(要旨)

■株の短期売買やFXで儲けたいなら月例経済報告は不向き

■内閣府と日銀は、景気調査の最高峰

■3ページの「総論」と「主要経済指標」の景気動向指数を見る

■設備投資、輸出数量指数、鉱工業指数、失業率のグラフをチェック

 

(本文)

月例経済報告が発表になりました。政府の景気判断を示した重要な文書なので、ニュースでも採り上げられますが、実物を見た事がある人は少ないかも知れません。よろしければ、一度覗いてみませんか?

 

■株の短期売買やFXで儲けたいなら月例経済報告は不向き

「景気について知りたいが、何を見たら良いのかわからない」という人は少なくないでしょう。今は情報が溢れていますから、どこでも景気に関する情報を得る事が出来ますが、かえって何を見れば良いのか迷ってしまいますね。

 

景気について知りたいのは、何のためですか?景気そのものについて知りたいからですか?それなら、月例経済報告はお勧めです。でも、「株の短期売買やFXで儲けるために景気の事を知っておきたい」のであれば、月例経済報告ではなく、マーケット・エコノミストの書いた物を読みましょう。

 

景気を語る人は多いですが、彼等は経済学者(経済学理論を重視する人)、エコノミスト(景気そのものを予測している人)、マーケット・エコノミスト(株や為替を予測するために景気の話をしている人)、破綻シナリオ論者(いつでも破綻シナリオを述べ続けている人)に分けられます。最初と最後はともかくとして、エコノミストとマーケット・エコノミストの情報は使い分けましょう。

 

マーケット・エコノミストは、株価や為替の投資家を対象に情報を提供しています。純粋に景気を語る人に比べると、「金融市場参加者が知りたい情報、たとえば日米金融政策、米国雇用統計、日本の日銀短観、等」に関心を集中させています。市場は「美人投票」の世界なので、他の投資家が注目している物を自分も注目する必要があり、経済の全体を万遍なく見渡していては利益が得られないのですから、市場参加者向けの情報提供が万遍ない情報となっていないのは、当然の事ですね。

 

■内閣府と日銀は、景気調査の最高峰

景気そのものを知りたいのであれば、エコノミストの書いた物を読みましょう。エコノミストは大勢いますが、日本の最高峰のエコノミスト集団は内閣府と日銀です。内閣府は、政府の経済政策を考えるために景気を知りたいですし、日銀は金融政策を考えるために景気を知りたいですから、コストをかけて景気調査を行なっているのです。

 

バブル頃までは、景気調査に注力している民間金融機関等もありましたが、バブル崩壊で余裕が無くなってしまったので、以前ほど景気予測にコストをかけられなくなってしまったのです。マーケット・エコノミストの情報は投資家を集めるために有効に使えますが、エコノミストの情報は借り手を集めるための手段としては今ひとつなのです。そこで、金融界が発する情報がエコノミスト情報よりもマーケット・エコノミスト情報にシフトして行ったのです。かつて金融機関のエコノミストであった筆者としては、個人的には残念な事ですが。

 

■3ページの「総論」と「主要経済指標」の景気動向指数を見る

月例経済報告は、インターネットで簡単に見る事ができます。まずは本体を開きましょう。URLはhttp://www5.cao.go.jp/keizai3/getsurei/getsurei-index.htmlです。表紙に1行から2行で結論が書いてあります。3ページの「総論」に今少し詳しい結論が半ページほどで書いてあります。個人消費、輸出といった需要項目別に状況が書いてあるのです。景気が良いか否かは、需要が強いか否かで決まります。「個人消費が弱くても輸出が大きく伸びていれば、全体としての需要は増えているので、景気は良くなる」といった具合です。そこで、個々の需要項目の状況を見ておこう、というわけです。

 

以下に、数ページの解説がありますが、細かい事は見なくても良いでしょう。景気について真剣に知りたいのであればともかく、普通のサラリーマンが「景気についてもチョッとだけ知っておきたい」と思うなら、解説は冗長です。「主要経済指標」に進みましょう。URLはhttp://www5.cao.go.jp/keizai3/getsurei/shihyou-index.htmlです。図表が数多く掲載されていて、最初は戸惑うかも知れませんが、見慣れて来ると、一覧性があるので便利です。

 

様々な経済指標のグラフが載っていますが、最初に見るべきなのは「(参考1)景気動向指数」の「一致指数」です。内閣府が、景気の動きと関係の深そうな経済指標を集めて来て、それらを一つの指標にまとめたものです。単純に「平均」したわけではありませんが、まあそんなイメージです。グラフには「先行指数」と「遅行指数」も載っていますが、筆者はあまり参考にしていません。

 

