きまぐれうさぎ

その名にちなんで、きまぐれです。一応は読んだ本の紹介を毎回書いていきたいのですが、なにせきまぐれなので、映画や音楽などの紹介になるかもしれません。


テーマ:

小市民を目指す小鳩君と小佐内さん。二人の高校生活もいよいよ夏に突入する。

スイーツと日常の謎解きの日々は相変わらずかと思いきや…。

 

 

「春期限定いちごタルト事件」の続編です。

前作同様、小鳩君と小佐内さんがたわいない日常の謎解きに挑むかと思いきや

本作はちょっとテイストが変わっていました。

 

それというもの今回は

小佐内さんの過去と本性を中心に語られているからです。

なので、前作のような一話ですっきり完結する物語は

前半に少しあるだけで、

あとはある大きな事件に向かっての展開のためか

一話だけではすっきりしないお話が続きます。

 

前作のような一話で完結する短編を期待していた人には

少々期待はずれかもしれません。

ただ、物語の登場人物達が好きで読んでいた人には

小佐内さん過去と本性について深く語られていた本作は

満足出来る作品になっていたと思います。

 

以下少々ネタばれがあります。注意!!


 

 

 

 

 

 

 

 

さて前作で小佐内さんのちぐはぐさを感じる性格が

理解しづらいと思っていた私は

今作を読んで小佐内さんの性格に納得できたのかといえば

納得以前に強く感じたことがあります。

それは

小佐内さんってめっちゃ極悪じゃないか!!!

ということです。

 

そこらへんのちょっとした悪い人など可愛いと思えるくらいに

小佐内さんが怖すぎると思いました。

 

小佐内さんが正義感からあの計画を実行したならまだ理解できたかもしれませんが、

おそらく楽しくて快感だからやっていたんですよね。

 

そんな人実際にいたらいたら極力近づきたくない人物ですよ。

 

なので物語のヒロイン的な登場人物が

まったく共感出来ない人物と判明したまま終わった今作は

前作ほど読後感が良かったとは言い難いです。

 

ただ、まだ続編があるので

その後二人にどういう展開が待っているのか

読むのが楽しみではあります。

 

スリリングさが加わり、前作よりもビターさが増した本作。

前作で登場人物達に魅力を感じた方や

ラストでのどんでん返しが好きな方等におすすめです。

 


テーマ:

主人公の小鳩常悟朗は高校一年生。同級生でもある小佐内さんとは
目立たず慎ましい小市民を目指す互恵関係にある。
なのに、二人は日常に起こる謎解きに巻き込まれて…。


 
毎回スイーツが登場する連作ミステリー。
殺人事件や大犯罪が起こるわけでもなく
日常のちょっとした謎に焦点を当てた軽いテイストのミステリーです。
毎回登場するスイーツも美味しそうで読んでいて食欲を刺激されます。
こてこてのミステリーは苦手という人や
甘い物が好きな人に
おすすめ出来る作品だと思いました。
 
ただ日常の謎とスイーツというと
軽くて甘めなイメージを抱きがちですが
割とビターな味わいをもつ結末の作品もちらほらありました。
スイーツはスイーツでもふわふわのスポンジに甘いクリームというよりは
ほろ苦いチョコレートやコーヒーなどのイメージの方が近い気がしました。
 
 
全体的にミステリーとしての完成度は高く
概ね満足できる作品なのですが
ちょっと気になったのは、小佐内さんの人物像が
イメージしづらいということでしょうか。
 
小市民として生きるカモフラージュとはいえ
身長も声も小さいスイーツを愛する女の子が
誰かに何かされたら
とことん復讐しないと気が済まない性格になる…
みたいな設定がいまいち上手く頭で思い描けなかったからです。
多分、彼女の過去に何かあったらしいので
そこが明かされれば小佐内さんの性格にも納得できるのかもしれませんが。
 
様々なスイーツが登場する良質なミステリー連作です。
ちょっと空いた時間に気楽に読んでみるのにおすすめの作品です。



テーマ:

