絶対に傷つかない心

テーマ:

あるところに、

お釈迦様が多くの人たちから
尊敬される姿を見て、

ひがんでいる男がいました。


「どうして、あんな男が
みんなの尊敬を集めるのだ。

いまいましい」


男はそう言いながら、

お釈迦様をギャフンと言わせる
ための作戦を練っていました。


ある日、その男は、
お釈迦様が毎日、同じ道のりを
散歩に出かけていることを知りました。


そこで、男は
散歩のルートで待ち伏せして、
群集の中で口汚くお釈迦さまを
ののしってやることにしました。


「お釈迦の野郎、きっと、
おれに悪口を言われたら、
汚い言葉で言い返してくるだろう。

その様子を人々が見たら、
あいつの人気なんて、
アッという間に崩れるに違いない」


そして、その日が来ました。


男は、
お釈迦さまの前に立ちはだかって、
ひどい言葉を投げかけます。


お釈迦さまは、ただ黙って、
その男の言葉を聞いておられました。


一言も言い返すことなく、
黙ってその男の悪態を聞いていました。


男は、一方的に
お釈迦さまの悪口を言い続けて疲れたのか、
しばらく後、
その場にへたりこんでしまいました。


どんな悪口を言っても、
お釈迦さまは一言も言い返さないので、
なんだか虚しくなってしまったのです。


その様子を見て、お釈迦さまは
静かにその男にたずねました。


「もし他人に贈り物をしようとして、
その相手が受け取らなかった時、
その贈り物は一体誰のものだろうか」


こう聞かれた男は、
突っぱねるように言いました。


「そりゃ、言うまでもない。

相手が受け取らなかったら
贈ろうとした者のものだろう。

わかりきったことを聞くな」


男はそう答えてからすぐに、

「あっ」

と気づきました。


お釈迦さまは
静かにこう続けられました。


「そうだよ。

今、あなたは私のことを
ひどくののしった。

でも、私はその ののしりを
少しも受け取らなかった。

だから、あなたが言ったことは
すべて、あなたが受け取ることに
なるんだよ」



人の口は
恐ろしく無責任なものです。


ウワサとか陰口というものは、
事実と違って、

ずいぶんとでたらめなことが
よくあります。


自分を非難されるようなことを言われたら、
たいていの人が、ダメージを受けます。


でも、お釈迦さまは、違いました。


人前で恥をかかされることを言われても、
ちっとも動じません。

まったく
傷ついたり怒ったりしないのです。


お釈迦さまは、
相手の言葉を耳に入れても、

心までは入れず、
鏡のように跳ね返しました。


ですから、
まったくダメージを受けないのです。


ひどいことを言う相手を責めても、
仕方ありません。


それより、
自分の心を強くする方が、
簡単で効果的です。

(「変わりたいあなたへの33のものがたり」より抜粋)


善人で、心が優しい人ほど、誰かに何かで嫉妬されるリスクが高まります。


我欲にまみれた人というのは、だいたいが力強くて、

心のどこかにトゲが刺さっていて、なにか不安を抱えています。

そういう人は、本能的に、自分にない優しい心の持ち主に嫉妬します。

そして相手にナイフのような言葉を投げかけ、相手が反応すると、

さらに攻撃してたたきのめし、一時の自分の満足を得たくなります。


心の優しいあなたは、ただ優しいだけでは駄目なのです。

森信三先生は「弱さとは一種の悪である」と教えられました。

お釈迦様のように、

ナイフのような冷たい悪意に満ちた言葉を、絶対に自分の心のなかに入れない、

不動の強い心を持ちたいものです。

そのためにはどうすればよいのか?

