起立性調節障害~ありのままに~

浪人?を経て大学に進学した息子が、起立性調節障害(OD)です。
中学に入学して朝起きられなくなり、遅刻欠席の嵐。高校は自主退学。病気の事、学校に行けない事(不登校)、、 いろいろ苦しかったけど、今はODになったことをありがたいと思っている私です。


テーマ:

明日22日(火)19時~
テレビ朝日「たけしの家庭の医学」
腸漏れについての放送があるそうです音譜



健康寿命を伸ばす要、腸。
近年、生活習慣などの乱れから、多くの日本人の腸内環境が崩れ
ある異常が起きている。
その異常こそ・・・「腸漏れ」
一体「腸漏れ」とはどんな異常なのか?!
腸と4つの病との関係とは?



腸漏れって、きっとリーキーガット(LGS)のことですよね?
LGSが広く一般に知られるようになってきたのだとしたら
なんかうれしいな~~^^(んっ?)

放送はどんな内容なのかわからないけどあせる

LGSがどんな病気につながるのか?
LGSの人ってどのくらいいるのか?
なんてことがわかるみたいですよ^^

むふ、ちょっと楽しみです(^O^)/


▼公式サイト
https://www.asahi.co.jp/hospital/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

鉛筆 前々記事の潜在性鉄欠乏貧血 とODの本に関連した記事が

アメーバニュースにあったので備忘録としてリンクしました^^

       ダウンダウン

うつ、パニック障害…心の病気は鉄分不足も一因か

 元記事はこちら→http://news.ameba.jp/20170810-739

 

 

 

 

鉛筆 本日(8月11日)日本経済新聞 朝刊(関西版)に

ODの記事が掲載されたそうです^^

       ダウンダウン

 起立性調節障害という病気の理解と
 子どもたちへの適切な対応が広まりますように
虹
{E5DF651F-989D-4EF5-B78B-88B555EDA481}

WEB版はこちらから読むことができます!!

 

 

 

鉛筆 また、8月26日には神戸で

「起立性調節障害を知ろう!」の会が開催されるそうです

日時 8月26日(土)10:00~12:00
           (受付は9時30分より)
場所  神戸市青少年会館 研修室(5F) 地図
会員以外の方もどなたでも参加していただけます
 保護者だけでなく、学校の先生方や
 教育関係者の方々もご参加いただけます

お申込みなど、詳しいことはこちらへ→

 

鉛筆 「睡眠負債」ご存知ですか?

最近、耳にするようになった「睡眠負債」の特集が
NHK   Eテレで放映されます。
8月19日(土)20時〜21時 放送予定です。
興味のある方、ぜひご覧ください。
詳細はNHK「くう ねる あそぶ こども応援宣言」のHP
こちらをご覧ください。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

私もご紹介しようかなと思っていた記事を

handhanaさんがアップされていたので

リブログさせていただきま~~す(^O^)/

 

補足:コメント欄より

シリコーン樹脂は、食品に使われる結着剤ですね。シリコンとは別物でSi化合物なので、人体に害は無いとして食品に使われているみたいです。

 

 

 

 

以前に比べてODが増えてきているのは何故?と考えるときに

 

昔と今では、変わってきたものが

いろいろとあるのでしょうねあせる

 

 

 

それは、例えば食品だったり

遊び(運動)だったり

ストレスが持続する環境だったり、、、 ドクロ

 

 

 

 

アップの記事の文中には

現代のカラダの不調は、戦前の日本にはほとんど見られなかった内容で、、、 高度経済成長とともに培った流通、保存のための食品添加物、農薬などによる「人工的なもの」の副産物???

 

、、、などと書かれていますが

 

 

例えば、食品だったら

1950~60年代以降に

摂取量が増えてきたものを調べてみると

現代の慢性病の増加の原因(の食べ物)が

なにか見えてくるかもしれないですねべーっだ!

 

 

そして、そんな嗜好の変化と共に摂取量が増えたもの以外にも

↑の記事にあるように

防腐剤や添加剤に用いられる化学物質や

飼育のときの抗生物質や成長剤

農薬や肥料、、、なども

構成成分に、影響してくるのでしょうね><

体は食べたもので作られますものね

 

もし、細胞の構成成分が変われば

例えば木でできた家(細胞)と

レンガでできた家(細胞)では

その燃えやすさ(炎症の起こりやすさ)が変わってきて

消火(抗炎症)に取られるエネルギー量も違ってきますよね?ガーン

 

また、不要な重金属が多ければ

タンパク(細胞や酵素なども)は変性してしまうだろうし

(細胞が、機能できなくなりますよね?><)ガーン

 

体に入った化学物質が

偽ホルモン作用を起こすと

問題が生じてしまうし(現代はこの影響が大きいそう><)ガーン

 

必要なビタミンやミネラルが不足すると

体の中の生化学反応が進まなくて

神経伝達やホルモン作成・伝達

免疫反応にも悪影響が出てきちゃいますよね~~~ガーン

 

 

 

 

 

 

 

現代のストレスフルな環境を改善することはもちろん重要だしチョキ

 

 

そのストレスに対する

自身の(ストレス)マネジメント能力をアップすることも

もちろん大切だけど(マインド面)チョキ

 

 

そのストレスを受けるである体を整えて

能力をアップすることも

同じように大切なことだと思います(フィジカル面)チョキ

ちょっと地味かもしれないけどあせる

 

