黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:
8月のテーマ

  紙の限界を乗り越えた新たなメディア 電子書籍を考える

  電子書籍とは、図書とはまったく違うメディアだ。

  図書とレコードや録音テープ、VTRとは、違うように、まったく違う

  メディアだ。

  本当の発展は、現代の作家のように電子書籍メディアクリエーター

  の登場が必要だろう。




  最大の特徴は、ハイパーリンク機能だろう。ハイパーリンク機能のない電子書籍は、0世代電子書籍であって、電子書籍以前のものである。それは、電子新聞機能にも言える。ハイパーリンクの機能のない電子新聞はやはり、0世代電子新聞である。
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
ZEUTSCHEL

ZEUTSCHEL 社(ドイツ)の上向きスキャニングシステムが、日本に登場させたいという
ことで説明を聞いた。

図書館におけるコピーマシンの 「三悪」を唱える黒澤には、このような製品をみると、
興奮してしまう。
日本にぜひ普及を!!!

されど、いろいろ障壁がありそうだなぁ。
安さが勝負か?

説明によると、コピーマシンのような手軽さで、データをスキャンできる。
本を傷めず、ランニングコストも安い。

普及してほしいなぁ。
がんばれ ZEUTSCHEL 社
日本で、このようなマシンが、数十台 売れれば、大ヒットだろうなぁ。
1000台ぐらい売れて、図書館から、コピーマシンがなくなるとうれしいのだが。
AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。