黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:
かつて、図書館システムの中でも、雑誌管理システムの複雑さは、
大きな問題だった。

電子ジャーナル化が進むと、図書館システムで、受入などを受け入れる
雑誌数も随分と減ってきてしまった。
その分、雑誌管理システムのウエイトも少なくなってきている(はずだ。)
同時に、1図書館が利用できる雑誌(フリーも含めて)数も、
ずいぶん増えた。
その意味で、図書館の中の雑誌の意味は大きく変化している。
(図書館システムの雑誌システムが、複雑である理由はずいぶんへってきた。)



さて、電子書籍が多くなれば、貸出、予約という概念も随分変化するだろう。
もちろん、紙の図書が無くなってしまうわけではない。
しかし、今後、無料な図書も含めて、大量の電子書籍が利用可能になると
図書館の蔵書の考え方もかなり変化するにちがいない。
図書は30万しかないのに、電子書籍は500万冊利用可能ということも
あながち、ありえないことではない。(雑誌では、紙の雑誌が500タイトルで
電子の雑誌が50000タイトルということも、通常起きていることである。
最近、特に、紀要の電子化が盛んである。)


AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
スマホ Kinoppyの正しい使い方 を、どのように知ることができるのか?
不思議と、その情報がない。

スマホ Kinoppy を単なる読書端末を思ってはいけない。
とんでも、高機能な図書出会い機能付きなのであるが、
どうも、全貌が分からないのが、気にいらない。

そこで、紀伊國屋のすべきことは、 スマホ Kinoppy の正しい使い方
という、電子書籍を作成して、無料で販売することだ。
如何に高機能か、説明することだ。

別に、100ページの本にする必要はない。10ページでも、20ページでも
必要な項目を解説したり、開発現場を紹介したり、Kinoppyの楽しい使い方
裏ワザを紹介する本をつくればいいだけである。

もし、紀伊國屋で作れないなら、読者やIT専門家、電子書籍専門家に
書いてもらうのもいいだろう。たとえば、すべての権利を買い取りを
条件に、5万円、もしくは、10万円程度で、Kinoppyの正しい使い方
シリーズの本を募集してもいいだろう。
Kinoppyの正しい使い方シリーズ

第1巻 30ページ Kinnopyの正しい使い方
第2巻 20ページ Kinnopyの正しい遊び方
第3館 15ページ kinnopyの正しい本の読み方
第4巻 20ページ kinnopyの正しいコレクションの構築の仕方
第5巻 35ページ kinnopyの正しい個人のための電子図書館の構築方法
第6巻 15ページ Kinnopyの正しい図書の探し方
第7巻 60ページ kinnopyの私の電子図書館を紹介します。
第8巻 70ページ kinnopyワールドの正しい探検方法

さて、このシリーズが登場すれば、Kinnopy は、アマゾンやGoogle、Appleに
負けないファンを獲得することができるだろう。
しかし、激戦区なのだ。
無限とも思える資金をつぎ込める Amazon,Google,Appleに勝つには、
電子書籍というものに、なにか、他にない付加価値がつける必要があるが、
どんな付加価値があるのか、自ら証明する必要がある。
それが、Kinnopyの正しい使い方シリーズなのだ。


AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
電子書籍の戦国時代をKinnopyは生き残れるか?
難しいだろう。

Amazon,Google,Appleが参入し、楽天、Sony,東芝、NTTなどが参入に参入している
現状に置いて、Kinnopyの優位はなにか?

Kinnopyは、専用端末は持っていない。このことだけは、最大の強みだ。
なぜなら、パソコン、タブレット、スマホと、電子書籍をみる端末はいくつかあるが、
書籍専用端末は、数年後に大きくシェアを落とすだろう。
その経過は、おそらく、ワープロ専用機と同じような現象になるだろう。
または、電子辞書と同じような現象になるだろう。

パソコン、スマホ、タブレットが、急速に普及する中で、専用書籍端末が
生き残れるわけない。

電子書籍の利用においてもっとも、重要なのは、どのように本の出会いを
つくるのか。

図書検索が、図書館システムみたいなものは、もっともいただけない。
特定の図書を探すのには、適しているが、本の出会いを生み出すには
あまりにも、非力だ。

たとえば、電子書籍検索システムを、趣味毎にわけるサークルを
つくり、Facebookのような感じにするといい。

なぜなら、マンガが読みたい人に、通常の本はいらない。
逆に、小説を読みたいに、膨大なマンガのデータをかき分けなければならない
のは、実にたいへんだ。

政治や経済の本を読みたいのに、マンガや小説を検索させるのはなんとも、
無駄である。しかし、現在、この膨大な無駄を強いているが、現状である。

その意味で、本の冊数が多いことは、実に、無駄なのだ。
読みたい本が適切な量あることのほうがよい。

ランキングなども必要だろう。(図書館でのランキングは、混乱を招く
が、電子書籍には、所蔵、在庫に問題はないので、いくらでも売ることが
できる。)

