黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:

アマゾン読み放題は、ちょっとした著作を読むのに適している。

気楽に読めるところがいい。

 

実はこれらの小作品は、作者によっても良い制度だろう。

アマゾンには100円ブックスもたくさんあるが、読み放題には、そんな著作が多い。

 

そんな小品の作品の著者の本を、あるだけ読んでみようという気になる。

紙の本を売るには、それなりの厚み、ページ数というものがないと、

どうしても、本らしくないし、買う意欲を起させない。

すくなくても、岩波新書、岩波ブックレット程度の量がないと、紙の本としては

なんとも、こころもとない(これは、心理的な印象なのだが、本屋で

パンフレットのような本はなかなか買えない。)

 

ところがであるアマゾン読み放題なら買えるのだ。(読めるのだ)

そして、電子書籍の作成の心得があれば、数十ページの本ができれば

それで、買ってもらえる(読んでもらえる)

 

現在、アマゾン読み放題で読みまくっているのは、ポケモンGOの本だ。

強くなる秘訣や強いポケモンの見分け方は分かったのだが、同じ色チームの

ジムで、空きスペースがない場合に、どのように自分のポケモンを置いたらいいのかが

解らない。トレーニングをすると、ジムレベルが上がると書いてあるが、実際やってみると

どうなっているのが、解らない。その辺のことが、詳しく書いてある読み放題の本を探して

アマゾンのジャングルを彷徨っている。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

アマゾン読み放題のいいところ

 

アマゾン読み放題で、読んでみてその著者の他の著作を読んでみたいときに、その作者の著作が、アマゾン読み放題になっていると、心置きなく読めるので、いい制度だ。

 

アマゾン読み放題は、一度にダウンロードできる冊数は10冊ときまっているので、読み終わった本を消して行かないと次の本を読めないのだが、気楽に読むには、いい制度だと思う。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

アマゾン読み放題をやってみると、無限の冊数を、Kindle とかにおとすことはできない。

一度にキープできる冊数は決まっていて 10冊まで。

 

11冊目を読む場合は、10冊のうち、どれかを削除しなければならない。

何度も読み返すような本は、読み放題には向かない。

その意味で、図書館で、一度に借りられる図書は、何冊までと決まっているように

一度に読める量は10冊までなのだ。

 

すると、アマゾン読み放題は、個人のための有料電子図書館というべき存在のようだ。

読み終わった図書は、捨てなければならない。(もしくは、返却しなければならない。電子書籍なので返却というより、捨てる、削除という考え方。)

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

読書をスマホに組み込まれたKindleやKinoppyを基本に行なってきた。

主な読書時間は、通勤の電車往復2時間(片道1時間程)が主な読書時間であった。

ところが7月以降、読書量は激減している。

ちょうど、10円電子書籍「神々の指紋」(上下)を読み終えたので、ちょっと一息

という感じでもある。

Kindle読み放題を利用開始。Kindle 読み放題といっても、読みたい本が対象に

なっているわけでもないので、どんどん読めるという訳ではない。(読みたいと

思うような本は、Kindle読み放題に入っていないのが通常だ。)

そこで、目をつけたのが、ポケモンGO攻略本がいくつかあったので、読み放題を

つかって読んでみた。もともと、このような攻略本は、価格自体がやすいので、

読み放題の料金分読むのは難しいし、さほど、いろいろな種類があるわけではないので

その量も知れている。中には、英語の本を、そのまま、機械翻訳をして、ほとんどノーチェックで出版したものもあった。それを読むと PokemonGO が、ポケモン囲碁 に翻訳されているので結構楽しめるには、楽しめるのだが。緊急出版したかったんだろうな。

ポケモンはアメリカが先行していた関係で、ポケモンGOの攻略本の裏ワザは、アメリカでの英語情報から得ているように思われる。昔も、今も、英語を読める人は、人より一歩先の情報を得ているようだ。(小学校の英語教育は、PokemonGO 攻略本の英語を読ませると、ものすごい勢いで上達するにちがいない。と、会社名をニアンテックとしか発音できない私は思う。)

 

ポケモンGOは、人が歩くことを前提に考えられたゲームなので、電車の中や自動車の中では、使えないはずなので、電車の中では、おとなしく電子書籍でも読めばいいのだが、スマホをみると、ポケモンが気になって、とても、電子書籍を読む気にならない。

