せつじつね

テーマ:
この前
大学生から進路相談を受けたんだけど
ネイリストって「はかない」からなってもしょうがないよね
て言われたw
理由は、一生懸命勉強したって超有名ネイリストになっても結局結婚して子供産んだら雇ってくれるサロンなってほとんどないんでしょう?
子供預けるお金を払うような感じ??で働いて会社とかも協力してくれないんでしょう?
彼女なりにいろいろ調べたらしいです。
最後のとどめの言葉が
家庭と子供犠牲にしないとバリバリのネイリストになれないんでしょう?
離婚する人が多いんでしょう?

家で
手が空いてる時間に細々とやりたいのがネイリストなんでしょう?

志塚さんは結婚して子供産んで
仕事で嫌な思いしたことってなんですか?



これはまいったな…
ちっとも夢がないゾ!!?( ̄∇ ̄)
そしてそれを私に聞く?!w

すごいところついてくるから
すげえな!
の一言
相当調べたらしい
ほんとにネイリストになりたいんだなとちょっと思った

そしてこの子は
やるからには本気でやりたいんだなって言うのも伝えてるよーーーーーな…
そのためにはネイリストと言う価値を知りたいのかなと

確かに復帰すればしたで産後の事はあんまり
助けてくれると言うか
気にかけてくれたりっていう社会ってあまり無いけどw
なんと言葉をかけてあげたらよかったのか

また会いに来ると言っていたから
何となく納得する言葉と
興味をそそる返答私は返せてあげたのかなあ?と

次会うまでにに言葉を準備しておこうか…
準備はあえてしなくてもいいか

ちょっと違うなぁ
それとも彼女の言う通りなんだろうか
紙一重すぎてわかりませんが

自分の考え次第だと思うし
おそらく
すべて働くと言う事に付きまとってくる問題だよね

離婚しようがシングルマザーだろうが
家族を犠牲にしようが
そこはまぁさて置いて

きっと言いたい事はネイリストと言う職業の価値
憧れだからこその価値観なんだろうなぁと
ちょっと重たい課題だなぁと思いました。



座敷わらしのような子ねw
うちのサロンは
スタッフ半分は
子供もいて家庭もある子です
まあまあ協力しあって出勤してる
それも必死に一生懸命
各自練習してスキルアップしていく


と返答を返したとしても


違うのねそこを聞きたいんじゃないのこの人

私の悩みと私の立場の苦しみを聞きたいらしい


「そんなの言えるか!!!」


正直に答えました


でもその後ちゃんと

いろんなことを話しましたよ

いろんなことを


まぁ何が言いたいかはわかった

自分がどこまでできるかわからないけれど自分のお金を一生懸命働いてお金を
つぎ込む気持ちでやりたいのに不安がある部分があるのか


私はこの歳の頃には何も考えないでスタートしてたけど

ここまで調べてて多分他の人にも聞いたんだろうなぁ

聞きたいこと言いたい事はすごく伝わってきたよね

私だったら「有名になり稼ぎたいんですけどうしたらいいですか?」

と聞くかな

夢は願ってれば叶う

確かにそうね頑張れば叶う

でも『夢を維持する』

これを叶えようとするとものすごいエネルギーを使うのが女性なんだ


これは大変だ

これに気づいてしまって


大変だ。



フライングタイガーで色んな物で遊んでる場合じゃない様です

ただ言うなら

私の人生を見ての通りいろいろ壁もありますがネイリストになれて幸せです

AD