店名2
究極の整体ALCK法


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年06月15日(木)

庭仕事の後のぎっくり腰

テーマ:村尾 謙

 皆様こんにちは。きむらカイロの村尾です。東京も梅雨入りしまして大分うっとうしい季節になりましたね。
 例年5月の連休の頃から多くなる症状に、「庭仕事の後のぎっくり腰」があります。

 

 寒い季節が終わり庭先にも出やすい気候になりました。皆さんもお花を植えたり、家庭菜園を始めたり、そしてこの時期は雑草もグングン伸びてきますので、夏の暑い盛りになる前に草むしりをしたりされるのではと思います。
 私も庭の草むしりを年に1~2回行いますが、あれはやりだすと止められなくなり、気が付くと長い時間腰を曲げた状態で作業をしてしまいます。
 普段腰を曲げての作業をやり慣れていない方ですと、庭仕事の後でそのままぎっくり腰になる方が多いのです。

 

パターンとしては
庭仕事を終える➡入浴する➡ソファーでうたた寝をする➡腰が重だるくなる
➡次の日にぎっくり腰になる

これを避けるにはどうしたらいいでしょうか。
庭仕事は骨盤を歪ませますので、
その対処法は  ①散歩
           ②アイシング
になりますので、
庭仕事を終える➡家の周りを15分歩く(運動靴で歩き、荷物は持たない)
➡帰ったらシャワーを浴びる(湯船にはつからない)
➡シャワーを浴びたあとは畳や床に横向きに寝っ転がり、おしりをアイスノンなどでアイシングする

 これをやってもらいますと、庭仕事の後のぎっくり腰のリスクは大幅に減少します。庭仕事をやられる方はやってみてください。
 それでは蒸し暑い季節です。皆様お体をご自愛ください。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月08日(木)

ファスティングを体験しました。

テーマ:東 裕之

"ファスティング"という言葉をご存知でしょうか?

 

日本語に訳すと「断食」

断食と聞くと、修行を思い浮かべる方が多いかもしれません。現在では、ダイエットを目的にされる方が多いですが、体内の毒素を排出するデトックス体質改善を目的とすることが増えて来ています。メタボ対策もそのひとつと言えるでしょう。

 

ファスティング(断食)を行えば、確かに体重を落とすことは出来ますが、誤ったファスティングは健康障害を引き起こすことも指摘されています。

水だけを飲んだり、ひたすら同じフルーツばかり食べ続けるようなものは、一時的に体重が減少しても、リバウンドする確率が高いものと言えます。また、食生活の欧米化ストレス運動不足などから、デトックス(体内から毒素・老廃物を排出させる)が出来ない人が増えています。

体内に毒素が溜まると、栄養の吸収率がさがってしまいます。長期の蓄積ともなれば、重大な病気の発症にも繋がってしまいます。

 

現在日本には、食育基本法(2005年6月10日成立)というものがあります。

「食育によって、国民が生涯にわたり健全な心身を培い、豊かな人間性を育むことを目的としている」というものです。

農林水産省において食育とは、

①生きる上での基本であって、知育、徳育および体育の基礎となるべきもの

②様々な経験を通じて、「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することが出来る人間を育てること、

と定義づけていますが、飽食の時代と言われる昨今、添加物を一切口にしない食事を摂ることは、なかなか難しいです。

 

この度私は、2週間前に「断食メガネの田中」こと田中裕規先生のご指導のもと、ファスティングを体験しました。

田中先生のファスティングは「田中式ホリスティックファスティング」http://n-lab.co.jp/  と言い、飲まず食わずのファスティングとは違い、最低限の栄養とミネラルを摂り、水をたくさん飲むことで血中に排毒された有害物質を尿で排出させるというものです。

また、最新の栄養学をわかりやすく、かつ詳しく説明する事に重点を置き、ファスティングの理論を納得した上で、無理なく実行できるように考えていて、自宅でも手軽にできるものです。

 

