黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:

手品をやるマジシャンは、突然、ポケットや不思議な箱からなにかを出す。

そのためには、種を仕込んでおく必要がある。

 

巨大図書館で、本を探すには、実はちょっとたいへん。一杯歩かなければならないし、探したい本も情報も事前に調査しておかなければならない。

図書館にぶらりときて、適当な本をみつけて、という優雅な時代はかつての話で、今は、そうとも言えない。

 

図書館の本は、単に棚に置いてあるだけだ。しかも、その本は、だれでも自由に触っても、書架からも抜き出していいので、本来の位置に本があるとは限らない。

 

図書館は、分類法にしたがって、順番に本を並べているが、いろいろな本のタイプや用途別に、いろんなところに置いてある。これは、雑誌で、それは、参考図書で、こっちは辞書で、これは特別コレクションで、。。。 実は、本を探すには、それなりの経験が必要になる。学生が大学にいられる時間は、4年程度で、図書館の使い方になれたことには、卒業になる。

 

その点、自動化書庫はいい。単純明快だ。

なんの知識も必要なく、そして、だれかに相談したり、手続きをすることもなく、利用できる。

マジックボックスの所以である。

もちろん、図書館によっては、いろいろな手続きが必要な場合もある。

しかし、学部図書館にいって、図書を見せてもらう手続きをしたりするよりは、明らかに単純だ。

自動化書庫に余裕があるなら、キャンパスに散らばっているお困りものの、資料を、自動化書庫に入れてしまうだけで、利用されるりっぽな資料に変身する。

 

マジックボックスの中で、誰でも、自由に利用される図書に変身する。

AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。