涙と感動の枝豆物語




□  ■  □  ■  □  ■  □  ■  □  ■  □

「枝豆」と聞くと、どうしても「乾杯の時に頼むもの」「とりあえずビールと枝豆にしておくか」、そんな気持ちを持っていた。

枝豆とは安価で気軽な食べ物──そんな気持ちがなかったといえば嘘になってしまう。

しかし、私は自分で枝豆を育てることにより、枝豆とはとても儚く美しく、そして「とりあえず」で済ませることはできない存在になっていた。

{342CD1D2-BAC2-4900-9414-7D81C51517E6}

今でこそここまで育ったが、ここに至るまでには、ただならぬ道のりがあった。兄枝豆の死亡、葉を食いちぎる虫との戦い、そして晴天続きによる水不足──。

そんな様々な困難を乗り越えて、収穫できたのが


{53D805E3-7CDB-4D84-9434-3745CE19980C}

これである。

もしこれを見て「なんだよこれっぽっちかよ。これならお通しで出る枝豆の方が多いじゃねーか。ははは!」なんて言う人がいたら出てきて欲しい。

私は全力で横っ面をはたくだろう。

いや、もし私が自分で枝豆を育てておらず、誰かが「枝豆収穫しました☆」と言って

{100DBF94-5823-42B1-945E-04A6A3658040}

この写真を出してきたら

「それだけ?」

と言ってしまうだろう。

そういう意味では、私自身も、枝豆を育てて初めて、枝豆の真の価値を知っただけだ。「これっぽっちの枝豆」だと言ってしまう誰かを怒る資格なんてないのかもしれない。

まだここまで読んでも「そうは言っても所詮は枝豆は枝豆。そんなにありがたがるものでもないし、そこらへんに売ってるじゃん」と思う人がいるかもしれない。そういう人は正直に名乗り出てきて欲しい。

私は全力で横っ面をはたくだろう。

とにかく何が言いたいかというと、自宅で採れた枝豆はとても美味しく、今まで食べた枝豆のなかでも段違いで枝豆感が強く、「これぞ枝豆!」といえる一品だった。これほどまでに枝豆感の強い枝豆に、私は出会ったことがない。

もしかしたら今まで食べていたのは「枝豆みたいなもの」であり、私は31歳にして初めて「枝豆」と出会ったのかもしれない。

そんなことを思っているうちに、僅かながらの採れたて枝豆は皿の上からすでになくなっていた。

なんだか物足りなくなった私は、冷凍庫から「冷凍枝茶豆」を取り出して、レンジで温めて食べることにした。常に冷凍庫にある、木村家におけるスタメン冷凍食材である。ちょっとした時に食べれるから便利だ。

先ほど「今まで食べていたのは枝豆のようなものかもしれない」などと言ったが、冷凍の枝豆もなかなかいけるものだ。

これはこれで、やはり美味かったのだった。



□  ■  □  ■  □  ■  □  ■  □  ■  □


↓絶賛発売中です!


 




   

 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ 

 

 

 

□  ■  □  ■  □  ■  □  ■  □  ■  □

 

マイナビニュース連載

アラサーからのダイエット飯

 

Facebook→木村食堂のページ(更新情報+α)


Instagram→木村食堂インスタ

 

そとメシnoteまとめページはこちら

そとメシnoteまとめページ

 

初めましての方はこちらをどうぞ!


今までのレシピはこちらをどうぞ!


AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント(10)