今日は枚方市のオープンデータイベントを見学しておりました。

 

 

 

枚方市としてはオープンデータのイベントは

去年に引き続き2回目です。

 

 

オープンデータとは・・・・

近年、各種行政情報を商用利用可能・二次利用可能で、かつ機械判読にも適したデータ形式で提供する「オープンデータ」の取り組みが行われており、公共データの活用による行政の透明性・信頼性の向上、住民参加・官民協働の推進などが期待されています。

 

 

とのことですが、

例えば、行政の情報(避難所の場所のデータ)を公開して

防災アプリ、避難所まで案内するアプリなど作れますよとかです。

 

 

 

去年の1日目

枚方アイデアソン:持続可能な社会の実現の切り札はシビックテック?

 

去年の2日目 枚方ハッカソン:今後につながりそうです。 
 
 
前回は「観光」がテーマでしたが、

今回のテーマは「子育て」

ということで、担当課の子育て支援室からの説明。

 

 
 

次に、インフォラウンジの小林さんからは、
金沢育ナビの案内など

→スマホアプリ、アンドロイドとiosで対応。無料。
出生届の時に案内をしている。
(大阪市の天王寺区のぎゅっともやっている。)


子育てイベントとか、お出かけスポットとか、医療機関、予防接種などの情報が見れる。

オープンソースになっていれば、
枚方市の情報流し込んですぐ使えるようにしたいんですけどね。
著作権の問題とかあるんでしょうか。
(あるとのこと)

子どもの生年月日などの情報入れておくと、
適切な情報を届けてくれる。

リスト表示と地図表示。GPSとか登録した郵便番号から近所の医療機関。

WEBブラウザからもアクセスできるようになっている。

金沢区がデータが全部オープンデータになっている。
民間の方でもっといいアプリができたらいいのにな、と言っている。

行政の方はいつものデータを公開するだけでよくて、
あとは関連データとのリンク。

枚方市の公開データもほかの自治体とフォーマットが似ていればいいねと。


育なび 今後の展開

サービスの質向上
行政の情報だけだとつまんないのでコンテンツの拡充(日々楽しい嬉しい情報)
情報の拡充
UXの改善(検索性の高さとか)
事業の継続性
他地域展開

どこも同じ仕様で子育てアプリ。
オープンソースについては役所の権利の関係があるらしい。
他でシェアできない理由。

このエリアに子どもが何人いるのかも国勢調査のデータも取れる。
 
次は、
 

CoderDojo自体はアイルランド発。
ドージョーという名前がクールということで。
 

全世界で66か国1050か所
日本では60か所くらい。


関西では10か所くらい
枚方は1000番目の道場

教える内容としては
・スクラッチ
・Arduino
タイピングできるようになったら、
HTML、CSS,JAVA
枚方ではスクラッチ、PHP、ios、アンドロイド


プログラミング塾との違いは、
・カリキュラムがない
ので、自分の好きなものを作ることができる、
順序が違う
自分で考えてプログラミングする


・発表時間がある
が、全員ではなく希望者のみ。
→自分で作った作品発表する場を設ける


子どもの希望者が多く、申し込みしていただいてもキャンセルしてもらっていることも。
参加できる子どもを増やしたいということで枚方も立ち上げた。

枚方のコンセプト
パソコンやプログラミングに触れてもらおうと。
物事を新しい視点から見てみる
違う解決方法を試してみる

大人やほかの地域の子どもとコミュニケーションをとる。
(他の地域→他の小学校区とか)


メンター
職業は問わない
チャンピオン(角田さん)と面識がある人
費用負担
円滑なコミュニケーションを心掛けてくれる人
×プログラミングできる人→子どもたちと一緒に勉強してください

詳しい話はCoderDojoをググってください。

課題
運営費用は代表の負担。
運営費用を持続可能な形にしたい。
男の子の比率が高いので女の子にも来てほしい。
Dojoの収支はオープンデータで公開している。


===
 
次はアイデアだし。
 
 
 
 
アプリ候補選ばれたのは以下の6つ
 
【1】
パパ用子守アプリ。
服とか持っていくものとかを教えてくれる。
 
【2】
年齢とか住所とかを入れると、
行政情報が適宜プッシュ通知されるアプリ。
 
【3】
どこの公園にどの遊具があるかボール遊びできる公園か、
駐車場があるかどうかのアプリ。
 
 
【4】
補助金とか支援制度が一覧でわかるアプリ。
保育料とかもお金とかのが一覧で見れるアプリ。
 
【5】
リアル育児ゲームアプリ。
育児前にゲームで学ぶ。
枚方仕様で補助金とか施設はリアルなものを入れる。
 
【6】
キーワードを入れると、それにつながっている情報がぐっと出てきて、
選んでいくと、自分の欲しい情報にたどり着くアプリ。
 
 
14時からは子ども向けプログラミング教室も同時並行で開催されていました。
 
 
==

参加者は23人くらいでした。


私は他の予定もあったため、14時過ぎに失礼させていただきました。
 
来週がアプリ完成ですが、いいアプリができるといいですね。
 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

枚方市議会議員 木村亮太(きむらりょうた)

公式サイト http://kimura-ryota.net/

 

ご連絡はこちらにお寄せください。

hirakata@kimura-ryota.net

 

twitter →@kimura_ryota

 

未来に責任

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━