黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:

図書をまとめて、図書館にくださる方も多い。最近は、古本募金で、現金にして、くださいとお願いすることがおおい。

頂いた本も、未整理のまま放置されて、倉庫の隅の段ボールの中ということも多い。

検索もできず、打ち捨てられていく。

件名や分類、装備をするためには、それなりの手間暇がかかる。

書誌データは、NIIから取れるので、いっそのこと、どんどん書誌をとって、自動化書庫の入れてしまうのが一番簡単な方法である。

書誌とバーコードがあれば、自動化書庫で管理できるからである。

配架を考える必要がないので、複本で、同じ場所に置くという必要もない。

重複作業など、する必要もない。

どんどん受け入れれば一番簡単だ。

 

先のブログにも書いたが、分類もされない図書がICUの自動化書庫には、数万冊入っている。

書架で管理することは、絶対、できないのだ。自動化書庫ならのマジックなのだ。

 

しかし、まだまだ、図書館の隅には、得体の知れない本というのがあるのだ。

 

 

ところが、図書館の人は、柔軟な発想ができない。仕方がない。

図書館から秩序や節度が失われたら、図書館という基盤が崩壊してしまうからだ。

図書館に無限のスペースがあるわけではないので、どんどん受け入れるということにも限度がある。

 

図書館にある未整理の図書を見ながら、やはり悩んでいる。

 

自動化書庫に入れてしまえば、すっきりるんだけどな。

なかなか、黒澤が考えるように、物事は進まないのだ。

 

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

自動化書庫に、本が入っているかぎり、マジックボックスであるが、一端、図書が、自動化書庫の外に出て行ってしまった場合は、もう、自動化書庫の管理外になってしまう。可能な限り、自動化書庫に戻すべきだが、なかなか、そうはいかないのが、この世の仕組みだ。

 

ICU図書館の場合は、1日に出庫される本は、100冊から150冊程度。しかしながら、出庫中図書は、常時2000冊から3000冊になる。そのほとんどは、貸出処理されたものだ。

貸出処理されたものは、問題ないのだが、問題は、貸出手続きをしないで、長期間戻ってこない本の管理がいささか大変。

ICU図書館の場合は、基本的な考え方が、全面開架制度的なので、自動化書庫からの出庫指示した人も特定しない。また、出庫された図書も、ミニ書架というべきところに置いておくだけなので、誰が、取っていったのか、取りこないのかも、別にチェックしない。誰かが、間違えてもっていく可能性もないわけではないが、実際、そのようなケースはない。問題なのは、目録データと、背表紙の表記が異なっていたりすると、自分が出庫指示を出した本が、どれなのか、わからないというケースが、時々ある。いろいろ探していると、ミニ書架にちゃんと出ているというケースが時々ある。

翌朝、出庫されたが、使われなかった本があるが、それは、そのまま、自動化書庫に戻してしまう。

返却された図書の中に、自動化書庫に戻すべき本があるので、それも、翌朝、一緒に、自動化書に戻す。

そのようなサイクルで、図書を戻していても、どうも、戻るべき図書が、行方不明になってしまうことがある。通常は、開架書架に間違って戻されてしまうケースだ。

時々、チェックする。それでも、みつからないでいると、蔵書点検のとき、ようやく見つかるケースがある。

蔵書点検であるべき所在が、自動化書庫なのに、開架書架にあれば、所在不一致ということで、本が見つかるわけだ。

 

さて、自動化書庫をマジックボックスにするためには、この出庫された図書の所在を管理する必要がある。1日10冊程度なら、簡単だが、100冊、200冊、300冊となると、それなりの管理が必要になるが、むやみに、人手やシステムを複雑化してもたいへんなことになる。省力化にならなくなってしまう。

 

と、いって、放置すると、行方不明本か多くなってしまうことになる。

 

OPACで出庫指示をしたい時に、出庫中図書が、どのような状態なのか、簡単に知る方法が必要である。

貸出中なら、返却されるまで、出庫中となるが、利用者にも、その情報がわかれば、返却されるまで、待てばいい。

問題は、貸出中でもないのに、出庫中の本だ。

1分前に出庫されたものかもしれないし、1週間前に出庫されたものなのかもしれない。

1年前に出庫されて、そのまま、行方不明になっているものかもしれない。

 

長期行方不明本は、定期的にチェックして、行方不明本であることを明示しておく必要がある。

ICUの場合は、Missingさんに貸出をしておく。みつかったら、返却して、自動化書庫にもどせば、出庫可能になる。

 

どうも、蔵書点検や長期不在傾向は、図書館員がかなりあやしい。机の上やブックトラックの上においておくケースが多い。ICUの場合は、中央集中制度なので、先生方は、必要な本を貸出して利用するようになっているので、研究室に持っていく本も、貸出手続きをする。さもないと、出口で、警報がなってしまうので、そうするしかない。

 

図書館から外に持ち出そうとする場合は、貸出手続き等の処理ができないと、図書は行方不明になってしまうので、せっかくの自動化書庫のマジックボックス効果は半減してしまう。

そして、定期的に、長期行方不明本がないか、チェックして、OPACの出庫中というのは、館内利用などの短期利用の本であることがわかるようにしておくことが大切である。

 

行方不明本は、行方不明であることがわかるようにしておけば、残った出庫中は、数日中に入庫される可能性のある本であることがわかる。

 

そのためには、図書館システム上で、貸出になっていない出庫中図書をチェックしている必要がある。

 

 

 

 

 

