【ご報告】

 

 平成29年9月2日、

「日本維新の会」入党申請が承認され
改めて維新の一員となりました。

心新たに、
2015年の選挙の時の皆様とのお約束

 

「大阪の維新が、橋下さんがやってきたことを
杉並の地でなんとしても実現したい!」

 

このことを果たすべく

更なる努力を重ねて参る所存でございます。

皆様におかれましては
引続きご指導ご鞭撻を賜りますよう
心よりお願い申し上げます。

 

【維新への想い】

 

今回の私の入党について、

他の議員さんが、以下の内容をツイッターでつぶやかれていました。

 

「議員としての生き残りを賭けて、このタイミングで入党を決断されたのでしょう。」

他4ツイートも‥

 

この内容が正しいのであれば致し方のないことですが、都民ファーストの出現により、維新に限らずどの党も大変厳しい状況を抱えているのは明らかなことで、的外れな憶測と言わざるを得ません。

 

皆様には、私の正直な気持ちお伝えしたいと思います。

 

私は、「議員としての生き残りを賭けて」

入党したわけではございません。

 

こんな状況下だからこそ、

もう一度、維新の一翼を担いたい。

それが、私の揺るぎない気持ちです。

 

橋下さん不在の、「日本維新の会」ではありますが、松井代表を中心に、日本全国の維新の志士たちが政策実現に向けて全力で頑張っておられます。

 

私もそんな維新の志士となるべく覚悟を持って、再び維新の門をたたきました。

あたたかく迎えて下さった、松井代表をはじめ、維新の関係者の皆様には、心から感謝しております。

 

そして、もう一点、「ご報告」にも書いておりますが、維新への入党は、選挙の時のお約束、

「大阪の維新が、橋下さんがやってきたことを杉並の地で実現したい!」このことを果たすための一歩でもあります。

 

議会においては、引続き、維新らしく、税金の無駄遣いにメスを入れるべく改革に真正面から取り組んで参ります。

 

そして、会議室やSNSだけではなく、維新の話を聞いてみたいと思っている方、維新の政策にご興味を持っている方、そんな区民の方々に、維新をもっと身近に感じていただけるよう、街頭活動等に注力していきたいと考えております。

 

もし、駅等で、薄緑の「日本維新の会」の幟を目にされましたならば、どうぞ、ご遠慮なくお声をかけてくださいね。皆様のご要望やご意見を直接お聞きできれば幸いです。

 

「100の言葉よりも1つの行動」を

実行して参りたいと思います。

 

最後に、ツイッターの件で、お問い合わせ下さった支援者の皆様、友人、知人の皆様、また、いつもブログを読んでくださっている皆様、末筆ではございますが、ご心配をおかけしましたこと、心からお詫び申し上げます。また、皆様から頂いたあたたかいお言葉には、心から感謝しております。

 

杉並では、たった一人の維新の志士ですが、維新の幟に見守られながら、精一杯頑張って参る所存でございます。

 

 

                                          木村ようこ 

AD