北海道のとある町にある「ともしびマーケット」という店を軸に
物語が綴られていく連作短編集。
 
 
9つの短編が収められた連作短編集です。
この作品は地方の都市に住まう人々の日々の何気ない出来事が綴られているので、
手に汗握る展開や大どんでん返しがあるわけでもありません。
ですがそのぶん、気軽に淡々と読み進めることの出来る作品ともいえます。


読後感が悪かった作品はほとんどないので
寝る前やちょっとした空き時間に
さっと読んだりするのに向いているのではないでしょうか。
連作短編なので、ある作品の主人公が別の作品では脇役で登場していたりと
作品同士の繋がりを探すのも楽しかったです。
 
ただ、数編の作品の終わり方が少し気になりました。
それらの作品のラストが読者にとって少々不親切というか
閉じているように感じられたからです。
説明不足だったり
中途半端な感じで終わっていたような気がしました。
 
あまり多くを説明し過ぎない方が
文学として高く評価されることが多いジャンルの文学もありますが(芥川賞ノミネート作品等)
小説をたくさん読んでいたり
文学について勉強した人になら
それでもいいような気がします。


ですが本が売れない昨今
もっと分かりやすさと
きっちりとしたラストですっきり終わらせることも必要な気がします。
そうすることであまり本を読まない人にも
作品に親しみやすさを与えることが出来るからです。
 
ですがまあ、この作品は
あまり深く考えずとも気軽に読んでも
それなりに楽しめる作品なので
気負わずに読んでみることをおすすめします。


テーマ:

26歳OLの主人公は、小学校時代からずっと一人の同級生を想い続けていた。

 

 

最年少19歳で芥川賞を受賞した作者の四番目の作品です。

今作は前作の「夢を与える」とは

雰囲気や文体も大きく違って

コミカルで軽やかな印象の作品になっていました。

どちらかというとデビュー作「インストール」や

芥川賞受賞作「蹴りたい背中」の

文体に近い感じがしました。

 

難しい言葉を用いずに

まるで蛇口から水がすいすい出続けるような

淀みなく流れる文章は相変わらず見事なので

冒頭から作品の世界に引き込まれました。

作品自体は短めなので

その勢いのままあっという間に

読み終えてしまうかと思います。

 

さて読み終わって感想ですが

この作品は恋愛がテーマなのですが

私には恋愛だけでなく

主人公の成長の物語でもあるなと感じられました。

 

主人公は社会人という設定なのですが

周囲から孤立気味でも

独特の世界と考えを貫いているので

高校生が主人公の作者の作品

「蹴りたい背中」の主人公を思い起こさせます。

高校生だった「蹴りたい背中」の主人公が大人になって

OLをやっていたらこんな感じなのではないでしょうか。

 

ただ「蹴りたい背中」と違うのは、

後半で主人公が大きく成長するところだと思います。

 

相手に自分のむき出しの気持ちをぶつけることで

多少自分勝手ながらも

主人公は後半で新しい考えと世界に

辿り着くことが出来るからです。

 

自分の世界に閉じこもっている主人公を

こんなに短い作品でしかも難しい言葉を用いずに

ラストまでに大きく成長させたのは

見事だなと思いました。

 

 

欲を言えば、話がちょっと短かったので

主人公を変えて別の視点からの物語も読んでみたかったです。

個人的には主人公の同期で友達でもある来瑠美の

視点から語られる物語も面白そうです。

 

恋愛物としても主人公の成長物語としても読める

素晴らしい作品でした。

短めであっさりと読めてしまうので

あまり読書しない人や

綿谷りさ初心者にも

おすすめ出来る作品です。

 

 


テーマ:

友達のいない読書好きな主人公が、快活で人気者のクラスメイト山内桜良の秘密を知ることになる。

やがて穏やかな日常を送っていた主人公は桜良に振り回されるようになり…。

 

 

少し前から印象的なタイトルに

泣ける内容と話題になっていたこの作品。

最近になって映画化や漫画化され

そして本屋では大量に平積みにされている。

これが面白くないわけがない、と思い

購入しさっそく読んでみました。

 

まず読んでみてとても強く感じたこととして

こんなに読み進めるという行為が辛く感じる作品もなかなか無いな

ということでした。

 

