通常、弁護士の意見書作成業務を「業として行う」(つまり内製しているということ)会社はない。だから第3類型にあたる可能性は低い、というのがセミナーの結論。


 なお、法律事務所が顧客から受託した意見書作成業務を別の法律事務所に再委託した場合は(そういう例はあまりないかもしれませんが)、第2類型に該当すると思われます。しかし、親事業者に該当するには、資本の額または出資総額が1000万円超であることを要します。


 ですので、出資総額が1000万円を超える弁護士法人であれば親事業者になりうると思いますが、そういう弁護士法人が実在するのかは知りません。


 また④役務提供委託については、


(A)親事業者が他者(事業者や一般消費者)に提供するための役務の提供を下請事業者に委託する(下請事業者による役務は、親事業者の顧客に直接提供される)


という類型しかありません。


 一般の会社が、弁護士の作成した意見書を業として第三者に提供することは違法(弁護士法違反)ですので、弁護士の意見書作成業務が役務提供委託に該当するというのは(違法な取引でない限り)考えられません。


 会社が自ら使用する目的の意見書であれば、そもそも「役務提供委託」の定義にあたりません。


 意見書の作成ではなく、法律相談業務のようなものについては、「成果物」がないので情報成果物作成委託に該当する余地がありません。


 会社が自ら使用する目的の法律相談(つまり自社の問題について弁護士のアドバイスを受けること)は、アドバイスの内容を業として他者に提供するわけではないので、役務提供委託にもあたりません。


 余談ですが、弁理士による明細書作成業務については、内製化している会社もありますので、日常的に明細書を内製している会社が一部の明細書の作成を外注する場合は、情報成果物作成委託にあたる可能性があると思います。しかし、明細書が自社で使用するためのものかというと、そこは疑問があります。



 


いいね!した人

テーマ:

 先週、日弁連法務研究財団(名古屋地区会)主催で、名古屋で講演をしてきました。


 「営業秘密の法的保護 -侵害事例に学ぶ-」と題して、デンソー事件、新日鉄対ポスコ事件、東芝事件などを題材に、そこに含まれる法律的な問題、法改正に与えた影響、漏えいの手口と教訓など、3時間にわたっていろいろとお話させていただきました。


 受講者は愛知県内をはじめとする弁護士の方々と、企業の方々でしたが、遠方からわざわざいらしてくれた方もいたようです。大勢お越しいただき、ありがとうございました。


 最近はPCの画面を見ながら話をすることが多いため、いつも反省しています。本当は受講者の顔色を伺いながら進められるとよいのですが。


 名古屋は仕事やら何やらで何回か来ておりますが、講演をするのは初めてだったので、名古屋デビューといったところでしょうか。


 講演後に、名古屋の先生方からいろいろ名古屋事情(?)を伺えたのも楽しかったです。


いいね!した人