黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:
自動化書庫の優れた機能の一つには、所在場所をきめなくてもいいということがある。

物理的なものには、所在を決めておかないと、後から、探すことができない。
しかしながら、自動化書庫の場合は、コンテナ内に入れてしまえば、その場所にあるので、自動化書庫内にあることだけがわかればよい。

このことは、非常に便利だ。置く場所にを悩む必要がない。
利用したければ、OPACで、出庫指示を出せばよいので、探し回る必要がない。

もちろん、出庫された後は、ちゃんと戻さなければ、所在がわからなくなってしまうのは、仕方がない。OPACを見ると、入庫されていないのか、いるのかもすぐわかる。
長期にわたり、入庫されないと、これは、不明になってしまった可能性が高い。
書架に間違って置かれてしまう可能性も大きいのだが、図書館内には、その資料の置かれる場所がないので、不明になってしまった可能性が高い。
(強いていえば、図書館内で探すべき場所がない。)

図書館で配架場所は、非常に大切で、図書が、どの場所にあるかどうかは、重要である。
そのために図書館は、書架管理にエネルギーを注いできたわけだ。

しかし、自動化書庫は、その概念と違った概念で存在している。


AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
図書館システムのピークが過ぎようとしている。

どうして、そんなことを言うのだろうかと思う人がいるかもしれない。

一つの例は雑誌受入管理システムだ。

雑誌が、大学図書館から、急速に減っている。その減り方は、
どんでもないことになっている。

2000年頃がピークとすると、10分の1、20分の1になっているのだ。
それも、一つの図書館の出来事ではない。全国的 いやいや、全世界的なのだ。

この時の5000タイトル、10万冊の雑誌を受け入れていたと仮定しよう。
(大学紀要や寄贈の雑誌を含めて、考えると、そのくらいはありそうだ。)

しかし、2015年の現在は、どうだろう。
500タイトル 5000冊程度の受入になっているのではないか。

この500タイトルいう表現は極端な数字かもしれないが。
購入していた雑誌は、どんどん電子ジャーナルになり、
寄贈されて紀要は、どんどん停止され、
どんどん減っている。

図書館システムとして、機能はどんどん進化して、便利になったが、
では、雑誌の年間受入冊数は、どんどん減ってきたのが、現実だ。

だと、すれば、高機能図書館システムである必要はあるのか。
高性能である必要はあるのか?

昔のようにPC98の図書館システムでもよい時代が来てしまうのかもしれない。

どの意味で、雑誌の受入処理件数のピークは、かなり前に過ぎている。
いろいろな意味での処理件数は、どんどんい落ちているはずだ。

だからといって、学生が、以前より情報を活用できなかったり、
情報入手できないかというと、そんなこともなく、
以前の、何十倍、何百倍の情報を瞬く間に得ているのだ。

単に図書館システムに依存しなくても、いいということになっただけだ。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
かつて、図書館システムの中でも、雑誌管理システムの複雑さは、
大きな問題だった。

電子ジャーナル化が進むと、図書館システムで、受入などを受け入れる
雑誌数も随分と減ってきてしまった。
その分、雑誌管理システムのウエイトも少なくなってきている(はずだ。)
同時に、1図書館が利用できる雑誌(フリーも含めて)数も、
ずいぶん増えた。
その意味で、図書館の中の雑誌の意味は大きく変化している。
(図書館システムの雑誌システムが、複雑である理由はずいぶんへってきた。)



さて、電子書籍が多くなれば、貸出、予約という概念も随分変化するだろう。
もちろん、紙の図書が無くなってしまうわけではない。
しかし、今後、無料な図書も含めて、大量の電子書籍が利用可能になると
図書館の蔵書の考え方もかなり変化するにちがいない。
図書は30万しかないのに、電子書籍は500万冊利用可能ということも
あながち、ありえないことではない。(雑誌では、紙の雑誌が500タイトルで
電子の雑誌が50000タイトルということも、通常起きていることである。
最近、特に、紀要の電子化が盛んである。)


AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
図書館システム特集と言えば、専門図書館が、継続してやっていたが、
今回、薬学図書館で実施。

今回の大きな特徴は、やはり、クラウド型システムも登場だろう。
アメリカでも、本格化運用に時代になったということで、
日本でも、続々実用化されてきている。
今後の動向が気になるところである。

http://www.yakutokyo.jp/kikanshi/search/kan/gou/nen

ということで、黒澤も書いてみた。
興味ある方はお読みください。

《特集:図書館システム》個別サーバー型図書館システムの現状とクラウド型図書館システムの登場

できるだけ、現在の大学図書館の現状を紹介した。
国会図書館システムが大きく変更になり、このことが、いろいろな図書館システムに
どのような影響を与えるかは、まだ、不明。
 |  リブログ(0)

テーマ:
紙の図書を取り扱う限り、収納の限界にぶつかる。
図書館が巨大になればなるほど、建物の建て替えは困難になる。
しかし、それも、どうやらしなくてもよさそうな時代になってきたようだ。

まずは、雑誌の電子化が進み、大量の雑誌を捨てても良い環境が整いつつある。
ユニオンカタログや膨大なアブストラクトも不要だ。
増加目録も不要だ。

視聴覚資料も厄介な資料だが、音楽CD(クラッシク系)はオンラインサービスも始まっている。

独立法人化の荒波のなかで、戦前の図書の資産価値(経理上の価値)は、ほとんど無価値をして判断され、
今後は、大手を振って捨てることもできるようになった。
しかも、酸性紙問題で、本という形自体も壊れている。

そろそろ、図書館の書架が大量にあまり始めている図書館も出始めているかもしれない。
新着雑誌の棚が綺麗に取り払われた図書館ではじめたようだ。
 |  リブログ(0)

テーマ:
図書館の開かずの倉庫を覗くと、そこには、人知れずうず高く積まれた雑誌や古い図書が
または、段ボールに入れられた雑誌や図書が

紙、紙、紙 うーん

それを集めるために図書館はあったが、長い年月の中で、処理しきれなかったものが
いろいろと、かくされている。
 |  リブログ(0)

テーマ:
国際基督教大学図書館のコンピュータ化の始まりをたどると1960年代に遡る。
現在の図書館システムのスタートになったのは1972年の図書館員の学内研修を経て、
プログラムの作成開始に始まる。
国際基督教大学図書館の機械化の歴史

長年使いなれたシステムの移行準備作業を行っている。
1991年以前に作成された書名や著者名のデータのほとんどが置き換えられているが
残されたデータが請求記号だ。
1991年以前のIBMシステム時代の40万件の請求記号が、大文字、小文字の区別無くそのまま
利用されてきた。40万冊分。

請求記号という、短い記号でありながら、大文字、小文字の使い分けが複雑で
論理的な変換というわけにもいかない。
しかも、コンピュータ出現以前の人間を対象にしたルールに基づいているので、
コンピュータソートが、必ずしも書架の配架順番にあわない。

いままでのように、そのまま放置しておく方法もあったが、新システム移行にむけて
変換作業を試みた。
実際やり始めてみると、いろいろな難しさに行きあたった。

 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。