恐らく原因は

私が文章や主人公達の会話に全く共感が出来なかったことだろうと思います。

 

それと言うのもこの作品は

主人公である男子高校生の視点で語られています。

 

その主人公からは

自分はなんてウィットに富んでいるんだろう!というような

自己陶酔がひしひしと伝わってくるのですが

私はそのウィットに全くユーモアを感じませんでした。

 

主人公に共感出来ないまま読み進めていくと

そのウィットに富んだ台詞を巻き込んで、

延々と続けられる登場人物たちの会話がとても多くて長い。

 

なんだか終始内輪だけで盛り上がって楽しんでいる素人の動画を

長時間延々と見せられている気がして

読んでいる間、苦痛で仕方なかったです。

 

 ただこれは私個人の相性の問題なのかもしれないので

主人公のウィット感に合う人ならば

終始面白く読み進められるかもしれません。

 

 

さて、ではストーリーです。

例えば中高生が主人公の泣ける純愛恋愛物語を考えてもらうとします。

すると真っ先に思い浮かぶストーリーは、

好きな人や親しい人が病気で余命いくばくもないという話を考えると思います。

で、この作品もほぼそんなストーリーです。

だいたい誰でも考え付くストーリーそのまんまです。

 

まあ良く言えば

王道の物語と言えない事もないですが。

 

 

そして、そんな王道をゆくこの作品

大きい所から小さい所まで突っ込みどころも満載です。

全部書いたら書ききれないので

一番気になったところだけ上げるとするなら

作中の病気の描写です。

 

余命いくばくもない病気を患ってるにもかかわらず

なぜか病気で苦しんでいる描写が全くないこと。

そしてグルメ小説と勘違いしてしまいそうなくらい

主人公達がしょっちゅう何かしら食べている印象があるということ。

 

これヒロインが余命の少ない病気で苦しんでいる話ですよね…?

そして膵臓を患っているんですよね…?

詳しい病名が書かれていないのでなんともいえないのですが

膵臓の病気の人が健康な人以上に飲み食いしても

現代の医学の進歩とやらで果たして本当に平気なのか

とても疑問に感じてしまいました。

 

 

では突っ込みどころが満載で読むのが苦痛でも

なぜ投げ出さずに最後まで読み切ったのかというと

帯にあった「読後、きっとこのタイトルに涙する」「予想外の展開」という言葉のためでした。

 

今はこんなに読むことが苦痛でも

きっと乾くるみの「イニシエーションラブ」

歌野晶午の「葉桜の季節に君を想うということ」みたいに

最後に予想外の大どんでん返しがあるに違いない。

そう信じてうんざりしながらも根性で最後まで読み切りました。

 

ですが結果

ちょっとだけ予想外の展開はありましたが

大幅に予想を裏切られることもなく終わりました。

 

 

以上、この作品に全く良いところなしな感想を持ってしまった私ですが

世間ではなぜこんなにも話題になっているのかとても不思議です。

 

まあ単純な理由としては

この作品は合う合わないがきっぱりと分かれる

作品なのではないかということです。

 

そういえば前にもこんな作品あった気がします。

片山恭一の「世界の中心で愛を叫ぶ」です。

あれも随分話題になったにも関わらず評価の二分する作品でした。

残念ながら私は「世界の中心で愛を叫ぶも」楽しめなかったので、

もしかしたらそれを楽しめたかどうかで

この作品との相性が決まったりするのかもしれないです。

 

 

あと確実に言えるのは

この作品は最初の数ページの印象がほぼ全てを決めているということでしょうか。

なので最初の方で面白いと感じればそれは多分

終わりまで楽しく読める素晴らしい作品になるのかもしれませんが

逆につまらない、苦痛と感じるのであれば

読むのが苦行の作品になることだろうと思います。

 

 

私が読む前にハードルを上げ過ぎたせいなのか

小説というジャンルで出会ったから良くなかったのか

なんだかとても残念な印象の残る作品でした。

 

もしかしたら期待せずに映画か漫画の映像ありでさくさくと観た方が

この作品はストレスなく楽しめたかもしれないと思いました。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。