代表質問、続きまして。


4.将来世代に大きな負担を残さない徹底した市政改革の推進
(5)ふるさと寄附金の充実について
(6)駐車場の有料化について


この2つです。

財源確保関係ということでまとめさせていただきました。

ふるさと納税に関しては、
担当部署が納税課ではなく、地域振興関係や、企画などがやるべきでは?

という話です。


駐車場の有料化に関しては、
様々なご意見あると思いますが、
財源確保の観点からも、施設利用者以外の駐車を抑制するためにも、
やっていかなければならないかなと思っています。

無料枠をどう設定するかの問題もあると思います。





■ふるさと寄附金の充実について
 
【質問】
将来世代に大きな負担を残さない徹底した市政改革に取り組むなかで、ふるさと寄附金の充実を図るとしています。ふるさと寄附金の充実を図るには、効率的かつ効果的に事業を推し進める体制も大変重要と考えますが、現在どういった体制で取り組みを進めているのでしょうかお伺いします。

【答弁】
現在、ふるさと寄附金の担当部署を財務部とし、積極的な事業展開に向けて鋭意取り組みを進めております。なお、返礼品の選定や寄附金の更なる推進について、市をあげて取組みを進めているところです。

【意見要望】
府内で大きな成果をあげている市町村では、多くが政策などを戦略的に取り組む部署や、地域振興などを担当する部署が担っていると聞いています。本市では、「税制課」を担当としていますが、地域産業の活性化にも繋がる特色ある返礼品を選定していくということであれば、より適切な部署があると考えます。また、国では企業版ふるさと納税が検討されるなか、国へ申請する事業の優先順位や企業へのセールスなども考えられ、個人や法人をも含めた本市への寄附金を一元的に捉える体制の見直しを要望します。



■駐車場の有料化について

【質問】
市立ひらかた病院と保健センターについては、駐車場の有料化に向けて平成28年9月から実施するとのことですが、他の来庁者・利用者用駐車場については、いつ頃、有料化を進めていくのかお尋ねします。

【答弁】
来庁者・利用者用駐車場の有料化につきましては、「来庁者・利用者用駐車場の有料化に関する考え方」に基づき、自主財源の確保と受益者負担の適正化の観点から、新たな行政改革実施プランに示している各施設について、課題解決が図られた施設から順次、有料化を進め、平成31年度までに実施してまいります。

【意見要望】
駐車場の有料化については、平成31年度までに順次実施していくとの答弁を頂きました。受益者負担の考え方、適正利用を推進する観点から、本庁の駐車場を含めスピード感を持って取り組んでいただきたいと、これは強く求めておきます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
枚方市議会議員
木村亮太(きむらりょうた)公式サイト
http://kimura-ryota.net/

ご連絡はこちらにお寄せください。
hirakata@kimura-ryota.net

ツイッターアカウント
@kimura_ryota


未来に責任

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━