先日、「クマさんに聞く和更紗」で和更紗に触れてきました。
そして現在、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムでは『西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展』。町田市博物館では『インドネシア・ファッション』と称し、インドネシアのバッティックとイカットを多数展示しています。




そもそも「更紗」とは・・・
と言っても明確な答えがあるわけではありません。しいて言えば、多色染の木綿布で技法は様々。

元々はインドで染められていた木綿布が源流です。紀元前後から作られていて、モヘンジョダロの遺跡からも発見されています。
それが、バスコ・ダ・ガマが希望峰を発見しヨーロッパと東洋の行き来が出来るようになると、インドの香辛料を求めて15~16cの大航海時代が始まります。その時の物産の一つとして更紗がありました。


木綿のしなやかで丈夫な風合い(それまでのヨーロッパでは羊毛や麻などのざっくりとした布が主流でした)
今まで見たこともない多色染の鮮やかさ(茜の赤と藍の青を中心に、黒や紫、黄や緑などの多色染。特に茜の赤は鮮烈に映ったようです)
異国情緒あふれる模様・・・ 等々に魅了され、インドのこの布(インド更紗)は世界中に広まっていきます。

日本でも古渡り更紗として、茶人に好まれ大事にされてきましたね。

はじめは「~渡り」と言われるように輸入品として各地で楽しまれていましたが、そのうち自国の文化や風土と相まって各地で地産されるようになります。

インド更紗は、蝋を用いた木版や手書きで描かれます。

それが東へ渡ると手描きのシャム更紗やジャワ更紗(バッティック)となります。ジャワ更紗もインドネシアの各島々によって特徴が異なります(これも奥深いです)


日本では型紙を用いた和更紗となります。(日本の場合は、もともと型紙の技法があったことと、寒さの為に蝋がすぐに固まってしまうこともあり糊が使われました。)そして色や柄は、少なからず友禅や紅型にも影響を及ぼしています。


西へ向かうと、ペルシャあたりでは職人の交流もあったようで木版や手書きのペルシャ更紗が作られるようになります。

ヨーロッパに入ると、はじめは木版で染められていたものが銅板に変わってきます。
今、Bunkamura で行われているフランスのトワル・ド・ジュイもそうですし、英国のウィリアム・モリスやリバティプリントなどもその流れです。




世界の各地を魅了し、今に至る影響を及ぼした更紗・・・ う~ん、奥深しビックリマーク


西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展は7月31日まで、Bunkamuraザ・ミュージアムにて


インドネシアファッションは、前期が7月31日まで、後期が8月5日~8月28日、町田市博物館にて
AD