予算代表質疑、6つ目です。

今回は質問内容が多いので、3つに分けます。
(その2はこちら)

こちらのページには、少人数学級充実事業、支援教育学校園支援事業、

基礎学力向上プロジェクト事業、授業の達人養成講座について記載しています。

教育・子育ては、枚方市が教育文化都市をかかげていることからも、

現在最も重要な分野の一つです。

質の高い教育を行うためには、優れた教師による指導、

少人数学級や教員サポーターの増員によるきめ細かい指導、

そして、放課後を利用した自主学習の支援などが必要になります。

教育文化都市を実現するために、これらの点に関し、質問、要望をしました。





・少人数学級充実事業について

【要望】

少人数学級充実事業については要望です。

今後も少人数学級の充実を加速させていただきたいと思います。

もしくは、教員のサポーターの増員を図る等、

子ども一人ひとりへのきめ細やかな指導の充実をさらに進めてもらいたいと要望いたします。


支援教育学校園支援事業についても要望です。

来年度から小中学校に加え、幼稚園在籍の配慮を要する幼児の支援を行うと伺いました。

子ども一人一人が持っている可能性を最大限に発揮させ、
自己肯定感を育てていっていただきたいと思いますし、

関係機関等との連携を図り、事業内容について今後検証していただきたいと要望いたします。



・基礎学力向上プロジェクト事業について

【質問】

平成27年度一般会計予算説明書の基礎学力向上プロジェクト事業経費に関してお伺いします。

平成20年度から各学校で開室されている放課後自習教室について、
事務事業実績測定調書における指標を
「小中学校自学自習力支援システム活用率」とされていますが、

すでに全小中学校の実施が達成されており、今後、参加児童・生徒数の増加を図るなど、
活用の充実を図っていく時期ではないかと考えますが、いかがでしょうか。



【答弁】

基礎学力向上プロジェクト事業について、お答えいたします。 

本市では、児童・生徒の自学自習力をはぐくむため、
平成20年度から自学自習力支援システムを全小中学校に配備し、
その活用に努めてまいりました。

今後、より一層の活用を図るため、各学校の状況に応じて、
より多くの児童・生徒が参加するための工夫を行い、充実に努めてまいります

また、事務事業実績測定調書の指標につきましても、
今後、新たな指標の設定について検討してまいります。



【要望】

事務事業実績測定調書の指標については、
例えば「一人あたりの取り組むプリントの枚数」「一人あたりの参加回数」
全国学力・学習状況調査結果との相関関係を検証して、
指標を設定するなど、考えていただければと思います。



・授業の達人養成講座について

【質問】

授業の達人養成・教科研究事業についてお聞きします。

本市では、「授業の達人養成・教科研究講座」として、「高い指導力
のある優れた教員の育成
を図るとともに、研究の成果を市内学校園に
広めることをもって、本市の児童・生徒の確かな学力を育む」ことを目的に、
指導法の研究を深めていると聞いております。

本市としてこれまでに、2名の教員を「授業の達人」として認証したとも聞いております。

私は、子どもたちの学力を向上させるためには、
教員の授業力の向上も重要な要素であると考えます。

そこで、授業の達人養成・教科研究事業の課題と今後の取組についてお尋ねします。



【答弁】
    
授業の達人養成・教科研究講座についてお答えいたします。

「授業の達人」に認証した2名は、教育推進プランナーとして、
また、指導教諭として、本市が実施する研修や校内研修での指導助言をはじめ、

昨年7月に実施しました「枚方市教育フォーラム」におきましても、
パネリストを務めるなど、

児童生徒の学力向上に向けた取組の一翼を担っているものと考えております。

教員の世代交代が急速に進む中、
この2名の「授業の達人」に続く人材の育成が課題であると認識しているところです。

そのため、今後は、ミドルリーダー層を中心に、子どもが主体となり、
子どもの言語力や論理的な思考力を高めるような授業づくりの研究など

講座の充実を図り、「授業の達人」として認証できる教員の育成に努める
とともに、研究成果のより効果的な発信を行ってまいります。



【要望】

今後も教員の授業力の向上、ひいては、子どもたちの学力向上に向け、
「授業の達人」として認証できる教員の育成を図り、
教員のモチベーションを高めていただきたいと思います。

また、「授業の達人」だけでなく、経験豊かな教員の高い授業技術を動画で撮影するなどして、
伝承・情報を共有できるような効果的な発信をしていただき、
さらなる教員の授業力の底上げを図っていただくことを要望します。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
枚方市議会議員
木村亮太(きむらりょうた)公式サイト
http://kimura-ryota.net/

ご連絡はこちらにお寄せください。
070-5651-5832
hirakata@kimura-ryota.net

未来に責任

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━