愛の在る歌

アマチュアアーティスト支援プロジェクトである“ai-R”主催の、kimkimの活動記録とその告知。


テーマ:

昨日、トライバルハウス主催の『Modern Age Marketing TOUR』、

Twitterとのマーケティング講座を、聴講してきました。

 

 

ザックリ言うと、

音楽含めた、エンターテイメントのプロモーションを、

Twitterの様々な機能を駆使して、

どれだけ活用の幅を広げられるかと言うのを、

過去の実例を交えて紹介してくれる様な内容。

 

普段ボク等が、Twitter開いた時に何気なく見させられてる様な広告は、

一体どの様な仕組みになってるかなどの説明があり、

いわゆる宣伝費を、Twitterにしっかり投下した時に、

どんな作用が期待出来るかが分かりました。

 

やはりTwitterって、

何かが起こってるリアルタイムに乗じるコトで、

さらなるバズを呼ぶ起点となりえるツールなので、

そのタイミングに合わせてしかるべき仕掛けを作っとくコトで、

よりよい相乗を得られると言うコトです。

 

確かに、そんな風に狙った通りに、

キレイなバズを作ってみたいと思うわ。

 

 

しかしまぁ、そんな配布されたパンフに、

明記されてる金額の最低値なんて言うのは、

ボクがプロモーションで使ったコトなんて全くない金額で、

全然現実的に感じれなかったなって言うのが本音です(笑)

 

 

 

中盤以降は、Twitterでのブランディング含め、

一体どんな風にヒトの心に潜んで、

興味喚起を煽っていくかって言う、

“トライブ”の巻き込み方の話に。

個人的には、こっちの方が割とリアルに想像しやすくて勉強になった。

 

 

コレは、今ちょうどアーティストのプロモーションの話で、

TwitterなどのSNSだけを使って、

どうやったら認知を大幅に獲得するコトは出来るのかと、

いろいろ考えて試してみようと思っているのだけれど。

そう言った話を改めて聞いて、

その可能性を広げる理論の考え方って言うのが、

自分が大きく間違っているワケではないと感じれて、ちょっと安心した。

 

その先にきっと、前段のプロモツイートの様なツールを、

ドーピング的に投下して、

効果をより高めると言う策を講じる必要が出てくるんだろうな。

 

 

 

ただまぁ、自分だってそうだし、みんなだってたぶんそう。

普段無意識の様に何気なくTLを眺めていて、

無意識のウチに、大半の広告を読み飛ばしているワケで。

そん中に、確実に狙ったプロモーションを、

あたかも狙っていないかの様に潜ませるかが重要なんですよね。

 

結局、事前に細かな内部設定が必要なのは当たり前。

狙うターゲットや方向性だったり、

あるいはブランディングやクリエイティブの部分だったり。

Twitterの運用も、何気なくやるのではなく、

結局は事前準備8割ってコトです。

 

 

終了後、1時間程懇親会の時間があって、

いろいろなヒトとご挨拶も出来、まぁ有意義な時間。

 

お酒や、オードブルまで振る舞われたのだけれど、

コレ、参加費総じて無料なのよね…。

 

どんだけ儲かってんだ!

って一瞬考えちゃったケド、コレもビジネスだ。

冒頭の話の様に、ボクが扱ったコトのない位の予算感のアイテムが、

そこで販売されてるワケで。

つまりコレは、販促イベントの一環でもあるのだと。

 

このイベントの参加者の内、

誰か一人でもこのプランに手を挙げれば、

この日のイベントの運営費なんてあっさりお釣りが来るんだよなぁなんて、

何かぼんやり考えさせられました。

 

 

 

 

 

 

 

この年になると、どんなコトに対しても、

自ら進んで勉強をしに行くと言う行為を、

どんどんしなくなってく気がしていて、

それがスゴくヤバいコトだなと、最近とても痛感している。

 

それこそTwitterのタイムラインの様に、

日々のあまりの情報の多さに、嫌気が差す瞬間だってもちろんあるケド、

とは言え、自ら情報を取りに行かなくなったら人間終わりだ。

 

