黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:
2013年3月27日 国際基督教大学の卒業式が行われた。通常は参加する機会がないのだが、今回は、案内係の当番に当っていたので、卒業式の開始から終了まで、見る機会に恵まれた。(実に、十数年ぶりに見たような気がする。)卒業対象者が、500名程度なので、卒業生全員の名前を読み上げて、壇上で、教養学部長から学位記を手渡してもらい、学長と握手をする。それに約1時間程かかるのだが、ICUの卒業式らしさなのだと思う。卒業予定者は、全員黒いガウンを着るので、通常の大学の女性の振袖、袴という風景は、みんなガウンの下に隠れてしまい、黒一色での卒業式となる
房のついた、キャップも被る。数人だったが、メイクをしたり、仮装をしたり、返事の代わりに一言しゃべる人もあるが、どうも、ICUの名物らしい。寮生が伝統の一部として、パフォーマンスをするとのこと。厳かな卒業式を、笑いを誘うのも、一興かもしれない。きっと、何度もリハーサルをしてきたんだろうね。

櫻は見事に満開だったが、あいにくの雨になってしまった。
もしかすると、全国の大学でもっとも遅い卒業式かもしれない。
しかし、来週、4月3日には、入学式が行われて、怒涛のような1学期がスタートする。


AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
ホームページの改造を行った。
さすがに、乱雑過ぎてきたので、すこし整理しようとおもった。
誤字脱字の多いのはわかっているが、手が回らない。
書きかけのホームページだらけ。
企画は山ほどあるが、予告ばかりで、追いつかない。
うーん。

リンク切れも多い。
たった数年前にあったのに、もう、インターネット上にはないらしい。Google で、探しても見つからない。
それだったら、こちらで、保存しときたかったのに。
著作権に配慮して、リンクだけにとどめたのが敗因だ。
あるといいのに、消えてしまったのは、惜しい。悔しい。うーん。

21世紀の酸性紙 デジタル情報のファーストファイヤー 瞬間消滅である。

黒澤の書いたものをどんどん変更されるので、なんとも言えないところもあるが。
どのようなホームページがよいのかはわからないが、あまりにも、ごちゃごちゃ過ぎた。

ホームページの改造にともなって、ホームページの名前も変えてもいいかなとも思ったが、
やはり、ドキュメンテーションの名を残しておこうとおもった。

黒澤公人のドキュメンテーションシステムを考える









AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
『大学図書館問題研究会誌』第33号8月25日発売![new]
  • 群馬県立文書館27年 / 宮下明美
  • ArticleFinderとEZproxyの連動運用によって学外からの雑誌論文のフルテキストにアクセスする:国際基督教大学図書館事例報告 / 利根川樹美子,黒澤公人,井手孝次郎
  • 図書館員の人材育成―Webシステム開発に関する基礎知識― / 大学図書館問題研究会福岡支部
  • だから書誌学はおもしろい!!:ヘンリー・ダウアー『大日本』の伝来をめぐって(講演報告) / 加藤詔士
  • 本の現場から(講演報告) / 永江朗

販売価格 会員価格 800円 一般価格 1000円


購入希望者はこちらのホームページをご覧ください。

大学図書館問題研究会

SFXとEZproxy の新しい関係を紹介しています。
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

11月8日には、Kindleで購入で出来る図書数は 301,557冊

11月18日には、309,484冊


約10日で、8000冊の増加 1日あたり800冊のペースで増加

年間で、約30万冊の増加 合計60万冊になることになるが、

来年の今頃は、240万冊ぐらいになっているかも。


単純推計では60万冊になるわけだが、競争激化で、もっと、加速するのではないかと

思われるので、240万冊を予測値としておこう。


今後も年末あたりに 60万突破を予測しておこう。

60万突破するには、1日あたり、5000冊程度の増加が必要ですね。




 |  リブログ(0)

テーマ:

注文していたKindleがやってきた。


私の情報(ID,パスワード、クレジット番号)はすでにセットしてあり、

なんの入力もしないで、本が買えた。

クレジットから10ドル引かれたに違いない。

このKindle に1冊本が入ってきた。空中から (G3ネットワークを経由して)


お金に糸目をyしけなれば、なんでもありですね。


驚きですね。

 |  リブログ(0)

テーマ:

多く使われている語句



 |  リブログ(0)

