いつも一緒に いるはずの
あなた としばらく離れていると
なんだか ポカーン と寂しい感じ


一緒にいると

空気みたいに溶け込んで


穏やかな 落ち着いた
まったりとした具合なだけに
なんだか当たり前すぎて

忘れてしまいがちだけど


かえって 大事な 間柄 なんだよね~v

AD

とある雑誌より。。


浮気のボーダーラインは??


という質問について男性100人に聞いたアンケートです。



Q1:何をしたら浮気??

 キスしたら・・・・・・・・・・・36人

 Hしたら・・・・・・・・・・・・・31人

 恋愛感情をもったら・・・21人

 手をつないだら・・・・・・・ 6人

 2人で食事をしたら・・・・ 6人


私なら、、恋愛感情をもったら・・かなぁ。

体の浮気もイヤだけど、心の浮気は本気になってしまって

取り返しがつかないと思う。

気持ちのない人とは、私ならキスはできないし。

恋人同士じゃないのに手をつなぐってのもオカシイですね。。。


2人で食事は、言ってくれれば大丈夫です!

私は、隠し事をさせるのが一番キライです!!!



Q2:元カノと会うのは浮気??

 YES・・70人

 NO ・・30人


私なら、、YES!!浮気に入るでしょう!

なぜって!?

何で、別れた人と会わなくてはいけない??

会う意味がわからん!!

私の場合、別れた後も「これからは友達として・・」

なんて都合のいい事はできないので、、。


元恋人と会う=Hをしてもおかしくない


と思ってしまいます。



Q3:風俗に通うのは浮気ですか??

 NO・・・58人

 YES・・42人


この質問、ちょっと曖昧。。。

“通う”という言い方は気にいらないなぁ。。


だけど、風俗に行くのはかまわないと思う。

相手もお金を払って成り立っている仕事だし。


でも、、相手を指名して通いづめる・・・となると

“浮気”に入るかもしれませんねぇ。


 

 以上


AD

大切な人ができると、自分の事をもっと知ってほしくなる。


カレの事も もっと 知りたくなる。


私の好きな事や、好きなもの、大切な友達

みんな教えたくなる。


すべて、受け入れて欲しい って思う。



以前、私の友達に会うのが嫌いな人と付き合ったことがある。


私が、友達と遊んだ時の事を話しても あまり 聞いてくれない。


友達の彼氏を連れて大勢でデートした時もあった。


だけど、カレはあまり会話をしてくれない。

周りの友達が、気を使って 盛り上がるように話をしてくれたり

私もカレに話を振ったり・・・。


その上

「オレ、あの子苦手(私の友達のこと)」とか「好きじゃないわぁ」

など言われちゃって・・・。

結構、ショックでした。



私の、信頼している友達なんだから 私の事が好きなように

私の友達のことを 悪く言わないでほしかった。。


やっぱり気分よくないですよね。。


※プロフィール追加UPしました♪

AD

自分が好きでたまらない。

そんな人が世の中にいるのだろうか?


私は、エッセイをよく見るのだが、

「自分のことを好きになりましょう」

という言葉を よく見かける。


それが、簡単にできたらどんなにいいか。


人間、誰だって自分のことが嫌な事が多いと思う。

正確に言えば、「こういう自分いいな」という所は少しで

「こういう自分キライ!!」と思うことの方がたくさんありそうな。。。


自分のない部分を他人が持っていると とても羨ましく感じ

「あの子みたいになれたらいいなぁ~」なんて思う事もある。


好きな人にだって、

「怒ったり、泣いたり感情激しすぎ!女の涙は通用しないんだよ!」

「ワガママな奴だなぁ~」

って言われ、

「あ~私ってホント駄目な人間だなぁ」

って とことん落ち込んだ事もあれば


「表情豊かで飽きないね、一緒にいて楽しいよ」

「思ってる事いってくれた方がいいよ!」

って言ってくれる人もいる。


付き合う相手によって、自分の長所が短所になったり、短所が長所になったり。


だけど、誰と付き合っても「私」が変わった訳じゃないのだ。

「私」はずっと前から「私」であって、これからも「私」でいる。


ただ「私」を見る人が 「私」“好き”と思うか“嫌い”

と思うかは、相手次第。


相手によって 自分を見失わないで!!

ありのままの「私」を好んでくれる人きっといるはずだよ


 昔、彼氏が出来ると素直になれない自分がいた。

休日、彼氏と会う約束をしていて予定を入れずに空けていたのに

彼氏から「ゴメン、友達と会う事になっちゃた!」

って言われても

「そっかぁ~分かった」

って怒らず答えていたのだ。

内心は「ふざけんな!!」っていう気持ちでいっぱいだった。

 

「私は彼に振りまわされる女じゃないし」

そう思っていたかったのだ。

きっと、彼に“弱み”を見せたくなかったのだ。

 

強がり。

意地っ張り。

負けず嫌い。

頑固。

それを『プライドが高い』っていうけど、

「プライド」って「コンプレックス」の裏返しだと思う。

私が変なプライドを捨てられなかったのは、きっと 自分に自信がなかったから・・。

彼に、「私のほうがあなたの事を好きなのよ!」って

悟られたくなかったのだ。

 

「プライド」という名の「コンプレックスの塊」を脱ぎ捨てていれば もっと良い関係が保てたかもしれない。

その高い壁を乗り越えた先には、きっと素直な自分に出会えるだろう。

ふる辛さ・ふられる辛さ

 

どっちが辛いのだろう?

そりゃ、ふられる方だよね。。。

ふる」ほうは、準備期間があるけど、「ふられる」ほうは、いきなり衝突事故に遭うのと同じだろう。

 

私は、両方 経験した事があるけど、どちらも辛かった。

 

ふられる」時も、なんとなく予感はあった。

だけど、言われるのが恐かった。

カレから

「話があるんだけど・・・」と言われた時には

聞きたくない~!予感、的中しないで~!

とビクビクしたものだ。

 

ふる」立場になった時は、カレの悲しそうな表情が たまらなく苦しかった。

だけど、いくら優しい言葉を言っても「ふられる」っていう辛さは変わりないのだ。

「人としては好きなんだけど・・・」とか

「これからは友達でいたい」

なんて、優しそうな言葉に思えるけど とても残酷な言葉だ。

 

いっそうの事、きれいサッパリ縁が切れた方が ずっとスッキリすると思う。

 

人と付き合えば増えれば増えるほど、“ふる・ふられる”経験が増えていって辛くなる。

 

いっそうの事

「もう彼氏なんていらない」なんて思った時もあり、一人でいた期間もあった。


もう、どっちも経験したくないな。