その点、タブレットは、ポケモンGOをインストールできないので、タブレット型や専用電子書籍端末の人は、ポケモンに誑(たぶら)かされる心配がなくていい。

 

当面、たぶん、年末頃までは、ポケモンGOと格闘しそうな気配だ。

 |  リブログ(0)

テーマ:

電子書籍の強烈なライバルは、ポケモンGOかもしれない。(または、他のゲームかもしれない。)

 

スマホには、たくさんのゲームがあるらしいのだが、やったことがない。

ポケモンGOというのが、面白いというので、やってみた。都会のポケモンGOは

入れ食い状態なので、とれること、とれること もう、300匹ほど捕まえた。

博士に送ったのも、あるので、実際は、もうすこし多いかもしれない。

モンスターボールもどんどん手に入るので、持ち物がすぐに一杯になってしまうので、

相手を求めて、総攻撃を仕かけに行くしかない。

なんとも、巧妙なシステムである。

 

気が付くと、電子書籍が、読みかけのまま、長らく、スマホで放置されているではないか。

 

本来、ポケモンGOは移動することで成り立つゲームで、電子書籍は座っている時に、読むもので、うまく棲み分けはできそうな気配であるが、現実は、どうもうまくいかない。

電車に乗っていても、ポケストップの前を電車が通過すると、モンスターボールやキズ薬がどんどん手に入ってしまうのを発見したからだ。

捕まえたポケモン強化や進化もやらなくてはならないし、貯まったポケモンは博士に送らなくてはならない。いろいろメンテナンスもしなければならないし、ポケモンの使い方の調べなければならない。

 

さて、アマゾンの読み放題、定額サービスがスタートした。

読み放題といっても、読める本は12万冊あまりで、メジャーな本があるわけではない。

結局、読みたい本は、買うことになる。

読み放題の本を漁っていたら、ポケモンGOの本を見つけた。まあ、読み放題だということなので、さっそくゲット。入門書だったので、書いてある内容は、特に目新しいことが書いてあったわけではないが、ポケモンを「博士に送る」という方法を一つ知った。

今度は、読み放題で、ポケモンの中級編を手に入れたいものだ。

そしたら、モンスタージムに殴り込みだ。そんじょそこらの若造に負けていられか。

あまりにもつたない知識で、殴り込みをかけると、あっさり、返り討ちにあいそうだが。

 

なかなか、電子書籍を読む時間をつくるのが、難しくなった。

7月以降、日本の電子書籍の受け上げが低下したら、きっと、ポケモンGOのせいにちがいない。

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

日本でも、いよいよ アマゾン 定額サービススタート


日本でもKindle Unlimited、月額980円の定額読み放題 ... - Amazon

www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20160803/
日本でもKindle Unlimited、月額980円の定額読み放題サービスを開始 書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊、洋書120万冊以上がお手持ちのiOS/Androidスマートフォンやタブレット、 Kindle電子書籍リーダーやFireタブレットで読み放題に

 |  リブログ(0)

テーマ:
熊本で大きな地震。
最近、あまり、地震が発生していなかったので、びっくり。
地震の発生には、日ごろから注意をしているのに、
地震予知は難しいものだ。
せめて、2時間前とか、30分前に、警報が出てもよさそうなのに
なかなかできないのが、残念。



現在、長編SF小説(全18巻)の読破に奮闘中。
本当は、電子書籍読みたかったが、電子書籍がないため、古本を買い集めての読書となった。
毎日の通勤時間、お昼休みと読書をつつけて、現在14巻目に突入中。
(諸事情により、自宅では読書をしない(できない?)ので)

いよいよ、終わりが見え始めて、なんだか、さみしい気分もちらほら。

この長編SFの最後は、どうなってしまうのか、最後を覗いてみたやら、
いろいろな衝動を抑えて、ただひたすらに読み続ける。

1巻毎の後半になると、次の本をカバンに忍ばせての読書です。
今回は、文庫本だったので、あまり、カバンが膨らまずに、読んでいるが
大きな本だったらどうしよう。

そろそろ、次に何をよむか、探しはじめないといけないな。


 |  リブログ(0)

テーマ:

アメリカで、Apple が、電子書籍を高値で売ったといって、訴えられてしまった。アメリカには再販制度はないので、どのような本をどのような価格で売っても問題なさそうだが、いろいろ難しい問題あるようだ。

