黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:

クラウドファンディング 経過報告  

現在80万円ほどが集まっています。あと、720万円 応援できる人は、よろしくお願いします。

 

国際基督教大学の卒業生なのだが、全盲の人。たった一人で、多くの人の未来を切り開こうとするという記事を見つけた。黒澤も、在学生時代にとても頑張っている姿をなんでも見かけている。全盲なのに、普通の学生より活動的な人でした。

 

その人がクラウドファンディングをやっているのですから、応援しないわけにはいきませんね。、もし、協力できる人は、応援お願いします。僅かな金額でも構いません。

 

Ready for のクラウドファンディングは、目標金額に達するまで、寄付の実施はおこなれません。90日後に目標金額に達していれば、申請した金額が引き落とされますので、ご注意ください。忘れたころに引き落としになります。(目標金額に届かない場合は、このプロジェクトは不成立として、引き落としは発生しません。)

 

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

図書館は、資本主義経済の中では存在しえないシステムを存在させるシステムだ。

本来ならば、商品として販売されている本は、個人個人が買わなければならないはすだが、無料で、本を読むことを可能にしているシステムだ。そのためには、たくさんの法律を作って、その存在を支えている。

資本主義経済の中に、経済活動ではない、空間をつくったようなものだ。

重力の存在する世界に、無重力の世界を生み出したような世界が、図書館だ。

しかも、それは、地域を越えて、世界中の図書と、時代を超えて、何百年も前の時代にも

そして、空想の世界にも、宇宙の果てまでも広がる異空間でもある。

 

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

国際基督教大学の卒業生なのだが、全盲の人。、たった一人で、多くの人の未来を切り開こうとするという記事を見つけた。

クラウドファンディングをやっていますので、もし、協力できる人は、応援お願いします。僅かな金額でも構いません。

 

クラウドファンディング 目標 800万円で、現在 33万円です。
 

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦


認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン  

http://www.ftcj.com/pressrelease/1117_psd

 

フィリピンの視覚障がい者の95%は通学経験なし! 全盲の日本人NPO職員が支援プロジェクト立ち上げ
http://www.ganas.or.jp/20161117blind/

 

 

 

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

Japan Times と International New York Times  を購読していたのだが、

気が付くと、名前が変わっていた。

New York Times international Edition  

え! 

New York Times が2つになってしまった。

2つのNew York Times をどのように区別すればいいんだろう。

いろいろ調べると、違う新聞だと思っていたが、International New York Times は、

New York Times の新聞であった。

すると、もともと、複数のNew York Times が存在していたのか。

もしかすると、地方紙みたいなもの(極東向けNYT?)

 

Lexis/Nexisで、検索するとどうなるのだろうか?

International Edition の記事は、NYTの正式の記事として、

検索できるのだろうか?

 

まさかと思うが、学生が、International Edition をNYTの本誌を

間違って読みはしないだろうか?

いろいろ悩みが尽きない。

 

二人のロッテという小説があるかが、2つのNYTだった。

 

Notice of name change to “The Japan Times / The New York Times” (Oct. 12, 2016)

「The Japan Times / The New York Times」へ題号変更のお知らせ (Oct. 12, 2016)

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

アマゾン読み放題は、ちょっとした著作を読むのに適している。

気楽に読めるところがいい。

 

実はこれらの小作品は、作者によっても良い制度だろう。

アマゾンには100円ブックスもたくさんあるが、読み放題には、そんな著作が多い。

 

そんな小品の作品の著者の本を、あるだけ読んでみようという気になる。

紙の本を売るには、それなりの厚み、ページ数というものがないと、

どうしても、本らしくないし、買う意欲を起させない。

すくなくても、岩波新書、岩波ブックレット程度の量がないと、紙の本としては

なんとも、こころもとない(これは、心理的な印象なのだが、本屋で

パンフレットのような本はなかなか買えない。)

 

ところがであるアマゾン読み放題なら買えるのだ。(読めるのだ)

そして、電子書籍の作成の心得があれば、数十ページの本ができれば

それで、買ってもらえる(読んでもらえる)

 

現在、アマゾン読み放題で読みまくっているのは、ポケモンGOの本だ。

強くなる秘訣や強いポケモンの見分け方は分かったのだが、同じ色チームの

ジムで、空きスペースがない場合に、どのように自分のポケモンを置いたらいいのかが

解らない。トレーニングをすると、ジムレベルが上がると書いてあるが、実際やってみると

どうなっているのが、解らない。その辺のことが、詳しく書いてある読み放題の本を探して

アマゾンのジャングルを彷徨っている。

 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。