とにかく、電子書籍のための必要入り口をちゃんと作成して、
そこに、それなりの本があり、その本に出会えればかなりの
売上を伸ばすことができるだろう。

もし、そのサークルを作ることが難しいなら、ここは、
Amazon風に、購読履歴から、人口知能解析を駆使して
個人のための電子図書館を構築する方法もあるだろう。

読んだ本から、そのキーワード、参照文献、著者、出版社を
分析にして、候補をつくるという方法だ。

この個人のための電子図書館の核になるのは、
当然、購入した図書 (1次核)
第2次核としては、 まだ購入していないが、読むかもしれないとして
バケットに入れてある本
第3次核 1次、2次核から導きだされる関連図書
第4次核 私が学生時代(もう35年前)にならった、SDI キーワード登録
から導きだされるグループである。

まずは、個人のための電子図書館が推薦する図書を見る(2次、3次核)
興味があれば、購入する
なければ、第4次核を見る。ここには、多くの場合、興味のある新刊本が
自動的に集められており、ここを選別して、興味ある図書、無い図書を
分ける。(1次核、2次核、3次核でも、面白い図書と興味ない図書を
選別して、個人のコレクションの精度をつねに上げておく必要はある。)

すると、無用な検索をしなくても、個人のための読みたい図書電子図書館が
常に整備される。
この1,2,3,4次核には、検索精度あげるために、電子書籍では
ない紙の本のデータも登録しておくと、自動収集コレクションの精度は
どんどんあがる。

でも、どうして、こんな簡単なシステムをだれも作ろうとしないのか
不思議である。

本の検索システムが、図書館のOPACや目録から来ているのは、
書店に課せられた呪いだろう。
しかも目録規則は、最悪の事態を招いていることに、気が付かないのも
書店の悲劇である。カナ方式のタッチパネルおいている書店が、
目録規則のカナヨミで、検索させようと思うところが、なんとも
悲しすぎる悲劇である。(この解決方法は何度も書いた。
とても単純な方法で解決できるのだが、誰もやらないのが異常だ。
だれか、特許でもとっているのだろうか。まさか)

個人のために電子図書館を、Kinnopyやアマゾン上で作れる
可能性を提案した。
つまらない検索の多大な労力を使わずに、自分のための書店(自分のための
電子図書館)の構築こそ、電子書籍のみならず、本の売上をのばす
秘密兵器なのだが、それに、気づく人はあまりいないのかもしれない。

























AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
人は、どのような時に本を読もうとするのか?

最近読んだ本で面白かったのは、生存者ゼロ。
この本をどうやって知ったかというと、職場でお茶を飲みながら
週刊誌を手にとったら、そこに書評があって、その書評をよんだら
なんだか読みたくなって、早速、AMAZONに注文して、読んだ。
もちろん、電子書籍があれば、そちらを読んだかもしれないが、
あいにく、電子書籍は見つからなかった。

今、読んでいるのは、崩壊する組織にはみな「前兆」がある。
これは、妻が本屋に行くというのでついていって、待っている
間に、棚にあった本が面白そうだったので、読んでいる。

そういえば、ニューヨークの大金持ちの日本人の話も
週刊誌の書評でみつけて、読んだ。

つまり、本をどのように出会わせるかというシステムが
必要ということで、出会うまで、その本の存在をしらない
というところを解決する必要がある。

 |  リブログ(0)

テーマ:
電子書籍の進化(どのように本の出会いを生み出すのか?)

アマゾンがなか見検索を行うようになって、ずいぶん時がたった。
本の中まで、検索できる図書館システムは、ほとんどないため、
物を探すツールとしては、最強の位置にいる。

最近、スマホにkinnopy,kindle のソフトを登録しているので、
本屋に行く回数が、極端に減った。
電車で1時間ばかりかけて通勤しているので、電車の中は
読書時間である。(ただし、途中でよく寝てしまうが。)
そのため、電車に乗る前に、駅ナカの本屋によることも
多かったが、最近は、ほとんどよることがなくなってしまった。

ヒマな時に、Kinnopy,Kindleに読みたい本をいくつか、取り込んで
おくと、いつでも読めるので、とくに、電車に乗る前に本を
探す必要がなくなってしまった。

さて、問題は、どのように本を探すかである。
PCがある場合は、Bookwebやアマゾンで探せばいいのだが。

スマホで、探す場合は、Kinnopyやkindle ソフトから直接探すのが
面倒がなくていい。
Kindle タブレットとスマホ kindle とは、読むことにおいて、遜色は
ないのだが、図書検索となると、スマホKindle は、若干性能が
落ちてしまう。

その性能の差は、検索結果を、無限に送り出せるか、10件、20件ごとに
つぎへを押すかの差であるが、なんとも、この辺がわずらわしい。

しかし、この問題も、何れ解決するだろう。

スマホ Kinnopy の検索ソフトは、無限に検索結果をくくりだせるので
そこは、Kindleに少し差をつけたな、という印象。

しかし、このKinnopy の機能を誰も紹介しないのはなぜだろうか?

とりあえず、Kinnopy オンラインヘルプをみるべし。
その高機能さに驚くに違いない。

http://bookwebplus.jp/help/index.html
 


 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。