店名2
究極の整体ALCK法


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018年01月18日(木)

お正月の食べ過ぎに・・・

テーマ:東 裕之

こんにちは。東です。

本年もよろしくお願いいたします。

 

2018年がスタートして半月が経ち、もうお正月気分は抜けた頃だと思いますが、おせち料理の食べ過ぎや運動不足で、内臓の調子は大丈夫ですか?

 

食べ物を消化するには多大なエネルギーを必要とします。

ヒトの体内には、内臓によって異なった消化酵素が存在します。

いくつかその消化酵素を紹介しましょう。

 

 

つまり、食べ物によって消化する内臓が違うわけです。

 

日本人はお米の文化を持ち、炭水化物の分解酵素アミラーゼなどが体内で豊富に作られます。

 

皆さんは七草粥を召し上がりますか?

平安時代に中国の風習が加わって、食べるようになったそうです。

 

七草にはいろんな効能があります。

 

 

いかがでしょうか?まさに、日本の正月明けに相応しい、胃腸回復食と言えます。

 

日本人は欧米人に比べて腸が短く、肉などの動物性タンパク質を消化しづらいので、その分、肝臓や腎臓に負担がかかります。

「なんか疲れが取れない、体力がない」と思って、お肉をガッツリ食べる!これはちょっと逆効果かもしれません。

疲れている時は、内臓も休ませてあげることをオススメします。

                 東裕之

+——————————————+
バキバキしない整体☆
きむらカイロプラクティック・吉祥寺
MAIL:kimura3@paw.hi-ho.ne.jp
TEL:0422-41-3240

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018年01月11日(木)

氷枕で胸を冷やして肺炎を治す!?

テーマ:ブログ

みなさんコンニチワ。

きむらカイロの木村絵子です。

本年もよろしくお願いします。

 

当院では、首、肩、腰のコリや重さ、痛みは炎症であることから、

患部冷却、

つまりアイシングを強くおすすめしています。

私が鍼灸学校の学生だった20年前は

まだまだ「痛みは温める」療法が全盛でした。


しかし、先日知人がぎっくり腰で会社近くの整骨院にかけこんだら、真っ先に腰を冷やされて、ビックリした!と話していました。
治療業界もアイシング療法を認めつつある、と嬉しくなりました。

寝違え、肩こり、腰痛に限らず、アイシングは全ての炎症に効果的です。

 

こんなエピソードもあります↓

数年前、主人が肺内視鏡検査の際、出血し、そのまま入院になったことがあります。
空気しか出はいりしないはずの肺の中の一部が血で溢れてしまったため、肺炎の恐れがあるということで、呼吸器をつけながら、抗生剤の点滴をしていた、と記憶しています。

 

病院のベッドの横で私は肺を冷やすにはどうすればよいか思いあぐねていました。

 

そこへノックの音。

 

男性の担当医師が

「これは『おまじない』と思っていただければ良いのですが・・・、

これをご主人の胸の上にのせてもいいですか?」

 

 

両手には氷水を入れたゴムの氷枕。

 

「先生。ありがとうございます。

私、コンビニで氷パックを買ってきて主人の胸の上にのせてもいいか、

相談しようかと思っていたところです。」

 

医師:(ちょっとびっくりして)

「あ、そうでしたか。」

 

この時私は

 

やっぱり炎症は冷やすんだ!

内臓だから、といって例外ではないのだ。

 

と、確信できた嬉しさがこみあげてきたものです。

 

あとから思えば医師が『おまじない』なんていう言い方をしたのは、

おおかたの他の患者さんやご家族が、

え!冷やすんですか?という反応だったからかも。

 

 

まだまだ、

え?それも冷やすの?エピソード

あったような気がします。

思い出したら、アップしますね。

 

【注意】あくまで個人的な見解です。

効果を保証するものではありません。

+——————————————+
バキバキしない整体☆
きむらカイロプラクティック・吉祥寺
MAIL:kimura3@paw.hi-ho.ne.jp
TEL:0422-41-3240

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年12月14日(木)

「変形性膝関節症」を考える

テーマ:村尾 謙
皆様こんにちは。きむらカイロの村尾です。
今回は「変形性膝関節症」を考えてみたいと思います。
先日NHKの番組を見ていたら「日本では50歳以上の2人に1人が、予備軍を含めた変形性膝関節症」だそうです。
すごい数だなと思いますが、私の両親で考えると、父は足腰が弱っているので、父は変形性膝関節症だと思われますので、あながち誇大な数値でもないようです。
そもそも骨は変形するのでしょうか?答えは「変形する」です。
動物特に陸上動物の骨は、重力に抗って体を支えるということがその目的になります。それ以外にカルシウムを貯めておくという目的も骨にはあります。その為骨は日々カルシウムの出し入れを行っています。
骨格のバランスが悪くて、体重が偏って掛かっている状態が続くと、骨は荷重の掛かり方が悪い状態で体を支えないといけなくなりますので、骨の形が少しづつ変わっていきます。それは骨のカルシウムが荷重のより掛かるポイントに集まるため、また筋肉などをより強く使うためには、筋肉の張力に耐えるために骨が部分的に肥大するためです。
当院でも「変形性膝関節症」の方を施術いたしますが、まず骨盤などの施術し、骨格のバランスを整えてから膝の施術を行います。
また「変形性膝関節症」の方は生活習慣にも問題がある場合が多いので、それも一緒に考えて改善していきたいと思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年12月07日(木)

エキスパートファスティングマイスターを取得しました!

