キムチ王子の美味しい韓国!

ソウルの五つ星ホテル出身のシェフが本場韓国の味をあなたにお届けします!

夢もなく酒に溺れながら高校時代送った若者が、ソウルの五つ星ホテルの料理人になりました。 そして彼は27歳になって、夢を抱き、海を渡って日本にやってきました。

27歳コックの小さな夢左矢印左矢印若い料理人の夢への物語り


毎日新聞に掲載されました。
$キムチ王子の美味しい韓国!



キムチ王子への連絡は下記までお願いします。


手紙 kimchiprince@me.com



テーマ:
アンニョンハセヨ、キムチ王子です。
独立して一週間が経ちましたが、週末に家にいる事がまだ不慣れな感じです。
土・日を家で過ごせるだけでも幸せな気分ですニコニコ
 
今日は去年カナダでの仕事の話をしたいと思います。
その仕事は、韓国のカナダ大使館が主催する世界民間航空機構のパーティーでした。
趙善玉先生のお誘いで国の行事に僕も参加することができました。
 
数百人の各国の大使を招待してのパーティーでとても大きな仕事でしたが、
日本を出発する前から大きなトラブルに遭いました。
チケットは大使館で手配してもらい、日付と時間を確認して成田空港に向かいましたが・・・
羽田!?
マジかよ~~!
大使館には成田出発でお願いしましたが、何故か羽田出発になっていました。
当然成田空港だと思い、場所を確認しないで向かってしまいました。
スケジュール上、出発を延ばすことができなかったので本当に焦りましたアセアセ
 
何とか成田出発に替えてもらって出発することはできましたが、それで終わりじゃなかったです。
カナダ行きは人生で一番長い旅になり、映画をみてみても着かず、機内で何回ご飯を食べたのか分からないくらい長い旅でした。
ようやくトロントに着いてモントリオール行きの飛行機に乗り換えをするところでしたが、荷物がない!
普通に乗り換えをする時って荷物は気にしなくても大丈夫ですよね。
しかし、国際便から国内便に乗り換えをすると自動で引き続きできないってことでした。
韓国から先に現地入りした先生からトロント空港のピザが美味しいと聞いていて楽しみにしていましたが、ピザうんうんするところじゃなかったですね。
 
まさかのトラブルで飛行機を逃すところで救世主に出会いました。
列に並んでいる時、善玉先生が現地に住んでいそうな韓国人を見つけて声をかけたところ・・・
 
何とカナダに20年以上住んでいて、航空会社に勤めてる方でした。
「大丈夫ですよ。」
「心配しないでください。」と言って流暢な英語ですべてをすらすらと解決してくれました👏
着く前からトラブルばかり遭いましたが、
無事にモントリオールに着くことができて仕事を始めることができました。
 
パーティーの詳細は次回紹介しますのでお楽しみに^・^
 
独立したキムチ王子の姿を覗いてダウンみてください。
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>