黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:

日本には、非常にたくさんの電子書籍販売サイトがある。(Kindle,Kinoppy,kobo,sony,Apple,Google,......)

電子書籍は、そのサイトにあるオリジナルをコピーすれば良いので、出版社や著者が売り上げを把握にするには、

それぞれの販売サイトの合計を集計するしかなさそうである。

紙の場合は、発行部数以上、売ることができないので、販売総数は、発行部数である程度把握できる。

君たちはどう生きるかは、100万部というには、どうも、紙の本の集計で、電子書籍の販売部数は、含まれていないようだ。

 

しかし、どう考えても、電子書籍を先行販売した方が、出版業界や著者が豊かになると思われる。

 

電子書籍の方が、どう考えても、利益率が高いはずである。

まず、電子書籍販売して、出版社や著者は、その利益を確保すべきだ。

その上で、紙の販売をすればどのくらい売ればいいのか、あたりがつく。

 

と、書きながら、この方法の問題点があった。

紙の本の販売は、週刊誌の販売と同じで、一定期間しか、本屋に置くことができない。

そのため、一斉に広告を出して、一斉に販売して、終了する必要がある。

そのための書店だ。

 

すると、電子書籍で売れ初めたからといって、小出しに紙の本を印刷して、ボツボツ売ることができないシステムだった。

 

アマゾンが言う所のロングテールという販売は、書店には、向かない。

需要を生み出し、短期間で販売して、利益を確保するというシステム以外、利益をあげる方法はないようだ。

 

ロングテール販売は、アマゾンなどにまかせて、大量印刷、短期間販売するのもを限定するのも良いかもしれないが、

問題は、何が、ヒットして、何が、ヒットしないのか、予測がつかないことにある。

 

やはり、紙の本の販売で、利益を得るというのは、なかなか、難しい。

 

すると、やはり、電子書籍で、可能な限り、収益を得てから、紙の販売をした方がいい。

紙の販売で、損を出しても良いくらいの利益を事前に確保した方が良い。

 

電子書籍の良い点

24時間365日 販売可能、在庫切れがない。

 

もっとすごいことに、図書館で、貸し出しできない。古本に売ることはできない。

とにかく、読みたい人は、電子書籍を買うしかない。

 

出版社や著者の悩みを全て一挙に解決だ。

 

ところが、問題は、どのように、電子書籍の存在を利用者に知らしめるのか。

そして、購入させるのかが、まだ、手探り状態ということだろう。

 

しかし、電子書籍を紙より先に販売すれば、利用者は、それなりに対応して、出版社も著者も、非常に裕福になれる可能性がある。

 

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

日本において、最近の博士論文は、インターネット公開されることになっている。

論文という名称だが、実態は大部な電子書籍ある。

その意味では、毎年、新規博士の数だけ、たくさんの電子書籍が作成されている。

 

 

CiNii Dissertations - 日本の博士論文をさがす - 国立情報学研究所

 

電子書籍サイトで、販売して良いくらいの電子書籍だが、無料で公開されている。

 

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

電子書籍の市場が、紙の市場の8分の1しかないという理由は、新刊書を電子書籍で販売しないからに他ならない。

電子書籍販売を紙の本の販売時期が、紙の販売時期とずれているからに他ならない。

こんなハンディをつけておいて、紙の市場の8分の1というのは、とても悲しい。

すごいストレスだ。

紙の本の再販制度は、日本国中差別なく均一に情報を伝える役目があったが、電子書籍は例外に置かれているようだ。

確かに、電子書籍は、再販制度の適応がされないので、それに外れていても、仕方がない。

 

紙の市場の8分の1というのは、電子書籍愛好家にとっては、どうしようもない。

拡大しようがない。

 

紙の新刊書と同時期に販売していただけるといいのだが。

むしろ、紙の新刊書のより数ヶ月前に販売してくれれば、紙の販売の売れ行き動向も占うこともできるし、リスクも少ないと思う。

PR効果もあると思う。

 

電子書籍は、著者と出版社の収益改善に大きな要素を持っていると思う。

まず、電子書籍で、まず、著者と出版社の収益を先に確保して、紙の販売を展開した方が、いいように思う。

書店や印刷所、流通業者の収益が気になると思うが、電子書籍化を活用にすることによって、紙の出版をするべきか、どうか、見極める先行ツールとして、電子書籍を使うべきではないか。

