黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:
もしかすると、世界最大の書誌ユーティリティーは、OCLCではなく、アマゾンだろう。
OCLCは、図書館に書誌を有料で供給しているが、AMAZONは、無料で、多くの個人のブログや
サイトに供給している。無料という以上に、アフリエイトして、お金さえ払って供給、利用させている。
こんな手法に、なかなか対抗することはできないね。

そんな意味で、世界最大の書誌ユーティリティーはアマゾンだろうと思うのだがいいかがだろうか。
もちろん、アマゾン書誌ユーティリティーをみなすのは、定義が間違っているという意見も
あるとおもうが、すでに、多くの書誌ユーティリティーが消滅した現在、書誌ユーティリティーの
定義も、考えなおした方がよいのかもしれしれない。

図書供給としてのアマゾン。
図書館間では、相互貸借という制度があり、全国では、かなりの数が行われているらしい。
その数は、年間数百万とも言われる。それほど、図書館が活発にりようされているようだが、
古本のネットワークの整備やAmazonのマーケットプレイスなどの普及を考えると
図書館の相互貸借以上の図書供給を行っているのはないか。
売買とリサイクルという問題を考えれば、図書館以上かもしれない。
図書館間の送料負担を考えれば、けっして、図書を購入することが、安い場合もある。
定価1円の本も、あるくらいなのだから。

図書館を利用しないで、資料あつめができる時代にもなった。
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
資本主義経済社会にあって、図書は異質な販売方法をとる。(日本では)

再販制度の問題もあるが、本屋さんに自由はない。
仕入れる自由もない。
図書を注文する自由もない。

本は、売買されるということ自体がない。

通常は、製造ー>問屋ー>小売ー>消費者 各過程で売買されるが

図書は 製造ー>問屋(流通)ー>小売(書店)->消費者
                /  
    製造<ー問屋(流通)<
        /
    廃棄 <

となり、生産される30%以上が廃棄されるというとんでもなく不合理なシステムになっている

この逆流現象があるので、決算も逆流のなかで行われる経済システムが逆転している

しかも、製造元をはなれたものは、流通業者で管理され、誰も、なにもいえない。

この奇妙な統制物質

しかし、決して値引き販売ができないこの物質を販売して、儲けているのは、オンライン書店だろう。
日本において、値引きという競争が一切存在せず、売れ残りを返本できるという
リスクの少なさは、おいしい商売かもしれない。

もし、図書をオンライン書店のみで販売すると、かなりの儲けになるのだろうか?

図書を売り上げるための広告方法にも非常に限界がある。
一番簡単な方法は、確かに現物を置くことかもしれないが、

図書を売り上げを伸ばすための共同書誌データベースをつくるべきだろう。
一番簡単な方法が、Web情報の情報から 図書に関する情報を Google ニュースのように
1冊ごとに一まとめにするようなデータベースを作ることだろう。

図書館の図書目録は、日本中同一内容なので、集める意味はないので、出版社、書評などの
情報を、Google ニュースのようにあつめる方法が、効果的だろう。

一番贅沢は方法は、もちろん、大きな書店を探索することだが、その環境に恵まれている
人は、限られている。

あまりにも統制されて、不自由な図書を、自由にする方法が必要なのではないか。

図書のあり方を、多方面から考える必要がある。
消費者が購入した図書の問題 廃棄、リサイクル、保存など

売れ残った図書の問題

サイクルされて図書の問題




AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
自動化書庫の運用状況に関する情報はあまり多くないが、
京都府立図書館は、毎年、自動化書庫の出庫状況を集計している。
年間、3万回から4万回とコンスタントに利用されている。

京都府立図書館 利用統計


平成18年度の利用統計


平成17年度の利用統計


平成16年度の利用統計
 |  リブログ(0)

テーマ:
人類は、数千年の歴史を持つが、その歴史の中で、紙があり、歴史を記録してきた。

しかし、なんと紙の重いことか。
人類は、新たな紙を必要としないのか。

紙があまりにも傑作すぎて、それに分かるものがない。

紙は、便利である。
しかし...

新しい紙の登場を期待したいが。。。

紙は、重い。
 |  リブログ(0)

テーマ:
会員登録をしないと読めないのだが、とりあえず、



Amazonにおける電子ブック「Kindle」の位置付けとは?
Tech On! (会員登録) - 2008年5月16日
前回に続き,米Amazon.com, Inc.の電子ブック「Kindle」の製品責任者である同社Product Manager for KindleのJay Marine氏に,同社におけるKindleの位置付けを聞いた。(聞き手は,田中 直樹=NIKKEI MICRODEVICES) ――紙の本のインターネット販売事業は,将来も続けるの ...


Amazonの電子ブック「Kindle」,価格・デザインへの疑問,出版社の反応について製品責任者が答える
Tech On! (会員登録) - 2008年5月15日
電子ブック「Kindle」を製品化し,電子ペーパー業界を活気付かせた米Amazon.com, Inc.。同社の電子ブックの事業戦略,製品・サービス戦略は,電子ペーパー業界の注目の的になっている。Kindleの製品責任者である同社Product Manager for KindleのJay Marine氏に, ...


Amazonの「Kindle」の製品責任者が語る,電子ブックの魅力とは?
Tech On! (会員登録) - 2008年5月12日
本のインターネット販売最大手の参入で話題をさらった米Amazon.com, Inc.の電子ブック「Kindle」。その販売台数は,これまでに製品化された電子ブックをしのぐ勢いを見せており,電子ペーパー業界を活気付けている。同社はKindleの販売台数を明らかにしていないが,その ...
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。