「1.国民所得統計速報」に載っている「GDPギャップ」のグラフも、景気を一瞬で理解するには便利です。これも、様々な統計を用いて内閣府が推計しているものです。乱暴ですが、マイナスならば日本経済が需要不足(景気が悪い)、プラスならば需要超過(景気が良い)、といったイメージでしょうか。細かい動きよりも、景気の大きな流れを掴みましょう。

 

ちなみに、「景気が回復している」「景気が後退している」というのは、景気の方向の話で、水準の話ではありません。「景気が下向きから上向きに変わった直後は、景気の水準は低いですが、それよりも方向が上を向いている事の方が大事です」、という事で専門家たちは方向の事を記しているわけです。景気の水準は、一致指数やGDPギャップで見ましょう。

 

5分で景気を見るとしたら、以上ですが、今少し時間がある場合には、主要経済指標の中から以下を参考にして下さい。

 

■設備投資、輸出数量指数、鉱工業指数、失業率のグラフをチェック

理論的には、国民所得統計速報(いわゆるGDP)が最重要なのですが、なぜか日本のGDP統計は振れるので、初心者が見ても何が起きているのかを把握するのは難しいかも知れません。そこで、国民所得統計速報の所は、上記のGDPギャップだけを見て、残りは飛ばして次へ行きましょう。

 

個人消費は、金額は大きいのですが、重要度は設備投資や輸出等に劣ります。しかも、販売側の統計は業界毎の統計なので、全体像が掴みにくいですし、需要側の統計である家計調査はサンプル数が不十分である事などから、結構ミスリーディングな場合が少なくありません。いずれも初心者には扱いづらいでしょうから、これも飛ばして、次へ行きましょう。

 

民間設備投資は、金額が比較的大きく、しかも大きく増減するので、景気に与える影響が大きく、大変重要な項目です。「主要経済指標」では、製造業・非製造業の設備投資(実質)というグラフを見ましょう。四半期データなので速報性はありませんが、設備投資は振れるので月次データより長期のグラフで大きな流れを見た方がわかりやすいと思います。

 

あとは、「地域別輸出入数量指数」のグラフで、輸出の全体(対世界輸出)を見ましょう。日本経済は、国内の需要が弱いので、輸出が増えるか否かで景気が大きく左右されます。それも、金額ではなく数量が増えると生産が増え、雇用が増えるのです。輸出入については、金額の増減が報道される場合が多いのですが、「前年比でドル高になったから円換算した輸出金額が増えたが、輸出数量は増えていない」ならば景気への影響は限定的です。「輸出企業がドル高で儲かった」のと概ね同金額を「輸入企業がドル高でコスト増になった」はずだからです。

 

輸入は、「景気が良くなったから増えた」という場合もありますが、筆者はあまり見ません。「急激な円高で輸入が著増して国内生産を圧迫している」といった場合だけ見れば良いでしょう。貿易収支や経常収支は、重要な統計ではありますが、景気との直接的な関係はほとんど無いので、今回は見なくて良いでしょう。

 

次に、「鉱工業生産・出荷・在庫・在庫率」の推移のグラフを見ましょう。生産が増えているかが最重要ですが、在庫が溜まっているかも重要です。単月の振れはともかくとして、在庫が数ヶ月にわたって高水準を保っているようだと、景気に黄信号が灯っているのかも知れません。

 

あとは、雇用情勢の「完全失業率と有効求人倍率の推移」で景気の状況を確認しておきましょう。これらは、景気の予測には使えませんが、景気の現状を確認する際には重要ですから。

 

経常利益は、「景気が良ければ企業収益が改善する」ということでしょうから、一応は見ておきましょう。もっとも、かつてよりは注目度が下がっています。かつては「利益が増えたから設備投資が増えそうだ」と言えたのですが、近年ではそうは言えなくなっているからです。儲かっても国内の設備投資は減価償却の範囲内に留める企業が増えているのです。

 

物価関連は、マーケット・エコノミストは金融政策との関係で注目しているようですが、景気を見る上では重要ではありません。理論的には「物価は経済の体温計」と言われますが、景気が回復を始めてから物価が上昇するまでのタイムラグが長いので、むしろミスリーディングでしょう。急激なインフレで日銀が厳しい金融引き締めを行ないそうだ、という場合にのみ注目すれば充分です。

 

為替レートは、今の景気を見る上では重要ではありませんから、よほど急激な円高が進んでいて輸出の急減が懸念されるような場合以外は、特に注目しなくて良いでしょう。

 

株価は景気の先行指標と言われますが、関係は複雑ですし、「景気を知るために株価を見る」事は有益とは思われません。

 

以上です。

 

P.S.

編集時に拙著の宣伝を追加しました(笑)。

AD