みなさま

こんにちは木村亮太です。


3月議会代表質問の内容その4です。




【質問】
総合文化施設建設は平成12年に決められた計画である。
当時は近鉄百貨店が閉店し、
ビオルネが倒産するという今の枚方市駅前の状況を
想定していたものはおそらくいないでしょう。

建物の老朽化を考えると、
市民会館大ホールの建て替え、改修(=総合文化施設を建設)
は否定はしません。

しかし、駅前再整備ビジョンの策定が先です。

現在の状況を踏まえ、
総合文化施設を新町2丁目に建設することありきではなく、
駅前再整備ビジョンと一体で考え、
ゼロベースかつ柔軟な発想を持って
ビジョンを描くべきです。

見解をお聞かせください。



【竹内市長 答弁】

総合文化施設をはじめとするまちづくりの方向性をお示しし、
総合文化施設の機能や整備手法等の検討を行う考えです。



【意見】
駅前の商業施設が2つもなくなる緊急事態においては、
総合文化施設も大事だが、それありきではなく、
駅前の整備を一体で考えるべきです。


何十年に一度の事業になるのだから、
財源の投資先をゼロベースかつ、
柔軟な発想で考えていくことが必要です。



計画だてて進めていくのも大事ですが、
12年前とは全く状況が違うので再考すべきと思います。


駅前の整備は今後何十年の枚方の未来を決める大事な問題です。

総合文化会館の場所だけを先行決定するのはいかがなものでしょうか。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
枚方市議会議員
木村亮太(きむらりょうた)公式サイト
http://kimura-ryota.net/

ご連絡はこちらにお寄せください。
070-5651-5832
hirakata@kimura-ryota.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━