黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:
アマゾン契約と電子書籍の課題/太田出版
¥2,100
Amazon.co.jp
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
いよいよ、アマゾンの新Kinlde と 日本での電子書籍の発表が迫る中
アマゾンの戦略は、なかなか、したたかだ。
日本がアマゾンに勝てるのか?

そもそも、この「日本」という発想が間違っている。
たとえば、楽天は、アマゾンに勝てるのか、紀伊國屋は、アマゾンに勝てるのか
というべきなのであろう。

ビジネスは、基本的に闘いなのだから、周りのことを配慮している暇がない。
ある面、織田信長や徳川家康のように、非情にならなければ、天下などは、
取れないのだ。

アマゾンの注目点は、
新kindle の価格 (たぶん、高くないはず。)
和書の電子書籍の価格 (あまり、思い切った価格戦略は出せないはず。なぜなら、
日本の出版社とのいろいろ契約条件が、難しいから。)
和書の最初の提供点数 (たぶん、5万点を確保するのは難しいだろう。黒澤予想にそれば、
3万点から多くても3万5000点前後ではないかと予想するが、どうだろうか?)

すると、アマゾンの戦略は、どうなるだろうか?
アマゾンの自由裁量になる部分。
現在も、書籍の送料は、アマゾン負担なのだから、アマゾンとしても、電子書籍の価格割引が
できないとすれば、書籍送料+α 程度のポイントを提供することは、可能だろう。
しかも、これは、アマゾンの自由裁量の中にある。

もう一つ、考えられるのは、電子書籍の価格調査による、最低価格維持を謳うだろう。
電子書籍には、再販価格制度が適用されないので、電子書籍販売価格はばらつく可能性が
高い。すると、すると最低価格が発生した場合、アマゾンが、他の業者の最低価格と同じ最低価格で、売る権利を持つのか。もしくは、アマゾンが最低価格として販売したことにして、その利益をアマゾンの利益としていいのか、その辺の駆け引きが発生する。

「みなし小売価格」については
アマゾン契約と電子書籍の課題/太田出版
¥2,100
Amazon.co.jp

の、page 038 を参照。

みなし小売価格 という言葉は、用語として、用いられているわけではなりませんが、
各電子書籍業者が、異なった価格を付けた場合、どのように考えるのかという問題が
発生します。
すると、各業者ごとの価格キャンペーンのやり方は、非常に微妙な問題を引き起こすことに
なるかもしれません。

まだまだ、いろいろな問題がありそうですね。



--------------------------------------------------------------


http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1208/31/news030.html

2012年08月31日 06時51分 更新

Amazon、「Kindle Fireは売り切れ」と発表 9月6日の発表イベントを前に

Amazonが、9月6日の記者発表イベントを前にAndroidタブレット「Kindle Fire」が売り切れたとし、オンラインストアから引き上げた。

 米Amazon.comは8月30日(現地時間)、昨年11月に発売したAndroid搭載タブレット「Kindle Fire」が“売り切れた”と発表した。AmazonのWebサイトからは既に姿を消している。同社は9月6日に記者発表イベントを予定しており、ここで新タブレットを発表するとみられている。

 Amazonは、Kindle Fireが発売から9カ月で米国のタブレット市場の22%を占め、Amazon史上最高のベストセラー製品になったとしている。同端末は米国でのみ販売されている。価格は199ドル。


AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

http://jp.techcrunch.com/archives/20120112amazon-kindle-owners-are-borrowing-nearly-300000-electronic-books-a-month/

Amazonは電子書籍レンタルサービス、Kindle Owners’ Lending Libraryについて新しい情報を公開し た。それによると、このライブラリーには現在7万5000タイトルの書籍が登録されているという。Amazon Primeに登録しているKindleの所有者はLending Libraryに登録された本を月に1タイトルだけ無料で借り出すことができる(期間は無期限)。

Amazonは最近KDP(Kindle Direct Publishing) Selectと いう年間予算600万ドルの基金を設け、独立の著者や版元が本のレンタルから収益を得られる仕組みを作った。KDPに参加した著者や版元が、発行後少なく とも90日間Kindleストアに独占販売権を与えた場合、その本はLending Libraryに登録され、KDP Select基金からの支払いを受けることができる。