電子書籍愛好家のメガネに叶うかは、大きな判断基準になるのではないか。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

現在の紙の本の売り上げは、いかに新刊を売り上げるかにかかっている。

現在の本屋では、新刊しかおけないし、新刊をおける期限も限られている。

新刊の売り上げがすべてである。

----------------

によれば、電子書籍が紙の市場の8分の1の規模だという。

 

あたりまえでしょ。

新刊書を電子ブックにして、売らないんだから。

 

ここで、だれか調べるべきだ。

新刊本を紙と電子で同時に売っている割合だ。

もし、これが、8分の1以上あれば、電子書籍の売り上げのパフォーマンスが悪いことになるが、

もし、8分の1以下なら、電子書籍の売り上げのパフォーマンスが良いことになる。

 

電子書籍愛好家は、紙と電子の出版を同時にしてほしい。そうすれば、この8分の1の割合は、すぐに逆転する。

 

しかし、そうなっては、困る人がいる。やはり、紙の本で、収益をあげている人(出版社、書店、印刷所など)にとって、

これ以上、紙の売り上げが減少してしまうのは、避けたいところだ。

本を読む人間自体(日本の人口、日本の若者、日本人の個人の所得)が減っているので、紙の売り上げが増加する要素は難しい。

そんなときに、電子書籍がどんどん売れて、紙の本の売り上げが、劇的に減少することになったら、出版業界が、持ちこたえることができなくなると心配する人も多い。(そして、その心配は、その通りだと思う。)

 

だから、意図的に、電子ブックの販売を、新刊書の売り上げが落ち着いてからしかできないのだと思われる。

 

しかし、電子ブックの売り上げは、出版社と著者には、収益としてメリットが大きいはずなので、先に、電子書籍で売り上げてから、紙の本を売るほうが、出版社と著者の収入をあげることになるのではないか。(本屋と印刷所の収益をあげることはできないかもしれないが。)

 

もう一つの問題は、電子書籍をどのように売るかである。

書店の店頭販売はできないので、すでに存在する数十万、数百万の電子書籍のなかで、どのように電子書籍をうるのかということを

真剣に検討しなければならない。

 

テレビもラジオもインターネットを見る、聞く時代になった。

電話で注文をうけるのは、高齢者向け健康商品ばかりになってしまった。

 

テレビやラジオで、本を紹介して、その場で、電子書籍が購入できれば、おもしろいビジネスモデルができると思う。

新聞広告を打つ時は、QRコード付きで、広告をだすべきだ。問題は、そのQRコードが、Amazon,Kinoppy,Koboなど、どこを基本にして、ORコードを作成したらよいのかである。 ある電子書籍販売サイトに、特定のQRコードできたら、その広告主に、なんらかのメリットがあると、とんでもない抜け駆けができて面白いのだが。なかなか、それも、難しいかもしれない。

 

高齢者向け健康商品が売れる理由は、電話してくださいという行為があるからで、だれも電話をしなければ、ビジネスにならない。

電子書籍販売もどうように、電子書籍販売サイトにアクセスさせるという行為を促さなければならない。

それをテレビやラジオ、新聞などを通じて、促す仕組みをつくる必要がある。(ここでも問題は、電子書籍の売り分は、電子書籍販売サイトと出版社と著者しか儲からないという問題点があり、それでは困るという人たちが存在することだ。)

しかし、流通コスト、返本、廃棄裁断など多くの手間暇を省くことによって、出版業界の売り上げが減になっても、それなりの収益をあげる仕組みができるかもしれない。(その手間暇を省かれた、流通、返本、裁断業者の売り上げが減ってしまうという問題が次に出てくる。)

 

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

米国以外の出版者の源泉徴収税

米国以外に居住する出版者が KDP で本を出版する資格を得るには、米国の税に関するインタビューを完了する必要があります。

 

米国の Kindle ストア - 米国の源泉徴収税率

米国の Kindle ストアでの売り上げに対するロイヤリティの支払いには、米国の源泉徴収税率 30% が適用されます。
 |  リブログ(0)