テーマ:東 裕之

 妻の誘いで5日間のファスティングを経験したのが今年の5月(6月8日の私のブログを参照して下さい)。 

 ファスティングという名前すら知らなかったのに、出会いからたったの半年で、エキスパートファスティングマイスターの資格をとることになってしまいました。

 

 私が検定を受けた学校は、分子整合医学美容食育協会に属し、分子整合医学(病気は細菌やウィルスだけが原因ではなく、日常の私たちの食生活によってもたらされていることも多いということに目を向け、治療しようという予防医学)及び食育基本法を基に病気の予防・美と健康の促進・食に対する知識を深め、豊かな美容食育ライフを理解し、伝えることを目的としています。

 エキスパートとは、分子整合医学をベースにして、ファスティングが身体に及ぼすメカニズムを正しく伝え、確実にデトックスできるようにみなさんを導くファスティングマイスターです。

 

 前回もお話しいたしましたが、妻は米粉のパン教室をやっています。妻自身、卵と小麦粉に対してのアレルギーを持っており、我が家の食事は、ほぼグルテンフリーです。

 妻が、以前大好きだった食べ物を口に出来なくなったのは、自分のことのように辛いです(私自身もホエイに対してのアレルギーを持っています)。パン教室の生徒さんの殆どが、ご自身でアレルギーをお持ちか、お子様がアレルギー体質かのどちらかです。

 アレルギー食材に対する表示やアレルギーに対応しているお店が徐々に増えてきていますが、普段の私たちの食生活において、食品添加物などのアレルギー物質をまったく口にしないことは、まず無理です。しかし、食の安全は、商品を選択する私たち消費者に委ねられています。

 

 ところで、みなさんは食に対して、次に挙げるようなことを気にかけたことはないでしょか?

 

 ・「食」に対する感謝の心と理解の欠如

 ・栄養バランスの偏った食事や不規則な食事の増加

 ・肥満や生活習慣病の増加

 ・過度の痩身志向

 ・「食」の安全上の問題の発生

 ・「食」の海外への依存

 ・伝統ある食文化の喪失 

 

 以上のことを背景にして、食育基本法が制定されています。

 ファスティングマイスターは、これらを念頭に置いて、

 

 ・正しいファスティングの方法を広く一般に普及させ、生活習慣病などを予防する。

 ・健康と美の増進にも役立てるとともに、日本の国民医療費の削減に貢献する。

 

 ことを使命としています。

 

 "We are what wr eat." ~私たちは食べ物で出来ている~ のです。

 食べる物を見極めることで、健康にも不健康にもなります。

 決して食べることには困らない日本の食生活。食べ過ぎによる生活習慣病が蔓延しているのが現状です。

 食べ物を見極めることで、健康維持に努めたいと思います。

 

                                     東裕之

+——————————————+
バキバキしない整体☆
「吉祥寺に女性の整体師あり」
きむらカイロプラクティック・吉祥寺
MAIL:kimura3@paw.hi-ho.ne.jp
TEL:0422-41-3240

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年11月30日(木)

足裏のセンサーを働かせよう!

テーマ:ブログ

こんにちわ。

きむらカイロプラクティックの木村絵子です。

 

突然ですが、いま「足の裏が地面についていますか?」

 

足を組んでいる方、つま先だけ地面についている方・・・

足裏センサーが働いていませんよ。

 

当たり前ですが、ヒトの体が地面と接しているのは足裏だけ。

実はヒトの足の裏には多くのセンサー(固有受容器といいます)があり、

脳は絶えず地面からの情報を受け取っています。

 

この足裏センサー、

特に裸足で歩いたり、地面がデコボコしたところを歩いたりすると、

良く刺激されるそう。

 

反対に

寝たきりの方、

足の骨折などでベッド上での生活を余儀なくされている方は

このセンサーを長い間使わないため、退化してしまうそうです。

 

 

 

久しぶりに地面に立って歩くとふらつくのは、筋力低下だけのせいではない、という事ですね。

足の裏にしっかり荷重をかけられない宇宙飛行士さんも同じことが言えるかもしれません。

 

分厚い靴底の靴よりも、薄い靴底の方が刺激は多いでしょうし、

裸足でいられる時は、なるべく裸足でいたほうが良いのではないでしょうか。

 

明日から12月。

だいぶ寒くなってきましたが、

きむらカイロプラクティックではいまだにスタッフ皆、院内を裸足で歩いています。

 

冷え性だったこのわたしも、できるだけ1年中裸足でいるようにしてから

足冷えがなくなりました。

 

さ、今日も地に足をつけて行きましょう。

           木村絵子

+——————————————+
バキバキしない整体☆
「吉祥寺に女性の整体師あり」
きむらカイロプラクティック・吉祥寺
MAIL:kimura3@paw.hi-ho.ne.jp
TEL:0422-41-3240

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。