Amazonによれば、ユーザーは去年の12月にKDP Selectから30万冊(29万5000冊)を借りだしたという。 12月分として割り当てられた50万ドルの基金からKDPの著者・版元は借り出された本1冊当たり1.7ドルの支払いを受けた。Lending Libraryの利用が好調なのでAmazonでは1月分に20万ドルのボーナスを追加し、総額を70万ドルとした
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
http://jp.techcrunch.com/archives/20120828amazons-kindle-only-titles-downloaded-over-100m-times/



Amazonは今週、内部データをまとめて同社のさまざまな製品をとりまく魅力を見せつけた。つい昨日、同社は翌日配達のプライムサービスに関する数字について語ったが、今日はKindleタイトルのダウンロード数を自慢している。同社によると、Kindle独占の書籍は1億ダウンロードを越え、貸出ライブラリーの品揃えは18万冊以上へと増えた。これは、4月の13万タイトルから伸びた結果であり、比較のために挙げると、1月は7.5万タイトルだった。

しかし、数字は表面上、AmazonのKindle独占タイトル数の増加を示しているにすぎないが、現実にはAmazon Primeに関するもう一つの実績を表している。PrimeはAmazonのメンバー制サービスで、年会費を払うことによって、早期配達、無限ビデオスト リーミングなどが利用できるようになる。メンバーはさらに、Kindleオーナー用貸出ライブラリーから、Kindle独占のタイトルを借りることができ る。Kindleコンテンツ担当VPのRuss Grandinettiによると、それだけのためにメンバーになる利用者が後を絶たないという。「このサービスは非常に人気がある。一年もたたない内に、 1億回以上ダウンロードされている」と彼は言った。

 |  リブログ(0)

テーマ:
新日本語検索エンジン オトマトメ (オノマトペではありません)

ヘ は、 エ に変換  目録規則より
ヲ は、 オ に変換  目録規則より
ハ は、 ワ に変換  目録規則より
ヂ は、 ジ に変換  目録規則より
ヅ は、 ズ に変換  目録規則より
ヱ は  エ に変換  新仮名遣い
  は、 イ に変換  新仮名遣い
ト は、 タ に変換  カストマイズ、カスタマイズ 
レ は、 リ に変換  リポジトリ、レポジトリ、レポート、リポート
ヴァ は、 バ に変換
ヴォ は、 ボ に変換
ッ は、  無視する  ルネッサンス、ルネサンス、ハッピー、ハピー  
ウ は、 オ に変換する ウサマ、オサマ (ビン、ラーディン)
ー は、 無視する  コンピューター、コンピュータ




漢字の特例
撰 は、 選 に変換  新撰組、新選組、

-----------------

漢字は、新旧漢字の変換をしているのに、カタカナの同音、仮名遣いの変換はどうして
しないのでしょうか?
名付けて 新日本語検索エンジン オトマトメ

新旧漢字対応表に追加すれば、簡単に実現できると思いますが。
 |  リブログ(0)

テーマ:

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK20020_Q2A820C1000000/


京大が図書館システム刷新、1画面で電子書籍から他大学の文献まで検索可能

2012/8/20 23:00

 京都大学は2012年8月20日、新しい図書館情報システム「KULINE」を稼働させた(画面)。新システムでは、650万冊以上ある全ての京大図書館所蔵文献(図書・雑誌・電子ジャーナル・電子ブック・学術情報リポジトリなど)に加えて、他の大学・機関の蔵書や商用データベースなども、1つの画面から検索できる。これにより、学内・学外にある膨大な検索対象の中から、目的の文献を素早く探せるようにした。

画面 京都大学の新図書館システム「KULINE」

 新システムでは、1度検索キーワードを入力すると、京大内の全ての文献を対象に検索できる。さらに、タブを切り替えると他大学などの文献も 検索対象になる。キーワードにヒットする検索結果が大量にある場合は、絞り込み条件(ファセット)を自動的に提示し、文献にたどり着きやすくした。学生な どの利用者が文献に対する書評を投稿したり、関連情報のタグ付けをしたりする「ソーシャル」機能も提供する。

 |  リブログ(0)

テーマ:

http://news.mynavi.jp/news/2012/08/21/025/

富士通は8月20日、京都大学が同社の大学図書館業務パッケージ「iLiswave-j」を用いて図書館システムを刷新したと発表した。同システム は、文献の検索機能として、次世代OPAC(Online Public Access Catalog)サービスを備えており同日より提供開始する。