私の場合、ファスティング開始の2日目までは空腹感と疲労感がありましたが、それ以降、朝は目覚ましが鳴る前にスッキリと起きることができ、空腹感もさほどなく最終日を迎えられました。

期間中は、LINEのやりとりで体調の状態を確認して頂いてました。

ファスティングを終え、体重は4kg減をキープ、目覚めの良さは続いていて、味覚が研ぎ澄まされた気がします。

決して安い金額ではありませんが、この貴重な体験をムダにしないように、今後の食生活の見直しをしていくつもりです。

 

食育基本法のもと、、我々はどれだけの健全な食生活を実践できているでしょうか?

年々、医療費が上昇しているようです。医学の進歩はめざましく、ガンや認知症を治せる世の中もそう遠い未来ではないでしょう。

しかし、食の見直しによる、病気にならない体づくりが、将来の課題であると、私は考えます。

 

                       東裕之

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おかげさまで15周年
東京・吉祥寺のバキバキしない整体院

きむらカイロプラクティック・吉祥寺

■東京都武蔵野市吉祥寺南町1-11-11武蔵野ビル5階
(焼き鳥いせや本店前)
■TEL. 0422-41-3240

■火・祝定休 月曜日不定休 (土日営業)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月01日(木)

首がつらくて夜中に目が覚める働き女子へ

テーマ:木村えこ

こんにちわ。

きむらカイロの木村絵子です。

 

前々回のブログで

新規の方のみではありますが

営業時間外もネットで予約ができることを書きました。

 

20173/31ブログ

当院がはじめての方に必ず電話カウンセリングする理由

 

わたしが

ネット予約をスタートして良かったな

とはじめに思ったのは

首肩のこりと痛みでいらっしゃったK様(30代女性)から

こんなことを言われたときでした。

 

「とにかくずっと首がつらくて、

寝ても夜中に起きてしまうんです。

明け方4時におきて

もうだめだ!って思って、スマホで検索して

それでネット予約しました。」

 

確かに、K様が週末の予約をされたタイミングは明け方の時間でした。

 

はじめは夜勤明けの方かなと思っていましたが、

来店されて、詳しくお話を伺ったときに上記の様な経緯を知りました。

 

1回目の施術で、夜中に起きてしまうほどの首肩の辛さはなくなりました。

 

それでも残る首肩の張り感も2回3回と来ていただくにつれ、だいぶ楽になったようです。

 

デスクワークのお仕事なので、出来るだけ首と肩の力をぬくように意識してください、とアドバイスしました。

 

首や首の付け根周辺の関節に歪みがあると

眠りが浅い

脳が鎮静しにくい

などの悪影響がでることが考えられます。

 

夜中に起きてしまうくらい首肩がつらい人は

首肩に負担の少ない当店のALCK法で

歪みを整えてみませんか?

 

                      木村絵子

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おかげさまで15周年
東京・吉祥寺のバキバキしない整体院

きむらカイロプラクティック・吉祥寺

■東京都武蔵野市吉祥寺南町1-11-11武蔵野ビル5階
(焼き鳥いせや本店前)
■TEL. 0422-41-3240

■火・祝定休 月曜日不定休 (土日営業)

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月18日(木)

暑さと五月病

テーマ:村尾 謙

 皆さんこんにちは。きむらカイロの村尾です。楽しみにしていたゴールデンウイークも終わってしまいました。楽しいことは「あっという間」に終わってしまいますね。
 私は久しぶりに家族とゆっくりとすごしました。皆様はいかがお過ごしでしたか?
 今回のゴールデンウイークは天候に恵まれました。気温も日中は30℃近くまで上昇した日が続きました。まさに春から初夏に季節が変わっていきます。

 