難しい問題だ。


アップル、電子書籍の価格吊り上げ談合につき4億5千万ドルの ...

japanese.engadget.com/2016/03/10/apple/
2016/03/10 - アップルが大手出版社5社と共謀して電子書籍価格吊り上げをしていたとされる訴訟につき、米最高裁はアップルの上告 ... アメリカでは1975年に再販制度が禁止されて以来、ホールセールモデルが標準で、電子書籍にも流用されています。
 |  リブログ(0)

テーマ:
先日、書店で2冊を購入して、1冊目を読了。続けて、2冊目を、読もうとしたら、
本が行方不明に。(まさか、家族のものが読むわけもなし。)
しかたがない、他の本でも読むか!

電子書籍なら、行方不明にならないので、いいのになあ。

本を持ち歩いたり、置いておいたりすると、家族のものに、何を読んでいるのか
ばれてしまう。もちろん、ばれて困るような本を読んでいるわけではないが。

「お父さんは、世界陰謀論の本が好きだねェ」と、言われてしまう。

「もっと、ちゃんとした本を読みなさい。」

「え!、それって、まさか、西村京太郎の推理小説を読めっていうことではないよなぁ。苦手なんだよな。推理小説は。適当に読んでいると、事件が起きたんだか、登場人物がだれなんだか、わかんなくなっちゃうから。気合を入れて読まないと、いけないので面倒なんだなぁ。その点、世界陰謀論の本はいいぞ。犯人は始めからちゃんと書いて説明しているから」

やっぱり、気楽に読むなら、電子書籍だよね。

行方不明の本、どこから出てくるのかな。(このミステリーを一生懸命推理しないとならないな。)








 |  リブログ(0)

テーマ:
書店や図書館の楽しみは、銀ブラのウィンドショッピングのように、ブラブラ歩いてブラウジングできることだ。
家族との買い物で、書店に立ち寄ると、家族がいろいろ本を探している間に、時間を持て余して、ブラブラしていると、いつしか、2、3冊手の中にあるのは、なぜだろう。
困ったものだ。特に、買おうとおもったものがあったわけでもないのに。
そうこうしているうちに、家族も、買うべき本もきまり、後はお願いねと、本だけ私に、渡して、出ていってしまう。
まさか、会計する店員さんに、こんなおじさんが、こんな本を読むのかしらと、思われはしないかと思いつつ、会計をお願いすることになる。別に、そんなに変な本ではないはずだが、ライトノベル好きおじさんと思われても困ってしまう。まあ、毎日たくさんの本が売られていくのだがら、誰が何を買おうと、誰も気にしていないと思うけれど。

書店で、最近ラジオやテレビでみたことを思い出して、本を探してみると、大概、それらの本はない。(すこし、出版してから数年を経過している場合が多い。)
時には、思い出せない場合もおおい。いったい、著者の名前や本の題名があやふやだ。
とりあえず、お店の中の書籍端末機で探してみても、検索ヒット数の多さに、諦めるしかない。手がかりはほとんど得られない。銀行のATMならいざ知らず、書籍検索端末に、なんども、アイウエオを入れるのは、なかなかしんどいし。
というわけで、結局、家に帰って、オンライン書店で、注文する羽目になる。
1冊のつもりが、つい、2、3冊。

さて、オンライン書店のサイトを覗いていると、おもしろいページをつけた。

http://k-kinoppy.jp/gakujutsu/gakujutsu_page/

kinoppy むけ、書店別電子書籍一覧だ。
おもしろい本がないか、探し始めたが、著者とタイトルしかない。
いったい、いつ出版された本のか、価格はいくらなのかが、1つ1つ開けてみるしか
わからない。
みると、200円程度の価格もあるし、10000円以上のものもある。
でも、安い価格が提示されていれば、暇つぶしに、買っておくというのもありだ。
なぜなら、電子書籍は、暇つぶしでも結構、読めてしまうからだ。

たとえば、短篇小説なら、短篇を1つずつ50円で売ることだってきるかもしれないし、複数の著者のものは、バラ売りだって可能かもしれない。
もちろん、全集40巻を1電子書籍にしたっていい。
紙ではできないいろいろな販売方法が可能な気がする。その分、手間暇かかるのだが。

電子書籍のブラウジングがいろいろできると楽しいのだが、それが簡単になってしまうと、ますます太ってしまうに違いない。




 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。