人類の歴史のなかで、昔から多くの人が悩み探求し実践してきたので、

探せば、自分なりの方法が必ず見つかるはずです。


少なくとも言えることは、

自分が可愛い、周りからよく見られたいと思っている人の心は弱く、

自分のなかに信念を持っている人の心は強く、

自分のなかに夢や目標を持っている人の心は強いということです。

周りに依存する心は弱く、周りに役立ちたいという心は強いということです。

誰かと比較したり不安に満ちた心は弱く、希望と感謝に満ちた心は強いということです。


あとは、お釈迦様がやられたように、

自分と違う波動レベルの世界からやってくるマイナスの力には、

相手が目の前にいて、言葉が耳に聞こえても、それは何も存在しないがごとく

「心で一切反応しない」ということが最も重要と思います。

自分の心が反応するから、結果、マイナスの力が自分の心に入ってくるのです。

実際、自分の心を傷つけているのは、相手ではなく、相手に反応する自分の心なのです。

お釈迦様のように「何も受け取らなければ」傷つくことはあり得ません。


ちょっと理解しにくいかもしれませんが、

自分の心が喜びと平安を感じる人とのご縁を大切にしながら、

マイナスの力の存在は放っておく(できるだけ反応しない)ということだと思います。

AD

幸せになる呪文

テーマ:
『うれしき・たのしき・ありがたき』っていう言葉があるんです。

これを、三つの『き』で『おみき』っていうんです。

神様に「おみき」を与える『うれしき・たのしき・ありがたき』
嬉しいなあ、楽しいなあ、ありがたいなあ、ありがとうっていうことだよね。

平坦にいうと、ありがたきっていうのは、ありがとうっていう意味なんです。

今起きてることに、いい事が起きたとき、「あぁ、ありがたいな、嬉しいなぁ」っていうと、もっといい事が起きる。

で、悪いことが起きたとしても、『うれしき・たのしき・ありがたき』っていう呪文と同じですから、
それを唱えてると『災い転じて福となす』


ところが、今、いい事が起きてようが、普通に起きてようが、不平不満ばっかし言ってて、ありがとうも言わない人がいるんです。

そうすると、いい事が悪いことになる。
悪いことが起きると、さらに悪く言うんです。

そうすると、悪いことが、大悪になっちゃうんです。
災いが、大災いになる。


人は、感謝の念を持って、『ありがたいね』とか『うれしいね』とか、こういう言葉をどんどんどんどん発すればいいんです。

これは「呪文」なんです。心が、伴わなくてもいいんです。


『はじめに言葉ありき』
神事をやっている人というのは、『はじめに言葉ありき』だって事を知ってるんです。


神事とは「呪文」をいうことから始まるんです。
キリストも釈迦もみな言ってることは、『はじめに言葉ありき』


嬉しいなと思いなさいじゃないんです。
思わなくてもいいから、口に出すんです。


そうすると、だんだん、思ってくるんです。
心を伴うんじゃないんです。


心から入りなさいじゃ道徳なんです。
神事とは、まず言葉から先なんです。

わかります?

(斎藤一人「はじめに言葉ありき」より)


日頃から、心が伴わなくてもいいから、とにかく、

「うれしいなあ、たのしいなあ、ありがたいなあ」、
と呪文を唱えるように心がけなさいと言っておられます。

そうすれば、だんだん心も伴ってくる。

これは神様に捧げる「おみき」と同じであって、
本当は嬉しいと思ってなくても、とにかく口にすること。

祝詞や経典や呪文と同じようなものなんですね。

家に神棚がなくたって、
毎日何度もこの「おみき」を神様に捧げることが大切だということです。


実は斎藤さんのお話には、まだ続きがあります。

・・・人間っていうのは『悩み即菩提』っていうの。

悩めば、なんとかしようと思うんです。行動を変えるんです。

でも、行動を何も変えないで、助けてくださいっていっても助からないんです。

だから、まず言葉から変えな。

それでも変わりたくない人がいたら、それは縁のない人なんだよ。

その人はまだ他に修行があるということ・・・


私的には、「おみき」は簡単な呪文なので、実践する価値があるように思います。

というか、私は「おみき」は今日初めて知りましたが、今まで同じようなことは実践してきてました。

そして今は、確かにこの呪文の効果は絶大だと信じています。
AD

心を明るく大きく

テーマ:
生きているからには

くよくよした
泣きごとなんか言わず

春の鳥のように
空に向かって
明るい歌をうたおうではないか


生きているからには

できるだけ世のため人のため
体を使い

あの世に行った時
後悔しないように
発奮努力しようではないか
 
(「坂村真民一日一言」(致知出版)より)

せっかく生きているのだから

過去をくよくよ思ったり、未来を不安に思ったりせずに
今日一日を、全力で努力しようではないですか

そして、心を狭くする、自分、自分はもうやめて

仕事でも、家事でも、道端のごみひろいでも
音楽で人を癒すことでも

誰かのため、世のなかのために
何か行動できるようになりたいものです

それが必ずや自分の心を明るく大きくしてくれます

悔いなき幸せな人生を送るために
一番大切なことだと思います
AD

我執との闘い

テーマ:
自分が常に持っているもの、

放し難いものは自己である。

自我である。利己心である。我執である。

己の都合、己の立場、己の利益。

自己に囚われる。なかなか自己を放し難い。

我執に囚われると心はせまい。相手の気持ちがのみ込めない。

この己の囚われを放せば軽くなる。

心が広くなる。相手の言わんとすることがのみ込める。

(「常岡一郎一日一言」(致知出版)より)


結局、多くの人は、利己心や我執で心をせまくしてしまって、

自分で自分を苦しめているということです。

我執を取り去ると、そこに空間のようなものができます。

そこに天地からの新しい活力、エネルギーが入ってくるのです。

「覚悟を決める」「開き直る」・・すると何故か大きな力が出ることがあります。

これも、一種の「我執を解き放つ」手段と言えるように思います。

人生とは「我執との闘い」と言えるかもしれませんね。

人生の荒波を味わう

テーマ:
音波、電波、波動・・・

すべて拡がるものの道は波型である。

人の一生も波に似ている。

波は起伏が本来の姿である。

起伏を嫌ってはならない。

もり上がるもよし、

底に下がるのもよし、

何もかも有り難い勉強である。

(常岡一郎一日一言(致知出版)より)