 今日はこの季節の変わり目に多く見られる症状を考えてみたいと思います。    

 私は以前汗をよく掻く体質だったのですが、最近は汗をあまり掻けなくなってしまいました。皆様もご存知のように人間は暑い時に汗を掻いて体温を調整しています。そのため汗を掻けないと体の熱を外に放熱しにくくなるので、暑い日が苦手になります。
 私は時々めまいをおこすのですが、今から考えてみますと汗を掻けなくなってからくらいから、めまいの症状が出てきたような気がします。
 私のめまいの起きやすい時期は4月から5月春から初夏への季節の変わり目が一番多い気がします。
 まだ暑さに慣れていない体で、汗もまだよく掻けないので、熱が体にたまりやすいので、頭がボンヤリしているときに「めまい」になりやすいので、そんな時はアイスノンなどで頭を冷やすようにしています。

 

 5月病などと言われる「不定愁訴」もこんなことが原因の一つではと考えています。
 この時期「なんかだるいな」と感じる時は、アイスノンなどで頭を冷やしたり、散歩やジョギングなどの運動を積極的に行って、汗を掻きやすい体質に変えていくことが大切ではと思います。
 私も休みの日はジョギングなどで、積極的に汗を掻きたいと思います。
 それでは皆様お体をご自愛してお過ごしください。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月11日(木)

辛い痛みはイヤだけど…

テーマ:東 裕之

痛みは大きく3つに分類されます。

 

⚪︎侵害受容性疼痛•••炎症や刺激(切り傷、火傷、骨折、打撲etc.)

⚪︎神経障害性疼痛•••病気などによる神経の切断および圧迫

⚪︎心因性疼痛•••心理的および社会的要因(ストレス)

 

痛みがわからなければ、我々は身体を危険に晒してしまうことになります。いわば防御反応なわけです。

しかし、これらの痛みも必要以上に長引くと、社会生活をしていくにあたり、行動力の低下につながり、そのストレスから他の病気につながりかねません。

 

きむらカイロのブログでは、この"痛み"について何度もお伝えしています。

今回は自分の体験を含めて書かせていただきます。

 

治療のひとつに"ペインクリニック"があります。

ペインクリニックとは、基本的には麻酔科医による疼痛を主訴とする疾患の治療で、主として神経ブロック療法(痛みや神経機能の亢進や低下といった症状の起きている患部に直接針を刺し、薬剤を注入する治療で、上記したすべての痛みに対応)が行われています。

 

GW中に私は、とあるペインクリニック(TVで名医と紹介された)で受診してきました。その治療院では、"トリガーポイントブロック"という治療法を行なっています。

 

⚪︎発痛物質を洗い流す。

⚪︎運動神経をブロックして筋肉の強ばりを取る。

⚪︎知覚神経をブロックして痛みの信号が脳に到達しないようにする。

⚪︎交感神経をブロックして血流を改善する。

 

一時的な抑えではなく、痛みの悪循環を遮断して、治癒へと導くという治療法だそうです。

 

因みに"トリガーポイント"とは、発痛点ともいい、痛みやコリが最も強い部位。痛みの引き金になり得るとされています。

 

私は、数カ所のトリガーポイントに注射を打っていただきました。躊躇いもなくしかも素早く打たれて少し痛かったです。2日連続で診てもらいました。

1,2度の治療で効き目が出る方もいらっしゃるようですが、残念ながら私はあまり変化を感じることが出来ませんでした。

 

きむらカイロに来て頂いている患者さんの中には、「あちこち探し回り、長年苦しまされた辛い痛みを取ってくれる治療院にやっと辿り着いた」と言ってくださる方が何人もいらっしゃいます。

1日も早く痛みから解放されたいのは、誰も一緒ですが、そこに辿り着くのは、運命的なものかもしれません。まず、きむらカイロに来ていただく…一番の近道かもしれません。

 

                    東裕之

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おかげさまで15周年
東京・吉祥寺のバキバキしない整体院

きむらカイロプラクティック・吉祥寺

■東京都武蔵野市吉祥寺南町1-11-11武蔵野ビル5階
(焼き鳥いせや本店前)
■TEL. 0422-41-3240

■火・祝定休 月曜日不定休 (土日営業)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。