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

東京大学に300万冊の自動化書庫は出来上がったという。ただし、環境調整のために、すぐに、入庫することはできないということだ。入庫するにしても、10万冊、100万冊と入庫していくので、その入庫だけでも、たいへんだ。10万冊を入庫するとなると、1日5000冊を入庫しても、20日はかかるので、1ヶ月程度はかかる。1日5000冊入庫すると1コンテナ40冊と計算して、1日125コンテナ、8時間作業として、1時間当たり、15から16個コンテナ、1コンテナあたり、5分未満で、入庫という計算になる。1コンテナに本を入庫するだけなら、1日10000冊も可能かもしれないが、初期入庫というのは、いろいろトラブルが付き物なのだ。

たとえば、同一バーコードがあったり、書誌データが登録されていなかったりで、作業中断が起りやすいので、あまり、楽観的な数字をあげることはできない。

 

数万冊程度入ったら、出庫可能時間とか、出庫可能日という日を設定するとよいかかもしれない。

毎日13:00-14:00の間のみ、出庫受付するとか、もしくは、水曜日だけ、入庫作業をしない日にして、

出庫に対応する。

そのようなコントロールは、どのようにするかというと、OPACに出庫可能時間を設定する。

ICU図書館の場合は、図書館の開館時間が、いろいろなパターンがあるので、そのパターンに合わせて

出庫時間を設定している。

通常の開館の日は、8:30-21:00まで、 21:00になると、OPACからの出庫はできなくなる。日曜日も開館しているが、日曜日は、出庫できない。保守点検をする日などは、出庫停止にする。

そのように、出庫可能時間をコントロールできるので、大量の入庫作業の場合は、入庫作業を集中したい日と、出庫を可能とする日にわけることも可能だ。

 

自動化書庫図書館システムは別々のシステムなので、自動化書庫に入庫しようとする図書データを事前に登録する必要がある。

ICU図書館の場合は、図書館システムで図書の所在場所を、自動化書庫に変更すると自動的に、自動化書庫システムにデータが転送される。逆に、所在場所を、自動化書庫以外にすると、自動化書庫システムからデータが削除される。

 

OPACで、検索された図書が、自動化書庫のあれば、出庫指示するボタンがでてくるので、それをクリックすれば、よい。一度出庫された図書は、入庫されるまで、出庫ボタンを押すことはできない。

 

さて、1日100冊、200冊程度の出庫なら、運用にこまることないが、もし、500冊、1000冊、2000冊が出庫されるようになると、いろいろ考える必要があるかもしれない。

図書館の開館時間を仮に10時間として、1000冊出庫するとなると、1時間あたり、100冊、1冊30秒程度の取出しになる。通常は、出庫図書はコンテナ毎にばらばらに入っているので、コンテナ1時間あたり100個くることになる。

すると日中は、出庫専用となり、開館前、閉館後に、入庫作業を行うようになる可能性も高い。

1日1000冊出庫となれば、自動化書庫もフル稼働で、導入大成功だろう。

1日、100冊から200冊程度の出庫でも、自動化書庫の運用としては、大成功といってもいいだろう。

 

ICU図書館の場合、1日100冊から150冊程度の出庫がある。日中、出庫に忙しいということはないが、休みなく、出庫がくる。

では、入庫はいつ行うのかというと、翌朝、開館後の、1時間程度が、入庫作業の時間に当てられる。

前日出庫されて、利用されなかった本や利用が終わった本を、朝に入庫する。

利用されなかった図書は、別にとっておく必要もない。入れてしまったほうが、扱いも簡単だ。可能な限り、入庫できるものは入庫してしまうのが、一番いい。

 

できるだけ、シンプルな運用にすべきだろう。一人が、1日100冊だしても、気にすることはない。

100冊の図書を書架に戻すのはたいへんだが、フリーロケーションで、100冊戻すのは、コンテナを3つほど呼んで、戻すだけでいい。1000冊の図書も、もどすのも、コンテナ30個ほどなので、1時間程度で入庫できるかもしれない。もし、これが、固定入庫になると、コンテナが1000個必要になるので、何時間も必要になるので、自動化書庫の利用が多い場合は、固定入庫を選択する場合は、その辺を注意しておく必要がある。

 

さて、国立台湾大学図書館の自動化書庫も、平成30年春に稼働するということだ。

現在も図書の入庫作業をやっているのだろうか。

国立台湾大学図書館の自動化書庫の成功も期待したい。

なんどか、ICU図書館に見学にきた。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

学生に Chemical Abstracts Vol.1 1907 を見せて、説明をしたが、あまり、ぴんとこなかった感じだったので、どのように伝えればよかったのか、反省している。

何を伝えたかったというと、昔は、どのように本や雑誌や抄録をつくっていたのかを、伝えるのは不可能かもしれない。グーテンベルグ(1398年頃―1468年)の登場によって、出版革命が起きた。それまで、本は、手書きによって、作成されていた。それが、活字というものの登場によって、本をつくることができた。

活字で一度に作成できるページ数は、8ページ、16ページ、32ページの片面 2つ作成する

それで裏表印刷すると、次の8,16,32分の裏表の活字を作成して、次にいく。

 

1000部作成したいときは、それを1000部づつ作成して、それを組み合わせると、本ができる。

とんでもなくたいへんだったのだけど、そんなこと、今の学生に伝えようとするのが、無理なのかもしれない。

ちなみに、1907年と言えば、明治40年だ。

 

大量の本を作成するというのが、どんなにたいへんだったのか、説明不可能なのかもしれない。

 

古代人が、古墳を作成したり、ピラミッドを作成したりしたが、わずか道具と人力でつくり上げたと言われている。そのとんでもない作業のように、かぎりなくたくさんの活字を寄せ集めて、本を作成したことと似ているかもしれない。現代人に、古墳やピラミッドをどのようにつくったのかも、想像できないように。

古代人のほうが、すごいのかもしれない。

人間は退化しているということも、嘘ではないのかもしれない。

 

 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。