京都大学 次世代OPACサイト

次世代OPAC機能を追加し、大学構内に蔵書データベースを含む図書館業務システムを構築することで、学内他システムとのシームレスなデータ連携と セキュリティ強化が図られているほか、OPACのポータルとインターネット上の学術情報との連携に同社の学術情報ポータルSaaS「Ufinity」が活 用されている。

 |  リブログ(0)

テーマ:
書店にとって、電子書籍と冊子体の両方が売れれば、一番いいのだが、
なかなかそううまくいくとは限らない。

人口増加というわけにもいかず、市場は冷え込んでいる。
アメリカに比べて、図書の値段は圧倒的に安いと言え、本の値段もそこそこする。

音楽業界の惨状をみると、CDによる市場構成と、デジタル音楽の市場構成は
激変してしまう。
(しかし、CDもまた、LPから、市場を奪ったのであるが。)

図書館と電子書籍の共存
日本中で図書館が整備されたことによって、多くの図書が、貸出されている。
新刊の話題な図書には、多くの予約が集中する。
予約が、集中してでも、本を読みたい人が読む。
そこで、そのような人を電子書籍に誘導する
条件: やはり、価格問題でしょうね
図書館に行くための費用、書店に行くための費用
(たとえば、交通費、駐車場代、移動時間、探索時間など)

電子書籍の普及に伴って一番打撃をうけるのは、古本屋さん
BookOffのようなところは、大打撃をうける可能性がある。
但し、電子書籍の価格がどの程度になるかによる
同時に、中古本市場が急激に縮小する

電子書籍の売り方
冊子体の価格と、電子書籍の価格を併記して、値段の差をアピールする。
Youtubeのように視聴回数があるように、販売数を明示
ちょっとした、コメントを入れられるようにする。











 |  リブログ(0)

テーマ:
Kinnopy 総数 24794(2529冊増加) 定点観測(12回目)





電子版のみ(新着をクリックしたときの数)(一般のみ)
2012年6月11日 全件 22265件 (起点数とする)
2012年6月18日 全件 22563件 (298冊 7日間 1日あたり 42冊)
2012年6月22日 全件 22871件 (606冊 5日間 1日あたり 60冊)
2012年6月25日 全件 22593件 (328冊 減少中)
2012年6月25日 全件 22958件 (693冊 18日と比較すると 7日間 1日あたり56冊)
2012年7月02日 全件 22727件 (462冊増加  1日あたり23冊)

2012年7月10日 全件 23098件 (833冊増加  1日あたり27冊)
2012年7月18日 全件 23522件 (1257冊増加  1日あたり33冊)
2012年7月24日 全件 23809件 (1544冊増加  1日あたり35冊)
2012年7月31日 全件 24073件 (1808冊増加  1日あたり36冊)
2012年8月14日 全件 24574件 (2309冊増加  1日あたり36冊)
2012年8月22日 全件 24794件 (2529冊増加  1日あたり35冊)

新着全て見る(電子版のみを表示する有無)(一般のみ)
2012年7月02日の数字 検索全件 1204159件 電子版のみ 22805件
2012年7月10日の数字 検索全件 1227363件 電子版のみ 23098件
2012年7月18日の数字 検索全件 1243583件 電子版のみ 23522件
2012年7月24日の数字 検索全件 1186443件 電子版のみ 23809件
2012年7月31日の数字 検索全件 1196169件 電子版のみ 24073件
2012年8月14日の数字 検索全件 1196331件 電子版のみ 24574件
2012年8月22日の数字 検索全件 1191881件 電子版のみ 24794件

(注)繰り返して検索すると、検索結果が異なる。一応の目安として観測


どうも、電子書籍の増加速度は、1日あたり、35,36冊というペースですね。
 |  リブログ(0)

テーマ:







ソニー、米国で電子書籍リーダーの新製品を発売http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK17009_X10C12A8000000/




直販価格は129.99ドル




2012/8/17 23:00








ソニーが同社の米国サイトで発売した「PRS-T2」

ソニーが同社の米国サイトで発売した「PRS-T2」



 ソニーは米国で電子書籍リーダーの「PRS-T2」を発売した。現地時間2012年8月17日に出荷開始する。6型の電子ペーパーを搭載し、重さは6オンス(およそ170g)以下。直販価格は129.99ドル。





 画面はタッチパネル機能を備えており、書籍の選択やページめくりといった操作ができる。無線LAN機能を搭載し、電子書籍のデータをダウンロードできる。本体の色は黒・赤・白の3色。EvernoteやFacebookといったサービスとの連携機能を備える。





(日経パソコン 松元英樹)


 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。