人生にはうまくいくときも、うまくいかないときも、

色々あるのがあたりまえです。

うまくいっているときに、感謝を忘れ慢心している人は、

いつか大きな下り坂に入っていきます。

逆にとてもつらい時期にこそ、周りを広く見渡す勇気さえあれば、

それまで自分の欲や怒りや怖れに執着して気付けなかった、

自分に足りなかったものに気付けたり、

自分を生かしてくれているものに気付く勉強のチャンスです。

すべては波があるからこそ、ご縁ができてくるとも言えるでしょう。

人生を味わい深くしてくれる、大波、小波に感謝して、

十分に味わっていきたいものですね。

本当の自分の正体を知る

テーマ:

目に見えない一つの氣体、

ぜんぜん感覚できないけれども、

とにかく現在の自分を生かしてくれている

この「氣」こそが自分なんだ。

これが信念化されちまうと、

生きる力が強くなるんだよ。

(中村天風「心が強くなる言葉」より)


本当の「自分」の正体とは、

自分の肉体ではなく、自分の心でもなく、

自分を生かしてくれている「氣」が自分自身だと、

教えておられます。


そして、この身体を自分だと思ってはいけない、

この身体は、本当の自分(氣)が着ている「生命の着物」なんだ、

そのように理解しなさい、とも言っておられます。

どうしても、着物が(身体)が自分自身だと勘違いしやすいですね。


細胞でできた生命の着物(身体)は、時々、病気という、ほころびが出てくることがあります。

ほころびが出てきた着物を治すためには、まず本当の自分(氣)がしっかりしないと、

治せるものもなおせません。

そして、自分(氣)と生命の着物(身体)の間にある「心」を使って、

生命の着物に出てきたほころびを、少しづつ治していけばよいのです。

しかし、この「心」がやっかいなもので、着物の素材である細胞たちにとって、

薬にも毒にもなってしまいます。

細胞にとって「感謝」は薬に、「怒りや怖れ」は毒になります。

これが何故だか私にはわかりませんが、古来から多くの人による経験則です。


なので、本当の自分(氣)を大切にして、天地自然の氣を感じ、交流させるように心がけ、

そして自分を包んでくれている細胞たちには、いつも感謝の薬をあげるようにすれば、

健康で幸せな人生を送ることができる、ということではないでしょうか。

陰陽の理、顕幽転換の理

テーマ:

中国の儒学者の朱子という人が、

「天地の間、陰陽にあらざるはなし。
一動一静、一語一黙、皆これ陰陽の理なり」
と言われたそうです。

昔、一度とりあげたテーマですが、
天地万物の生長発展の根源には「陰陽の理」があるということです。

自然界のすべての現象には全て陰(マイナス)と陽(プラス)の両面が存在し、しかも陰陽の運動変化により天地万物の生成発展が起こっていくということです。

「陰陽」というと、なんだか占いに出てきそうですが、あまり普段の生活のなかで陰陽を意識したり、実感している人はかなり少ないかもしれません。でも、我々の生活自体も「天地の間」にあるわけですから、陰陽の理に支配されていると言えるでしょう。

例えば、「自分はもっとプラスの人生を送りたい、プラス志向になりたい」と思っている人は、
ほぼ全員、非常にマイナスの状態で、精神的にもどん底の状態を経験しています。

また、病気になってはじめて、健康のありがたさを実感し、家族のありがたさを知ることになります。
観方によっては、そういうマイナスの状況がプラスの力を生み出しているとも言えるでしょう。

さらに、もっと深く観ていくと、陰と陽とが表裏一体になっていることもあります。

人は起きていると寝たいと思い、寝ていれば起きたいと思い、働いていると休みたい、仕事がないと働きたい、暑いと寒いのを恋しがり、寒くなれば暑いのを恋しがる。

深い愛情の裏にも、憎しみの種が隠れていることがあります。
男女の恋愛関係をみていると、それがみえることがあります。

逆に深い憎しみの裏にも、深い愛情が隠れていることがあります。
親子関係で悩んでいる人は、目にみえない複雑な感情がからんでいます。

成功の頂点にいるときこそ、一番の転落のリスクのなかにあります。
苦難のなかにいるときこそ、大きな成功の種に巡り会います。

目に見えるもの(顕)の裏には、目に見えない世界(幽)が同時にあることを
「顕幽一体」といいます。

そして、今は目に見えない世界でも、いずれ目に見えてきます。

ですから、何か現実に嫌なことが起こっていても、それに囚われてはいけません。

どんなに苦しくても、心に希望を持っていれば、現実の裏にある目に見えない世界が変わりはじめ、
そして、いずれ目に見える世界も変わっていきます。

これを「顕幽転換の理」と言います。

だから、どんなときにも、心の中はいつもプラスにしていることが重要なのですよ。

天の声を感じる

テーマ:

古来、発明といい、発見という。

それはちょっとしたことを見出して

「天の暗示」をつかんだことから始まっている。

かと思うと、最も大切なことをウッカリ忘れて

大きな禍いを招くこともある。

われわれは心を明るくして、

生活環境のあらゆる事から「天の声」を聞きとらねばならぬ。

そこに人生の幸福がある。

(「常岡一郎一日一言」(致知出版)より)


私は「天の声」というのを聞いたことがありません・・・


でも、霊感が強く、木や石ともお話ができるという人から、

「木や石の声っていうけど「明瞭な言葉」というよりも「なにかを感じる」に近いものだ」

という話をお聞きしました・・・それなら私にもあります!!


この前、車を運転していて、前の道が分かれていて、

「そこは右にまがれ!」と言われたような気がして、右に曲がったら、

しばらくいくと行き止まりでした・・・


でも、仕事で右に行くべきか左に行くべきか本当に迷っているときに、

朝、目が覚めるか覚めないような時間に

「右にいくのが大切だよー」と誰かに言われたような気がして。

実際にそのように判断をすると結果的に正しかった、ということもあります。


たぶん、そういう声のようなものは、混線や雑音が入りやすいのだと思います。

自分の我欲のような心の汚れが邪魔したり、変な雑音を呼んだりするのでしょう。


なので、いつも少しでも自分の心の汚れを落とすように努力して、

心を深く、しーんと静めていると、だんだんに、

そういう天の声が聞こえてくる(感じるようになる)のではないでしょうか。

たぶん、朝のまどろみの状態は、自我がまだ起きていないので、感じやすいのでしょうね。


この新しい一年を、楽しく、幸せな一年とするためにも、

日常生活のなかで、天の声や天の暗示を、感じたり気付けるような自分となれるように、

心のアンテナの汚れをきれいにしていきたいなと思います。

天を仰いで深呼吸を

テーマ:

心が小さくなったときは

天を仰いで

大きく息をしよう

大宇宙の無限の力を

吸引摂取しよう

(「坂村真民一日一言」(致知出版)より)


心は大きくも小さくも、

柔らかくも固くも、

変幻自在に変えることができます。

でも、ほおっておくと自然に、小さく固くなりやすいものです。

小さく固まった心のままにしておくと、

人生辛いことばかりのような錯覚に苦しんでしまいがちです。

なので、たまには満点の星空を眺めて、大きく深呼吸してみてはどうでしょう。

ちっぽけで、固まってしまったあなたの心も、

無限の大宇宙を感じることによって、

大きく柔らかく、そして愛のエネルギーに満ちた心に変わることでしょう。

慌ただしい年末ですが、一瞬でもそんな時間がもてたらよいですね。

みなさん、良い新年をお迎えください。

自分の運命を創る力

テーマ:

自分の運命は「自分で創る」べきものです。

自分の人生に起こることを「運命だ」と受け身的に考える人も多いようですが、

そういう人は、逆境に流されやすく、不満をもちながらそのまま受け入れてしまう傾向があります。

しかし、運命を自分で創ろうとしている人には、

自分の理想とは真逆の「逆境」にも、毅然としてそれを乗り越える力が湧いてきます。


現実の人生においては「逆境」だらけですので、

誰もが、自分にそんな強い力が湧いてくればいいなあと思うでしょう。

実は、それは誰にでも、日常生活でのちょっとした努力から得られる力なのです。


こちらからあたまをさげる
こちらからあいさつをする

こちらから手を合わせる
こちらから詫びる
こちらから声をかける

すべてこちらからすれば
争いもなくなごやかにいく

仏さまへも
こちらから近づいてゆこう
どんなにか喜ばれることだろう

(「坂村真民一日一言」(致知出版)より)


日常生活のなかで、いつも「こちらから先に動くこと」

これを繰り返し、習慣とすることで、

自分の運命を創るような大きな力を得ることができます。


そう聞けば、簡単なことのようですが、

いつも受け身の人生の人にとっては、最初はとてつもなく大きな勇気が必要です。

そう、その勇気こそが、あなたの人生を変える大きな力を与えてくれるのです。


「おはよー」って人に言われて、なんとなく応えるのか、

自分から「おはよー」って声をかけるのか。

そこから自分の人生が変わっていくのです。


自分からあいさつする

自分から靴をそろえる

それができたら、自分から自分の人生の目標を持つ・・・ということもできるでしょう。