 

最近は、とにかく日々、

知識を増やすコトに、ちゃんと時間を割くコトを心掛けてる。

 

自由研究は、小学校の夏休みだけしとけばイイってモンじゃない。

一生掛けて、毎日し続けた方が、成長するに決まってる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の話。

人身事故の小田急線。

 

メンドくさくなって、各駅に座った矢先。
隣にギター持って座ってきたのが、
かつて前職時代に担当してたシンガーソングライターだったと言う奇跡。

その数日前位に、ある関係者と、
『元気にやってるかねー』なんて話をしてたばかりだった。
たまにそーゆうタイミングで、
本当にそーゆうコトあるんだよね。



前職離れてから会ってなかったから、
5年ぶり位だったコトになる。
当時高校生だった彼も、もう22歳か…。
彼は、何も変わってなかった。
でもそれがイイ所だし、それが個人的にもスゴく癒された。


最近は、バンドでの活動がメインだと言っていた。
ウチ帰ってきて改めて聞いたケド、
軸は全く変わってなくて、何だかスゴい安心感だった(笑)

夏になると思い出したくなるようなサウンドだな。

 

https://soundcloud.com/itaruuchimura

 

 

1度ハマると聞き続けたくなる中毒性がある。

 

何と言うか、この音楽って珍しく、
時代が追い付いてくるべきだと思ってて、
時が来れば間違いなく評価されるアーティストだし、
もしかしたらその“時”をも呼び込むアーティストになるかもしれない。

だから彼の動向と言うのは、
様々な関係者が目を光らせていた方がイイと思ってる。


もっとも、スゴくフワフワしてるコな上、
自分でも何でも出来ちゃうから、
どう言ったカタチのヒトがハマるのか、
ボクさえ分からない所ありますケドね(笑)

 

 

 

 


人間って日々何らかのカタチで移り変わってくモノだし、
それはイイ意味でもワルい意味でもそう。
だし、変わらなきゃと言う自意識の中で変わるコトもあれば、
無意識の中で変わってくコトもある。


だからか分からないケド、
不変なコトに対する安心感って、
意外と誰しもにあるんじゃないかと思っていて、
音楽が、時に役割として担うべき1つでもある気がする。
ポピュラリティある音楽の中で、
いつまでも受け継がれるべき音楽って言うのがあって、

例えばオレ等が、急に90年代J-POPが聞きたくなる原理と似ている。

彼の音楽って言うのは、
そーゆう魅力がたくさん詰まっているのだと思った。

 

 

 

ただ、コレも表裏一体なのだけれど、

不変であり続けると言うのは、

常に衰退でもある。

こう言ったジャンルって言うのは、

ボク等が生まれるよりも前にモノスゴくヒットした過去があって、

その波が引いた中で、ボク等の世代の人間が生きているワケで。

 

『やっぱりこーゆう音楽ってイイよね』って思えるのは、

それを一旦忘れたコトのある人間に限られた感情であって。

そう言ったヒト達にそう思い出させる存在って言うのは、

そんな音楽を『何コレ新しい!』って、

むしろ逆に新鮮を感じれるヒト達なんじゃないかと思う。

 

コレを、一周回ったと世の中は言うのだろうな。

 

愛されるべき不変。

でも、それを実感するタイミングって言うのはやっぱり、

時代として何らかの変化がある瞬間なんだろう。


J-POPと呼ばれる、

常に不変的なジャンルの中で、

そこを誰しもが目指してると言うコト。
 

もちろんボクも、

そう言った不変の安心感を与えられるような、
そんな音楽を提供出来るコトが正義だと思ってる。
 

でもだとすると、時代としては一度、

衰退を見た方がイイのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

ボクもたまに会うヒトから、
『変わってなくて安心した!』
みたいな類いの言葉を掛けられるコトがある。

でもやっぱり、この言葉も表裏一体で、
変わらずに持ち続けなきゃいけない核の部分と、
変わらなければ成長できない部分があって、
そのバランスをどう持っておくが、将来を決めるのだと思う。

