さて、いきなりですが
下記の文章をご存知の方はどれだけいるのでしょうか?

(他市の議員に倣ってクイズ形式です)

===
前文

わたしたちは、京・大阪の中間に位し、
自然美と歴史にめぐまれて発展しつづけている枚方の市民です。
自然と調和した生活環境のなかで、
平和で豊かなくらしをすることが、わたしたちすべての願いです。

枚方を郷土として愛するわたしたちが、
いまおしすすめられている地域開発、社会開発を放置すれば、
生活環境を破壊され、都市生活の基盤をくずされ、
くらしと生命の危険にさらされる事態を招くおそれがあります。

わたしたちはここに、みずからの責任と誇りをもって、
民主主義の憲法を生活のなかに生かし、住民自治を実現し、
生活都市、文化、教育都市を建設していくためにこの枚方市民憲章を制定します。


本文

わたしたちは、健康で文化的な生活を営む権利を確認し、
市民生活優先の原則を貫く市政をすすめます。

わたしたちは、花と緑と太陽のまちをめざし、
自然と生活環境を破壊せず、あらゆる公害の防止と排除につとめます。

わたしたちは、福祉社会を実現し、老人が敬愛され、
青年や子どもたちが、夢と希望の持てる社会をつくります。

わたしたちは、手をたずさえて、文化・教育の向上をはかり、
文化遺産をまもり、健全な家庭をきずきます。

わたしたちは、自由と平和を愛し、教養を高め、
お互いに人間を尊重する市民道徳をまもります。

===

これはなにかご存知でしょうか?


市民憲章です。



枚方市民ならわかるものなのでしょうか。。

1971年(昭和46年)1月に市民憲章が制定されています。


詳細は市の該当ページをご覧ください。→コチラ

写真 2014-05-09 17 33 20.jpg
大ホール近くの石碑です。

市民憲章の内容についてではなく、
その啓発事業についてです。


啓発事業なので、
確かに難しい部分はあります。


しかし、
効果測定は認知度や浸透度で図るべきなのであって、
ポケットティッシュの配布個数を目標設定にするのはいかがか
という趣旨です。


今後目標の設定の仕方は検討していただけるようです。





【質問】
予算書99ページに市民憲章推進経費が計上されています。


平成24年度事務事業実績測定調書において、
市民憲章普及啓発事業の指標推移で、
目標設定が啓発グッズの配布数となっています。

この啓発グッズはポケットティッシュだそうですが、
この指標は妥当な設定なのでしょうか。



【答弁】
本事業の指標の設定につきましては、
各種イベント等におきまして、
啓発グッズを配布し、
さらなる枚方市民憲章の普及・啓発を達成するために
設定したものでございます。




【2回目 質問】
枚方市民憲章の普及啓発をするという事業であれば、
その認知度といったことが指標であり、
目標値設定することになるのではないでしょうか。


【答弁】
枚方市民憲章普及啓発事業につきましては、
どのような目標値を設定することが適切か検討してまいります。

【意見要望】
よろしくお願いします。

内容についても少し言いたいことはありますが、
あまり言っていません。