黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:

自動化書庫は、蔵書を入れ、OPACで出庫指示という使い方が一般的である。

 

しかし、自動化書庫は、別に図書館システムと無関係に独立したシステムとして、運用することができる。

すると、自動化書庫のコンテナに入るものはなんでも入れることができる。

その時、自動化書庫システムで管理するように、なんからの管理番号が必要であるので、自動化書庫システムに登録する。

 

ICU図書館では、実例がないので、それなりの想定を考えてみると、

ここに

 

ゾウの置物、鹿の置物、サルの置物が3つあったとする。

管理しやすいように、一応、箱に入っており、コンテナにいれても問題のない大きさであると仮定する。

 

ゾウの置物には、 99990001

シカの置物には、 99990002

サルの置物には  99990003

 

という番号をつけて、バーコードや、ICチップをつけておき、入庫する。

 

それを、出庫するときは、出納ステーションで番号をいれれば、取りだせる。

 

もし、なんの管理もせずに、入れてしまえば、永久に取りだせなくなってしまう。

と、いうことはないが。

作業日時が分かっていれば、その時動いたコンテナを、30個ぐらい調べれば、みつけることができる。

 

という、わけで、管理する気があれば、なんでも管理できる。

秘密の隠し場所にもなる。

注意すべきことは、コンテナは高速で、横移動、縦移動等をするので、コンテナから落ちたり、はみ出したり、飛び出したりするようなものは、故障の原因になるので、絶対いれてはいけない。

 

AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。