テーマ:

コンピュータの音声認識がすごい。

文字入力が不要になったと思えるほど、音声認識技術がよくなった。

 

OK Googleがスマホで使えるようになったので、悪戯心で、無理難題をいってみる。

おそるべきことに、それなりに、情報を探してくるのがすごい。

 

いよいよ、レファレンスが不要になる時代が到来したかのようだ。

OK Googleがあれば、友達も恋人も不要かもしれない。

 

アップルも、アマゾンもそれぞれ素晴らしい音声認識技術を持っている。


もう、なんともすごい時代になった。

三賢人の話。
Siri 「ぼくのほうが生まれは早いから、僕が一番偉いはず。」
Alexa「僕は、テレビや電気をつけたり、消したりできるので、僕が一番偉いのさ」
Ok Google「OK! 僕がだれが一番偉いか、調べてあげよう。あれ、回答はGoogle だって。なぜなら僕は無知の知を知っているからだって」

いったい、だれが一番偉いのでしょうね。(もちろん、上の会話は作り話なので、信用しないでくださいね。)
問題は、人間が登場しないところですね。

 

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

活字離れが激しいので、本が売れないというのは、なかなか、奇妙な表現である。

活字とは、紙に印刷され、本になったものを指すのだろうか?

メール、SNS、ブログなど、近年の文字文化である。文字コミュニケーションの時代でもあり、

活字=文字と考えると、少し事情が違うようだ。

紙をつかったメディアが、時代に適合できないだけなのだ。

 

さて、「君たちがどういきるか」という本が、活字離れの時代に、130万部売れたという。

NHKニュースをみていると、それは、70年前のオリジナル本ではなく、どうも、マンガに再構成されたものなので、

本が売れたというより、マンガ売れたらしい。

しかも、その本の売れ行きに影響を与えたのは、ブログやツイッターなどの影響が大きいという。

 

マンガは、大きな影響力があり、バレエ、将棋、自転車など、大きなブームを生み出してした。

そして、人間の生き方に大きな影響力をあたえるものも非常に多い。

(ノーベル文学賞をマンガで受賞するのは、日本人マンガ家かもしれない。)

 

さて、130万部という集計結果の内訳が知りたい。どうすれば、その内訳を知ることができるだろうか?

 

紙として印刷された部数と金額

    一般書店で、売り上げた数   廃棄処分された数

    アマゾン、楽天、紀伊國屋などのインターネットで販売された数

    あまり、影響力はないと思うが、全国の図書館が購入した数(多分、数万冊程度と思われる)

    

    ほとんど、集計不能を思われるが、Bookoff などで、再活用され数

    (もし、ここで、数十万冊という数がでてくれば、全体で、200万冊の売上があったことになる。)

 

    図書館で貸し出された数(集計不能と思われるが、数万冊が10回借りられたとすれば、数十万回になる。)

 

電子書籍で販売された数と金額

    Kindle,Kobo,Kinoppy,Apple,Google などの電子書籍に売れた数

 

マトリックスで、整理した表があるといいのだが、すぐに、集計できるとものではないと思う。

NHKニュースで、大々的に取り上げられていたので、学校などで、取り上げられる可能性もあり、今後売上も増えるだろう。

マンガは、2017年8月に出版されたので、まだ、発売されて5ヶ月あまり。

まだまだ、売り上げが続くと思われる。

 

どのくらい販売されるかは、わからないが、個人が、100万冊をそのままキープできないので、中古本に流れていく。

アマゾンなどでも、どんどん中古本が売られていく。(アマゾンにとっては、新刊本も中古本のどちらの売上でも

収益になるので、中古本がたくさんうれることは問題ない。)

 

需要と供給のなかで、中古本が、今後、どんどん、増大するので、新刊本の売れ行きを見極めるのも難しくなる。

 

電子ブックは、リサイクル、転売が基本的に難しい。図書館での貸出も難しい。

出版社が、収益を上げるには、なかなか、良いビジネスモデルとおもわれる。過剰在庫、廃棄というリスクも少ない。

 

 

 

     

 |  リブログ(0)

テーマ:

コンピュータで文章を作成するようになった。キーボードなどの文字入力技術の制約で、文章を音(ことば)で作成するようになった。

そのことが、日本人にどのような変化を引き起こしたのかを、明確に知る方法はない。

 

源氏物語や徒然日記は、かなを用いた言文一致で、書かれている。

夏目漱石や多くの明治の文豪たちも、言文一致で、文章は書かれている。

 

江戸時代は、書き言葉というものが存在して、日本中に手紙として通用した。

それ故に、九州の武士も、東北の武士の同じ手紙を理解することができた。

(中国がたくさんの言語(方言、周辺諸国の言語)の違いを越えて、巨大な統一国家を

 作りえた要因の一つと言われている)

 

明治政府は、この問題を解決するために標準語と、教育制度を整備した。

全国同じ教科書を整備することで、音でも、同じ内容を理解することができるようになった。

 

そのかわり、江戸庶民が、日常読んでいた崩し字を現代人はほとんど読むことはできません。

最近の学生は、英語の筆記体を学校で教えてなくなったので、英語の筆記体をよむことができません。

(韓国では、漢字を廃止したので、漢字をよむことができなくなってしまいました。中国では漢字の簡体字化を

 行ったので、古い書物を読む力がなくなってしまいました。)

 

(日本でも、明治政府は、江戸時代を切り離し、世界大戦の終戦以後は、GHQの指導の中で、

 新漢字、旧漢字、当用漢字などいろいろな変革を行ったので、戦前に印刷された本を読むことが

 非常な努力が必要になってしまいました。そのため、漢字や仮名遣いを改めて、夏目漱石や芥川龍之介などの

 文章を読めるようにしましたが、それも、戦前出版された本の一部しか、改めることしかできませんでした。

 文字を変更するのは国家や国民の歴史を忘れさせる最良の方法です。)

 

 

さて、毛筆でかかれた古文書をみた。

現代人は、これを書くことができるのだろうか?

たとえば、頭の中で、漢字の形、書き順、配置もすべて、解っていないと、書くことができないはずだ。

もちろん、微調整はできるかもしれないが、誤字脱字、文字の配置ミスは、致命的な問題を

引き起こす。

もちろん、事前に、下書きを作成することもできるかもしれないが、通常は、そのような機会に恵まれる

ことはない。

 

人間の訓練のなせる業なのだろう。

そして、その技術を習得した人が、文字を書くことができたというべきなのかもしれない。

 

しかし、コンピュータ技術で、文字を書く現代人には、思いつかない能力があったに違いない。

 

この音で、文章を作成するということは、文章作成方法して優れているのだろうか?

 

たぶん、文字を書くということに、ことばを書くのではなく、文を書くというという何かが

必要になるのかも知れない。

 

小学生の時に、字をたくさん訓練することが、日本にイノベーションを起こす力を生み出す力になるかもしれない。

 

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

個人出版の電子書籍と作家などが、出版社を経由して、電子書籍を販売する場合といろいろと条件が異なるはずだ。

その詳細不明なので、大雑把に考えてみると

 

著者の取り分(印税)

出版社の取り分(編集、校正などの費用)

書籍販売会社の取り分(アマゾン、KOBO,Kinoppy などの取り分)

 

紙の場合は、いろいろ複雑だ。

紙代、印刷代、運送代、返本代、書店の販売手数料、廃棄費用

著者の取り分(印税)

出版社の取り分(編集、校正などの費用)

書籍販売会社の取り分(アマゾン、KOBO,Kinoppy などの取り分)

 

どうかんがえてみても、同じ価格で、本と電子書籍を販売すると、どう考えても、作者、著者の取り分が多くなるはずだ。

(その分、紙、印刷、輸送代、廃棄費用、書店への販売手数料などが、支払われなくなる。)

 

そこで、電子書籍の売上で、ある程度の儲けを生み出す。

その利益の余剰力を使って、本の販売を補うという、ビジネスモデルのほうがいいのではないか。

 

電子書籍で先行販売すれば、リスクは少ないし、PRにもなる。

(ただし、このPRになるというのは、よほどのことなので、PRの方法は、相当考えなければならない。)

新聞広告や書評欄にかならず、QRコードを入れるなどの利便性が必要だ。

 

 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。