テーマ:
2009年度、国会図書館に高額な補正予算が組まれたそうだ。

ぜひ、やっていただきたいものがある。雑誌の電子化である。
既に、雑誌記事索引はあるのだから、雑誌1巻分を丸ごとスキャンして、
その巻分をPDFにしておいてくれるといいのだが。

雑誌記事索引で検索して、該当する記事ではなくて、該当する巻丸ごとに
リンクをはってくれれば、それをみて、必要なページ部分を取り出せばいい。

OCR化の必要もなく、簡単にできる上に、利用者への効果は絶大である。
(問題は、ここでも、著作権問題などであるが、複写が許されるなら、
 これでも、いいのではないか)

もし、もう少し、高機能にしたいのなら、雑誌記事索引のページ数で該当ページ数のみの
リンクもしくは、記事の先頭にリンクをはってくれると面白いが、それためには、
膨大な手間が必要になりそうである。

和雑誌丸ごとスキャンしてくれるとうれしいなぁ。
雑誌の場合、製本してある場合がほとんどだろうから、あまり、形態に変化がないので、
大量に一括スキャンしやすいだろう。
問題は、分厚く製本されたノドの部分がなかなかうまくスキャンできないかもしれないところだろう。
それは、紙媒体の複写にしても同様なことがいえるのだが。

 |  リブログ(0)

テーマ:

Kindle の成功で、Googleも参戦予定。


既に戦闘は開始され、当分は、お互いの非難合戦だろう。


Googleにとって、Book Searchを基にしたビジネス展開をする矢先に、Kindleの成功が登場して

思わぬ誤算となったようだ。当初の計画より早めて、とにかく Sony と組んで、Amazonが優位な

立場を確立しないうちに参入したいところだが、体制作りが必要だ。


Amazon と Google との関が原の戦いは、この秋から冬にかけてで、クリスマス商戦が

一つの山場。


Googleが自前の電子書籍リーダーを作成に入れば<Sony との提携もあまり長く続かないと思われる。


Amazonも多言語を意識しているので、日本での販売もう十分検討しているだろう。

食いついてきそうなのは、ソフトバンクあたりだろう。


Kindleの初期投資が 5万円をどのように乗り越えるのが一つの課題だが、ソフトバンクあたりなら

なにか秘策がありそうだ。


そうすれば、日本でも、販売が可能になるかもしれない。

来年 夏ぐらいに日本での販売が行われるだろう。(もちろん、かってな推測だけど)


データサイトは日本に置かないだろう。いくら、ビジネス契約しても、なにをしても著作権問題が

チラついて、すっきりしない日本国内での販売はしないだろう。


AmazonやGoogleにとっては、どこにサーバーがあっても関係ないし、日本国内で会社を

置かなければ、税金も払わなくてもいいしね。


AmazonやGoogleには、コンテンツは十分すぎるほどあるし、5分もあれば、図書1冊スキャンもできるし

なにも、問題はない。


--------------------------

Amazon Google の戦いが始まっており、秋から冬が 大勢が決まる。

ビジネスとしては、Amazonが優勢か?

今年中に 累積販売台数 500万台を売るかもしれないね。

日本には来年の夏ごろ、参入。

最近、出版社、書店を飲み込んでいる 大日本印刷あたりが、対抗できるかもしれないが

この半年あたりで、体制作りができるかどうかが勝負だが、

Amazonが、海外で体制つくれば、国内の努力は、報われない可能性もあり。

日本の書籍の単価が安いのが問題。

Kindle用書籍約10ドルなので、1000円。 アメリカの書籍は、5000円の書籍は普通の価格


ブックフェアをのんびりやっている間に、Amazon Googleの戦いは、進んでいきますよ。


電子書籍市場の大勢が、どんどん、決まりだしています。

ビジネスチャンスは、AmazonとGoogleの戦いに隙に、なにかやるべきだが、

出版社も新聞社もほとんど、なにもしないで、ビジネスチャンスを失うというのが

予測ですが、いかがでしょうか?





 |  リブログ(0)

テーマ:

kinndle が、ほしい。

そうだ。アマゾンに注文しよう。

注文を受け付けてくれない。どうしたら、手に入るんだろう。



日本橋の丸善あたりで売っていないかしらね。


どうしたら手に入るんだぁ。


だれか、ボクにKindle を 売ってくれ。


丸善さん なんとかなりませんか?

 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。