味方になるよ!

テーマ:

好きな人には 味方になって欲しい。


たとえば、結婚して 『嫁・姑 問題』 とかなった時

カレには 私の味方になってほしい。


この場合


◆私の見方になってくれる人

◆正しい側の意見に同意する人

◆自分の親側につく人


が いるような気がする。


* * * * * * * * * * * * *


私の職場の院長先生は 必ず奥様の肩を持つ。


新しい、自分の家庭を作ったから、親には文句言わせない。

妻の事を守る。

私は、院長先生の そういうところは カッコ良く思える。


        

私も、何があっても 味方になってほしいな。


一緒だよ

AD

今、思ったこと。

テーマ:

最近、情緒不安定な「私」がいる。


一人で部屋にいて、涙が出るときがある。


現場研修に行っているカレは 遅くまで仕事をしていて

終わったら、会社の先輩たちと 零時近くまで飲んできている。


そのせいで、電話も出来ないし、今まで多かったメールも

全然来なくなって。。。


仕事だから、仕方ないんだし、私だって社会人6年目となれば

会社の付き合いだって 十分 分かってる。


だけど、寂しいのだ。


そんな事で、私のワガガマも言えないし 、

そんな弱い自分を カレにぶつけたくないのだ。


だって、みのちゃんだって一人で寂しいはず。


MRという職業は 今の仕事に就いてから4年ぐらい見てきた。

仕事も覚える事が たくさんあり 毎日勉強だし、

Dr.や薬剤師との付き合いも もっと大変だと思う。


『MRの嫁になるには 覚悟がいる』 言われた事があった。

みのちゃんと一緒に住んでも、毎日のように帰りが遅くて

寂しい思いするのかなぁ~って ふと 思った。


裏をかえせば、自由な時間があって それはそれでいいのかもしれないけど。



みのちゃんの声が聞きたい。



*いつもコメントをくれる方たちへ

この日記は私の独り言だと思ってください。





AD

憧れ

テーマ:

今朝、朝の連続ドラマ『ファイト 』を見て思った。



主人公(優)の母親(亜沙子)が旦那さん以外に

「いいなぁ~」っていう人がいて、この事で旦那さんとちょっともめた内容でした。


亜沙子は

「結婚してから、ずっと自分の事よりも家庭を優先してきた。

たまに話して『あ、いいなぁ~』って思える人がいて何が悪いの!」

と言っていた。



私は、妙に亜沙子の気持ちが分かってしまった。


誰だって、彼氏(彼女)以外にも、

「この人いいなぁ~なんか憧れる」

っていう人がいるんじゃないかなぁ~って思います。


私も、憧れている人がいます。


その人に会えると、「どきっ」ってする事もあれば、

「素敵だなl~」って思ったり、


アイドルみたいな感じですかね。。。


たまに、そういう初初しい気持ちを持つぐらい

バチ当たらないんじゃないかなぁって、思ってしまった朝でした。



自分が好きでたまらない。

そんな人が世の中にいるのだろうか?


私は、エッセイをよく見るのだが、

「自分のことを好きになりましょう」

という言葉を よく見かける。


それが、簡単にできたらどんなにいいか。


人間、誰だって自分のことが嫌な事が多いと思う。

正確に言えば、「こういう自分いいな」という所は少しで

「こういう自分キライ!!」と思うことの方がたくさんありそうな。。。


自分のない部分を他人が持っていると とても羨ましく感じ

「あの子みたいになれたらいいなぁ~」なんて思う事もある。


好きな人にだって、

「怒ったり、泣いたり感情激しすぎ!女の涙は通用しないんだよ!」

「ワガママな奴だなぁ~」

って言われ、

「あ~私ってホント駄目な人間だなぁ」

って とことん落ち込んだ事もあれば


「表情豊かで飽きないね、一緒にいて楽しいよ」

「思ってる事いってくれた方がいいよ!」

って言ってくれる人もいる。


付き合う相手によって、自分の長所が短所になったり、短所が長所になったり。


だけど、誰と付き合っても「私」が変わった訳じゃないのだ。

「私」はずっと前から「私」であって、これからも「私」でいる。


ただ「私」を見る人が 「私」“好き”と思うか“嫌い”

と思うかは、相手次第。


相手によって 自分を見失わないで!!

ありのままの「私」を好んでくれる人きっといるはずだよ

サラダ記念日♪

テーマ:

アメブロさん、、むちゃくちゃ重いです(涙)

夜は特に開けない・・・(涙 涙)


明日は七夕ですね♪♪


その前に 今日は・・・“サラダ記念日”

と、聞いて分かりる方いらっしゃいますか??


俵万智さんの歌です♪

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日


私は、俵万智さんの歌集が結構 好き。

『サラダ記念日』はもちろん『チョコレート革命』も持っています。


歌人のイメージが強いかと思いますが、小説もなかなか良いんですよ☆


『トリアングル』っていう小説が 昨年 出版されました。

これは「不倫」を主とした内容なのですが、ドロドロはしていません。

決して、「不倫」を薦める訳でもありませんが、

読んでみる価値はあると思います!

プロフィール♪

テーマ:

たまに、ちょこちょこ変更している欄です。

見ていらっしゃる方はどのくらいいるでしょうか!?

身長・体重・握力 (笑)

職場で遊びで計ってみたら、前と変わっていたので

また変更してみました。。。

彼女の心理

テーマ:

友達の中で「二股」をかけている人がいる。

相手は、元カレと今カレ


元カレの方は、今カレの存在を知っているが、彼女の事が好きで待っているようなのだ。

今カレの方は、何も知らずに付き合っているそうだ。


元カレは、彼女の事もよく解っているし、性格も合う、一緒にいてて楽しいし経済面でも安定した収入がある。ただし、顔はイマイチ。


今カレは、顔はハンサムだけど、性格が全く合わない、つまらない。

経済面でも収入が元カレの半分程度。


彼女は揺れているのだ。


彼氏として、一緒に連れて歩くには今カレ。

結婚して、生活していくには元カレ。


私は元カレに戻った方がいいと思うのだ。

顔なんて、見てれば見慣れるし飽きるはず。

性格の一致・不一致の方が 大事だと思う。

元カレは彼女の事を今でも大切にしてるし経済面でも安心できるはず。


彼女はどうするだろうか。


 昔、彼氏が出来ると素直になれない自分がいた。

休日、彼氏と会う約束をしていて予定を入れずに空けていたのに

彼氏から「ゴメン、友達と会う事になっちゃた!」

って言われても

「そっかぁ~分かった」

って怒らず答えていたのだ。

内心は「ふざけんな!!」っていう気持ちでいっぱいだった。

 

「私は彼に振りまわされる女じゃないし」

そう思っていたかったのだ。

きっと、彼に“弱み”を見せたくなかったのだ。

 

強がり。

意地っ張り。

負けず嫌い。

頑固。

それを『プライドが高い』っていうけど、

「プライド」って「コンプレックス」の裏返しだと思う。

私が変なプライドを捨てられなかったのは、きっと 自分に自信がなかったから・・。

彼に、「私のほうがあなたの事を好きなのよ!」って

悟られたくなかったのだ。

 

「プライド」という名の「コンプレックスの塊」を脱ぎ捨てていれば もっと良い関係が保てたかもしれない。

その高い壁を乗り越えた先には、きっと素直な自分に出会えるだろう。