 

 

 

といいながら、化学物質などをあまりストイックに避けるのは

かえってストレスのなるので

ウチの場合はめっちゃゆるゆるなんですが、、、叫び

でも、ちょっとだけでも心掛けがあるのは

ないよりもいいんじゃないかと、、、自己満足(笑)

 

 

 

食に詳しい友人によれば、食べたものの害は

3代先になって出てくるとかあせるあせるあせる

 えっ、マジですか~~?叫び

うん、意識だけでも持っておこう~~っと^^

 

 

 

 

それに、ある統合医療の先生は

「栄養学には、3つある」っておっしゃってましたよ~~

ひとつは、○○のための栄養学

ふたつは、○○のための栄養学

みっつは、日本人のための真の栄養学

な~~んてね。ありゃりゃ叫び

 

 

 

 

心と体と食べ物については、なべGさんのこんな記事も→

心と体と運動については、錬堂先生のこんな記事も→

どちらも参考になります~~~ラブラブ

 

 

 

 

*お願い

リンクした記事の中に

もしも???ッて思うところがあっても

あまり気にせずに

どうぞスルーしちゃってくださいね~~^^(てへ!)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

本の備忘録もかねて、、、^^

 

以前こちらの記事にコメントをいただいて

潜在性鉄欠乏貧血 とOD についての

関係性を教えてくださった ノリ さんに

なかなか2度目の返信ができずにいたのですが、、あせる(すみません)

 

返信に代えて、その時のノリさんのコメントを
そのままご紹介しますね~~音譜
 

      ダウン ダウン
起立性調節障害の本当の原因
起立性調節障害と診断された時の病院で、フェリチンの検査をしてますか?

ODの原因はほぼヘモグロビンが正常値でも発症する、貧血のない貧血=隠れ貧血(潜在性鉄欠乏貧血)の鉄とタンパク質不足で発症する鉄欠乏です!

ヘモグロビンが正常値だから貧血は無いと言われてませんか?フェリチンの低下によって貧血と同じ症状が発症します。起立性調節障害と同じ症状が発症しますし、人によって症状がバラバラです。
↓は、何故病院でフェリチンを検査しないのかを説明もしてあります。

なぜ医師によって、こんなに違うのか?(★)
日本人女性の世代別のフェリチン値(★)
起立性調節障害は鉄不足(★)

起立性調節障害で苦しんでる本当の原因をぜひ皆さんに教えてあげて下さい。(引用ここまでです^^)




ODと似た症状を起こす病気には
鉄欠乏性貧血
甲状腺機能異常
脳腫瘍
副腎機能低下
心臓病
原発性肺高血圧症、、、などがありますが


息子の場合は、OD外来に通っていたから
当時フェリチンの検査もされていたのかな~~?
う~~ん、全然記憶にないです~~(;´▽`A``



今ちょっと以前の検査結果を見返したら
(K先生の初診の時のものがありました^^)
フェリチン105でした。
ということは、まあまあなのかな?^^



でもノリさんのように、潜在性鉄欠乏貧血という方向からのアプローチで、体調↑につながる方もいらっしゃるかも知れないですね^^



ちょうど うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった 」という本が
出版されたそうなので、一度読んでみたいな~~^^

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%86%E3%81%A4%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AF%E3%80%8C%E9%89%84%E3%80%8D%E4%B8%8D%E8%B6%B3%E3%81%8C%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E8%97%A4%E5%B7%9D-%E5%BE%B3%E7%BE%8E/dp/4334039987

 

 

目次を見ると

第5章 医師はなぜ栄養について知らないのか――治療の旧パラダイムから新パラダイムへ 

 

と書いてあって

なんか前記事と繋がるようで、興味あり~~^^

 

 

栄養、代謝、ミトコンドリアのエネルギー産生()、、、などなど

氣になるキーワードが重なるかもウインク

 

 

 

本の著者こてつ先生のブログ()には、Drから寄せられた書評も紹介されているので、そちらの方も読んでみたいです^^

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

息子がお世話になったK先生^^や

前記事でご紹介したK先生^^(

ホリ協の講演会でお話を聞いたT先生^^(

そして、こちらでご紹介したS先生^^()など

 

 

栄養のことを語る先生方が

増えつつあることが

なんかうれしいな~~音譜

 

 

あ、先生方は、もちろん

栄養だけでなく

身体のことも

心(マインド)のことも

同時に診てくださる先生方だよ~~ヘ(゚∀゚*)ノ


 

 

 

たぶん息子の過眠や疲れやすさって

体を動かすエネルギーを

ちゃんと作れていなかった、、、ってことから

きてたんだろうな~~(;´▽`A``

 

体を動かすことだけじゃなく

思考するにも、エネルギーが必要だし

寝ることにも、エネルギーが必要だものねあせる

 

 

 

そして息子の場合は、同時に

四六時中のエネルギーの消耗も起きていたから

余計にエネルギー不足になったんだろうな~~叫び

 

気付かない慢性炎症(体の火事)があれば

いつも火消しにエネルギーが取られるし叫び

免疫が過敏(炎症、ボヤが発生しやすい)なら

そのたびにまたエネルギーが取られるよね~~叫び

 

はひゃぁ~~~><

 

 

 

エネルギー産生、ちゃんと出来てる?べーっだ!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。