AED設置事業について

テーマ:
予算代表質疑その11です。

AEDに関しては、公共施設への設置が進み、
救急救命の手段として機能していましたが、
休館日等、施設が閉まっている時間帯に使用できないという問題がありました。

そこで24時間あいているコンビニへの設置を進めることにしましたが、
AEDの使用法も同時に普及をしなければなりあせん。

また、オープンデータに関しては平成25年12月議会平成26年6月議会
同年12月議会で取り上げてまいりましたが、
今春、ついにデータ公開になりました。

【質問】

一般会計予算説明書の、AEDのコンビニ設置事業費についてお聞きします。

AEDについては、これまで公共施設に設置されていましたが、
夜間や休館日には使用できないため、
4月から市内にある24時間営業のコンビニエンスストアにAEDを設置し、
応急救護体制を強化するとのことですが、設置場所の周知方法についてお聞きします。

併せて、AEDを使える市民が増やすための使い方の啓発についてお聞きします。

また、AEDに関しては、いざというときに使用できるよう、
コンビニエンスストアに設置するAEDの情報についても
オープンデータ化について検討いただくよう要望しております。
AEDを設置している施設のオープンデータの公開についてお聞きします。


【答弁】

AEDコンビニ設置事業についてお答えします。

設置場所の周知につきましては、
設置するコンビニエンスストアの入り口にステッカーを掲示するとともに、
市のホームページ等において設置店舗を掲載して周知を行ってまいります。

AEDの使い方の啓発につきましては、
枚方寝屋川消防組合や医療機関と連携して実技講習を実施していく予定です。

AEDを設置している施設のオープンデータの公開につきましては、
AEDを活用していただく上で有効であることから、
公共施設分については平成27年4月から実施することとしています。
また、コンビニエンスストアに設置するAEDついても順次データの公開を実施してまいります


【要望】

AEDについてはいざというときに活用されるためにオープンデータ化、
アプリの活用も含めて進めていっていただければと思いますし、
学校での授業も増やしていっていただきますよう要望いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
枚方市議会議員
木村亮太(きむらりょうた)公式サイト
http://kimura-ryota.net/

ご連絡はこちらにお寄せください。
070-5651-5832
hirakata@kimura-ryota.net

未来に責任

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━