黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:

Kindleの情報がいろいろ伝わってくるが、Sony情報があまりない。

どうせ、電子書籍化の流れをとめることもできないし、日本もまた、おおきな主戦場になる。


まずは、Sonyは、情報戦をしかるべきだ。

日本語情報をどんどん流すべきだろう。

Kindleの日本語化も、時間の問題(現行販売済機種のまま、日本語化対応も可能と思われる)


その意味で、Sony Readerの日本での優位性はなにかあるか?

あまりない。ほとんどない。まったくない。


すると、Sony Readerは、日本でもシエアを取ることが可能か?

いまのところ、あまり期待はできない。

Amazonの後手に廻っている。


3Gネットワークで販売できるなら、どこにサーバーがあっても問題ないが、

どうするかな?




AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

現在、338,063冊

2ヶ月で4万冊の増加   年24万冊の増加ペース

今後のデータ記録


11月8日には、 301,557冊

11月18日には、309,484冊 7927冊増加

11月27日には、313,337冊 11780冊増加

11月30日には、314,407冊 12850冊の増加

12月13日には、320,889冊 19332冊の増加

12月25日には、329,698冊 28141冊の増加

12月31日には、338,063冊 36506冊の増加

--------------------------------------------

これによって、電子図書館の構想も自由にできるようになってきた。

いろいろなサブセットによる図書館販売も可能になるだろう。

例えば、各図書館にキンドルサーバーをセットして、その図書館が利用できる

図書のセットをつくって、それをその図書館の利用者は、量することができる。

たとえば、PCなどで。

検索や予約はPCなどで行うのだから、PCによめるのでもよい。

小説などをのぞけば、キンドルサーバー蔵書全体がレファレンスのような機能を果たすことができる

(現在、キンドルサーバーという概念も製品も存在しない。架空の想定で書いている。)

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

現在、329,698冊

1ヶ月で2万冊の増加   年24万冊の増加ペース

今後のデータ記録


11月8日には、 301,557冊

11月18日には、309,484冊 7927冊増加

11月27日には、313,337冊 11780冊増加

11月30日には、314,407冊 12850冊の増加

12月13日には、320,889冊 19332冊の増加

12月25日には、329,698冊 28141冊の増加

 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。