みなさま

こんにちは木村亮太です。


補助金をもらえるのは最初だけなので、
作った後のことを考えるべき
という内容の質疑です。



■下水道事業会計について
・香里こもれび水路・水面廻廊の維持管理について

【質問】
親水水路として整備してきた経過があり、
今は下水道部が所管している。
樹木剪定等は土木部公園みどり課に移管することで、
コスト縮減、合理化が図れないか?


【答弁】
今後連携していく。


【質問】
この水路の維持管理費は管理委託2500万円以外にも光熱費がかかっている?
その金額は?


【答弁】
光熱費はあわせて600万円


【質問】
合計で3100万円になる。
親水水路としての費用対効果は?
どれだけの人が親水しているのか?


【答弁】

香里こもれびはたくさんの人が周りにいるが、
水面回廊は立地条件を考慮しのどかな水辺の小道をコンセプトにしている。




【意見】
香里こもれびは周辺にスーパーなど商業施設があるので
人は集まります。
しかし、水面回廊は立地が悪く人が集まらず、
親水水路の目的を果たしていません。




そもそも、この事業は補助金をもらって整備をしていますが、
補助金が出るのは最初だけ
その後の維持管理は市が負担しなければなりません






この事業に関わらず、負の遺産にならないよう、
国・府から補助金を貰えるからといって
無条件に飛びつくのではなく、
そのあとに市が負担し続けないといけない
維持管理費用も含めて、判断をするべきです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
枚方市議会議員
木村亮太(きむらりょうた)公式サイト
http://kimura-ryota.net/

ご連絡はこちらにお寄せください。
070-5651-5832
hirakata@kimura-ryota.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━