と言うか、人生の中で常に、一番変化させ続けていく必要があるのは、

そのボーダーなんだと言うコトに、最近気が付いた。
いつまでも、あの夏の思い出にすがっているワケにはいかない。




まぁ、最近ボクが変えたコトと言えば、
洗剤と柔軟剤を変えた位ですが。

匂いって言うのも、自分で続けてるとマヒして分かんなくなるからなー。

そんなコトに気付きやすくのは、きっと何らか変化があった時。

それは、自分も相手もたぶん一緒。

 

年々、汗の匂いも変わってるんだろう。

それはたぶん、年のせい。

この6月は、秋っぽくてキラいではないのだけれど。
それでも夏は、いつだって早く終わって欲しいと願う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログはだいぶご無沙汰になってしまいましたが、

昨日はimmortal noctilucaのスリーマンライブ!

 

何と、個人的には約5年ぶりの西川口ハーツでした。

 

 

前職に入る前までは、

流浪のバンドスタッフ期だったモノで、

この西川口までしょっちゅう来ていたボクです。

2009年には、最多となる年間12回をマークする程来ていました。

しかし振り返ってみると、2011年以来ご無沙汰だったんですね。

 

…にも関わらず、いやはや今回のこのご縁ですよ。

 

ちょうど、リリースのタイミング位で、

今回のお話を頂いたんですが、

ボクのそう言った動向に目を向けてくれていて、

お話下さったハーツの方には本当に感謝です。

神田莉緒香さんのリリースツアー初日と言うコトで、

素晴らしい役所をありがとうございました。

 

 

 

 

対バンで見てもらって好きになってもらうと言う、

インディーズアーティストにとっての“基本”みたいなプロモーションが、

スゴくキレイに成り立ってた日でした。

昨日のスリーマン、

誰にとってもハッピーなイベントになっていたと思う。

 

 

結局こーゆうのって、結果論ありきだなぁと思うのですが、

その“基本”って、言う程全然簡単じゃないって、

ライブハウスで活動してる皆さんだったら、

毎回メチャメチャ痛感するコトですよね。

このファンに打ったら響くだろうって狙った対バンでも、

全然響かなかったりする。

 

そんな中で今回の、『神田さんのファンの方には、ある程度高い確率で好きになってもらえるんじゃなかろうか』と言う仮説は、

ある程度立証されるコトとなって、個人的にはひと安心です。

 

 

昨日のライブで発表となりましたが、

immortal noctiluca、12月2日にワンマンライブが決定しました!

昨日のライブからチケットも発売になりまして、

売り始めとしては、イイ滑り出しになった様です。

そこに向けた弾みとして、

少しでも貢献出来ていたら嬉しいです。

 

神田さん、Chelsyの横でいろいろ見させてもらって、

個人的にも得るモノは多かったです。

意外な来客にも会えたりで、

ライブハウスにいる醍醐味が凝縮された様な1日になりました。

いろいろと本当に、感謝です。

 

 

 

 

 

 

音楽活動の話に限らず、

こうして、仮説を立てる、そこに向かってチャレンジする、

その結果を受けて、また仮説を立てる。

日々そんなトライ&エラーを繰り返すしかないんだ。

そして、そんな中でポジティブな反応をたくさん得られた時にこそ、

少しの痛快さと言うモノが感じれるのだと思う。

 

まぁコレも、簡単そうに見えるケド、そう簡単ではないコト。

でもそれを、どれだけたくさん出来るかがきっと、

ヒトの人生を構築するのだろう。

 

この1ヶ月程、日々何かが動いている様で、

ブログになかなか感情を落とし込めていなかったんですが、

アウトプットが遅いと言われたので、

そこまでのタイム感を、もっと縮めていきたいとも思う。

それがたぶん、上にも通ずる所。

 

少しずつ、ペース戻していきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。